神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

環境を変えて、問題に気付く

2019年01月22日

先日、自己研修のため、都内某所へ出かけました。

何かを学ぼうとする時、
県内ではそうした講座が開かれる機会が少ないので、
都内へ出かけていくことがよくあるのですが、
その日はなぜか、いつもと少し違うことが起こりました。

JRの駅を出て歩き始めると、広い道路が続いており、
両側には、たくさんの巨大なビルが立ち並んでいます。

そのビルが、道に沿って並んでいるのではなく、
それぞれが違う角度や方向を向いているさまが、
不思議なことに、たいへん新鮮に映ったのです。

都内や繁華街に住む方にとっては、
ありふれた日常風景に違いありませんが、
セッションルームの周辺は、緑濃く、自然が豊かで、
大きな道路は県道くらいしかありません。

比較してみると、空間の広がりは、どちらも広大であるものの、
その空間にあるものたちが、
見慣れた風景とはだいぶかけ離れていたため、
建物の質感や色彩、発せられるエネルギーが、
厳寒の冷たい空気の中で清々しく、印象深く感じられました。

ちょうどその時間は比較的人通りが少なく、人の数や雰囲気よりもむしろ
場に占めるモノの存在感のほうに気を取られました。

こうしたいつもとは違う風景や光景は、
脳と心に大きな刺激を与えてくれます。

大げさに言うと、
今までにはない気分や発想、意識の状態に
シフトするきっかけとなることがあります

催眠療法の世界では著名な
天才セラピストであるミルトン・エリクソンは、
このような機会を上手く活用して、
クライアントに「宿題」を与えました。

たとえば、
「街でいちばん高い丘のてっぺんに上って
このことについて、もう一度考えてみて下さい…」のように。

心に重くのしかかる厄介な問題を、
意図的に日常とは異なる空間で思い起こしてみる時、
同じ問題であっても、違うニュアンスや意味が伝わってきたり、
別の視点・異なる角度からの情景が垣間見えたり、
重さや感触が微妙に変化したりすることがあります。

子どもの頃、ハイキングで訪れた山の頂上や、
きれいな浜辺で食べるお弁当が
途方もなく美味しく感じられたことを思い起こしてみましょう。

現実には、心配ごとやお悩みがあって、頭の中で堂々巡りしながらも、
いつもの家事やお仕事をこなさなければならないことかあります。

多くの方々が、育児や介護など、
ご家族のために忙しく動かなくてはならない状況におられると思います。

そうであっても、そんな時、ちょっと環境を変えてみたり、
いつもと違う行動を取ってみたりということが、
思った以上に役に立つことがあるのです。

セッションルームにお越しいただくことも、
その一つになり得ると言ってもよいかもしれません。

最近は、スカイプやZoomなどの遠隔セッションを
気軽にご利用いただけて、便利になりました。

が、あえていつもは乗らない電車に乗り、知らない駅で降りて歩き、
セッションルームにお越しいただく機会を作ってみるのも
良い効果がもたらされるきっかけとなっていくかもしれないのです。

昭和レトロなセッションルームは、
都市部の現代的なお住まいの方にとっては、
カルチャーショックのような新鮮な刺激となり、
林の樹々や畑、川、野原、雪を頂いた富士山もまた然り、
さらには人口密度の差や郊外の空気感に驚かれるかもしれません。

心のコリやとらわれ、閉塞感、あきらめ、怒り、
我慢などをそのままにしておいたり、
またはよくあることですが、
問題やお悩みを無かったことにしてしまったりするのは、
遅かれ早かれ、心身に何らかの問題を引き起こしかねません。

体の不調も、心の傷も、その存在に気付いてもらい、
認められ、癒されるのをじっと待ち続けています。

ほんの少し、時間を作り、ひととき立ち止まってみると、
その切実な声に気付いて驚かれるかもしれません。

その方が必要とする癒しを受け取り、
重荷をおろして身軽になられ、
人生が望む方向へと進んでいかれることを願っています。

お読みくださって有難うございました。


この記事にコメントする

生きるという決断から癒しが始まる

2016年05月11日

新緑が美しい季節、
薔薇の花をはじめ、色とりどりの花たちが、
あちらこちらで咲き匂い、楽しませてくれていますが、
心のコンディションはいかがでしょうか?

5月は少し不安定になりやすい時、
あまり無理をしないように心がけ、
ストレスを上手に解消していかれたらよいですね。

私は、クライアントの方のお話をお聴きしている時や、
メールを読ませていただいている時などに、
時々、一本の線が見えることがあります。

私のイメージでは、白い直線です。

昭和の時代に校庭によく引かれていた、
あの消えやすい線とは異なり、
こちらの白い線は、厳然として、揺るぎないものです。

多くの方々が、この白線の真上で、
どちら側にも降りられずに、ゆらゆらと揺れています。

白線自体に強制力や圧力などはありませんので、
どちら側にいるのも自由な私たち。

でも、どちらにもいかれないのです。

この線のこちら側は、生きる者の日常の世界。

白線をひとたび越えてしまったら、
もうこちら側に戻ってくることは出来ません。

深刻なお悩みや問題がある方には、
そうでない方々よりも、この線がはっきりと見えます。

普通に考えてみると、誰でも、辛い人生や苦しい人生は
嫌なものに決まっています。

だから、悩みが深い現状では、向こう側も視野に入り、
時にはそちらの方により心惹かれてしまうのです。

隣の芝生は青いと言われますが、
本当はどんな世界なのかわからないとしても、
こちら側に比べたら、幾分ましかも‥と感じられるでしょう。

白線上でグラグラと揺れている状態で、
セッションルームにお越しくださる場合があります。

そんな時は、お目にかかれて本当に良かったと思います。

けれども、セッションルームに行くか否かについても、
揺れながら迷いつづけて、
いつまでも足が向かないこともあるのです。

今、苦境に立たされておられる方に対して、
私がお勧めしたいのは、
とにかく無条件に、白線のこちら側に留まると、
いったん決意することです。

なぜならば、「生」の方向に意思を持つと持たないのとでは、
途方もなく大きな違いが生まれるからです。

今は、白線の向こう側のほうが魅惑的に映るかもしれませんが、
それは幻想だと思ってみましょう。

同じように、白線のこちら側は、真っ暗で冷たくて
息苦しい場所というのも、幻想です。

冷静に考えてみるならば、
幻想でないと確かに言えるのは、
「現時点では何とも言えない」ということだけです。

人生の道のその先に何が待っているのかは、
ゴールまでたどりついてみないとわからないからです。

生まれてきたからには、
全ての方は、生きていくためのリソースを既にお持ちですし、
生き抜いて果たすべき何かを必ずお持ちです。

その何かは、生きてみないことにはわかりません。

今、白線を越えてしまったら、一切がリセットされて、
最初からやり直しとなる…
そう考える方もありますが、いかがでしょうか?

これはたいへん重要なことですが、
癒しと解放、そしてポジティブな変容は、
生きると決めた瞬間から始まります。

それは、その方の自己治癒力と、潜在意識下の叡智とが
動き始める精妙なポイントです。

体調が良くなるならば、あるいはこの悩みが解決するのならば、
白線のこちら側でも生きていかれそうだ、生きていこう…と思うのは、
やめましょう。

それでは順序が逆なのです。

生きていくと決意するからこそ、体調が良くなる可能性がひらかれ、
悩みから解放される道筋がひらかれていくのです。

理由や理屈は不要です。

生まれてきたからには、とりあえず生きてみる…
…というのでも十分です。

足元に白線が見えるのならば、今すぐ、
とにかくこちら側に降りてきて下さい。

そこから始動する生命エネルギーの微かなうねりを
心身の内側に感じてみましょう。

ヒプノセラピーで心を癒す もっと自分らしく 望む未来を創る


この記事にコメントする

 



ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー