神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

話を聴いてもらうことで、心が癒される

2018年04月28日

昨日、NHKのドキュメンタリー番組で、
蒲田にある法律相談所と、
そこに訪れた人々が紹介されていました。

さまざまな問題を抱えた人々が、30分間、無料で、
専門の弁護士さんからアドバイスをいただくしくみのようです。

場所が法律相談所ですので、ご想像のとおり、
番組スタッフからの取材を拒否される方がほとんどでした。

まれにインタビューに応じられる方もあったのですが、
深刻な問題や厄介な出来事、理不尽な仕打ちなどが次々と出てきて、
見ていて、どんどん気分が重くなっていきました。

セクハラ、リストラ、強制退去、採用取り消し…
生活が脅かされる大変なことばかりで、胸が痛みます。

画面では、顔の表情も体の動きも沈鬱で、
困惑、落胆、絶望、怒りが滲み出ていました。

そんな中で、印象に残ったのは、
「話を聴いてもらえたことで、少しすっきりした」
という感想です。

相談を終えて、部屋から出てこられた何人かの方は、

「解決はしなかったけれど…」
「争って勝てる見込みはないとわかったけれど…」

と言いつつも、「全て打ち明けて、思っていることを全部言えて、
それは良かった」と答えておられました。

もしもこの言葉がなかったら、
出口の全く見えない暗闇ばかりという感じで
番組が終わっていたと思うのですが、
心からほっとしました。

誰かに自分の話を聴いてもらうということは、
日常、あまりにも普通のことですが、

いつでも、どんな内容でも、無条件に話を聴いてもらうことが
本当に出来るでしょうか?

言ってもわかってもらえない、
どうしても言いにくい、言葉には出来ないこともあるでしょう。

打ち明けた後の、相手との人間関係も気になるところです。

法律相談所を訪れた方の中には、さまざまな事情から、
誰にも相談することが出来ず、心理的に追い詰められ、
途方に暮れておられることが
リアルに伝わってくる方がありました。

相談をするビフォーアフターで、その方の様子には、
微妙な変化が見て取れました。

話をすると、心が外へ向きます。

そして、不思議なことに、思いを言葉にしていくことによって、
自分の気持ちや考えが、よりはっきりしてきます。

この外側への解放と内側への気付きが、同時に起こると共に、
聴き手から伝わってくる共感や、理解のまなざし、
肯定のうなづきなどがあるならば、さらに心が落ち着いて、
心のゆとりや明晰さを取り戻せるようになるでしょう。

話をすることは、ありふれているように思われながらも、
実はそうではないからこそ、昔も今も、
カウンセリングや傾聴が求められるのだと思います。

ただ受容的にお話を聴いてもらうだけで、
その方に元々具わっているリソース、たとえば思考力や判断力、
問題を解決に導く知識や経験力などが動き始めて、
ご自分の力で、一歩を踏み出せるようになります。

ご自分の内なる知恵や経験値、発想力などを発揮するには、
一人で悩み続け、頭の中でぐるぐると考え続けるのではなく、
人に話してみるということが、たいへん役立ちます。

失意や落胆の中で生じてしまっている思考の偏りや歪みが分かり、
見落としてしまっている視点や切り口にも気付けたら良いですね。

身近なところに、話を聴いてくれる相手や、
話をしても大丈夫と思える相手が見つからなかったら、
まずは「傾聴」セッションにお越しいただければと思います。

カウンセリングというと、心の不調や病のイメージがあるかもしれません。

けれども、ただお話をお聴きする傾聴でしたら、
気楽なお気持ちで、利用していただけると思います。

また、個人情報は明かさずに、お話したいことを自由に話せる
傾聴グループワークもあります。

インターネット上で行われ、
その都度参加メンバーが変わるオープンな集まりですので、
ご自分の映像を出さず、誰にも知られることなくご参加いただけます。

安全な場を作るために、批判やアドバイスをしない、
そこで聴いた話は絶対に外へ漏らさないなどの
幾つかのルールに沿って進めています。

傾聴にご興味のある方は、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

傾聴、傾聴ヒーリング、傾聴グループワーク


この記事にコメントする

傾聴とヒーリングワークで心身を癒して健やかに

2016年01月10日

年が改まって早くも10日が過ぎました。

年齢を重ねると共に、
時間の経過がより速く感じられるのは、不思議です。

無為に過ごさず、何かをやり残してあとで悔いが残らないように
心がけたいと思っています。

さて、この連休が明けると、本格的に日常が始まり、いつものお仕事、
いつものストレス、いつもの人間関係が、また戻ってきます。

ストレスや疲労、不満や不安、ちょっとした怒りなどを
皆さまはどのように解消されているでしょうか?

個人セッションでお勧めしているのは、
もやもやしている感情や思いを、何らかの形で表現し、
体の外に解放することです。

それにはさまざまな方法がありますので、
ご自分に合うやり方を実践されていかれたら良いでしょう。

誰かに話す…ということも、効果的な方法ではあるのですが、
しがらみや守りたいプライバシーなどのことを思うと、
話す相手を慎重に見極め、選ぶことが必要となります。

悩みを打ち明けてしまうことで心配をかけたくないと
相手を思いやり、遠慮してしまうこともあるでしょう。

今年から始まりました「傾聴ヒーリング」は、
その方の個人情報をしっかりと守ったうえで、
心に溜まっているあれこれを、安全な場でお話いただける機会となります。

心に引っかかっていること、愚痴、本音、弱音、イライラすること、
嬉しいこと、迷っていることなどを、
心置きなく言葉にして表現していただけます。

話された内容が外部に漏れることはありません。

聴く側は、批判もジャッジもアドバイスもせず、
穏やかに、受容的に、ただ傾聴します。

このような心の姿勢で、ニュートラルにお話を聴くことは、
日常生活や職場では、なかなかないものです。

この受容的な姿勢そのものが、心に平和をもたらし、
安らいで癒されていきます。

話し手のほうも安心して、本当の気持ちを率直に語ることが出来るでしょう。

言いっ放し、聴きっ放しでは不安であるとか、
話しながら少し不安になってしまう…という方のために、
「傾聴ヒーリング」には、傾聴後、ほかの方からの意見を聴く機会があります。

ご希望に応じて、ファシリテーターもコメントを差し上げます。

さらに、お話いただいた内容や状況に関連した
心身を癒すためのヒーリングワークを精選して、
ご紹介しながら行っていきます。

そのヒーリングは多種多様、たとえばイメージ、言葉、エネルギー、
カラー、サウンド、ボディワーク系の癒しなど。

特別なスキルや道具を使いませんので、どなたでも簡単に行うことができ、
日々の生活でも、折に触れて活用していただけるでしょう。

傾聴にヒーリングワークが組み合わされた
新しいスタイルのセッションが、「傾聴ヒーリング」。

グループワークと個人セッションがあり、
ご遠方の方は、スカイプでご参加いただけます。

詳細は、ヒプノセラピーで心を癒すサイトの
傾聴ヒーリング のページをご覧ください。


この記事にコメントする

心の重荷をおろす… 安らぎだけを目的とする傾聴グループ

2014年11月18日

心の中に、何かがもやもやしている状態は、居心地が悪く、
気分が暗くなっていくものです。

でもそれを言葉にしてみると、
気持ちの整理がつくことがあります。

愚痴をこぼしたり、弱音を吐いたり…ということも、
心の健康のためには、時には必要ではないでしょうか?

とはいえ家族や友人など身近な人には、
どうしても離せないようなことも…。

心配をかけたくないという思いもあるでしょう。

心を許した相手に、話を聴いてもらうのは、
ほっとした気持ちになり、癒されます。

けれども相手が内心、どう思っているのか
気になってしまうこともあります。

そんな時には、むしろしがらみのない相手や、
直接関わりのない相手に話すほうが、
気が楽だということもあります。

プライバシーが守られた安全な空間で、
お互いに知らない者同士が、
ひととき、時間を共有し、心の内を言葉にして聴き合う、
それが傾聴グループです。

聴く姿勢は、アティテューディナルヒーリングの考え方に基づいて、
批判、ジャッジ、アドバイスなどは致しません。

ただ相手のお話を、受容的に聴きます。

その方のお名前もお仕事も年齢も家族の状況も知らないことが、
かえって本音を言いやすくしてくれることもあるものです。

お話を聴き合ったその日のメンバーは、
グループを閉じた後には、会うことはありません。

またそのグループの中で聴いたことを、
その後、話題にすることは絶対にありませんので、
不安や気遅れ、恥ずかしさなども無用です。

心に溜まってしまったストレスや疲れなどを解放して
心に平和を取り戻すことを目指し、
お互いにルールを守って進めていきます。

今月の傾聴グループは、11月27日(木)、
10時20分から12時まで行われます。

インターネットのGoogleハングアウトを使いますので、
ご自宅からお気軽にご参加いただけます。

途中退席、途中参加もOKです。

よろしかったら一度お試しいただければと思います。

アティテューディナルヒーリングの傾聴グループ


この記事にコメントする

心を悩ませる重荷を持ち寄り、安全な場所で傾聴し合う

2014年06月05日

関東地方のこの辺りもいよいよ梅雨入り、
今日も、はっきりしないお天気です。

これから続くであろう曇りや雨天の日々に、
鬱々とした気分に陥ることのないよう
気分をなるべく明るくリフレッシュしたいものです。

特にご家族のことで問題が起こっていたり、
ちょっとしたお悩みがあるような時は、
その方のことを心配するあまり、ご家族の他のメンバーも
消耗したり、心が疲れてしまったり、
不安に苛まれたりしては大変です。

思い悩んでしまうのは、見通しが立たない時、
内側にこもって堂々巡りを続けるよりは、
誰かに打ち明けてみるというのも
道を開くきっかけとなるかもしれません。

お友だちや知人、ご親戚の方などしがらみのある関係よりは、
何もつながりのない第三者に話すほうが、
気が楽になり、自由に思いを表現できることもあるでしょう。

私どもは、どんなお悩みであっても、
安全な空間を作り、ゆっくりとお話をお聴きしています。

カウンセリングを受けるほどでない場合は、
ただじっくりとお話を聴いてもらえる傾聴ボランティアさんなども
よいかもしれません。

いつも穏やかな方が、どことなくイライラした様子であったり、
言葉に棘を感じたりするのは、
その方の心の奥に、密かに抑え込まれた怒りが
蓄積しているためかもしれないのです。

周囲の方々に気を使い、献身的に尽くすタイプの方ほど、
ご自分の中に溜め込まれた否定的な思いには
気付かなくなりがちです。

愚痴や弱音を吐くのも、
精神衛生上、時には必要です。

辛い時は、どんな方にもあること、
ご自分のことを、弱い、情けないなどと思う必要はありません。

心がいっぱいに膨らんで、重く辛い気分になり、
それを誰にも打ち明けられないように状況ならば、
傾聴のグループワークはいかがでしょうか?

私がボランティアでさせて頂いている
AH (アティテューディナル・ヒーリング)のグループは、
どなたも匿名でご参加いただくことが出来ますし、
個人情報は厳守されます。

Google ハングアウトを用いて、インターネット上で行うため、
ご自宅に居ながらにしてご参加いただけます。

次回のAHグループは、6月26日 の10:15~12:00 、
ご参加費は無料です。

アティテューディナルヒーリング 


この記事にコメントする

傾聴と心の安らぎ お互いを癒し合うヒーリングパワー

2014年04月18日

今日は、アティテューディナルヒーリング(略してAH) 
のグループがありました。

私がファシリテーターをさせていただいているAHグループは、
Googleのハングアウトを使い、
音声のみのご参加も出来る形のものです。

90分間という短い時間でしたが、
和やかなひとときを過ごせました。

AHのグループは、心の安らぎだけを目的としたもので、
そのために役立つ12の原則に基づき、
アドバイスも批評も批判もしないで
お互いのお話をただ傾聴し合うものです。

今回は、初参加の方も、お二人いらっしゃいました。

私たちには、自己治癒力が具わっていますが、
心の姿勢の持ち方によっては、ご自分を癒すだけでなく、
お互いに癒し合うことができるヒーリングの力も備えていると感じます。

忙しくてイライラしている時や、気持ちの余裕が持てない時は、
むしろ周囲に嫌な感じを与えてしまうのに、
ちょっとした姿勢を心がけることで、驚くほどに受容し合うことができ、
支え合うこともできます。

AHグループやワークショップをしていて、よく思うのですが、
こうしたグループの力は、1+1=2以上のものがあり、
人間の潜在的な能力には、まだよく知られていない
底知れない素晴らしさがあると感じます。

ヒプノセラピーでは、私たちの潜在意識は
お互いにつながり合っていると考えます。

ヒプノセラピーのセッションの中で、相手と向かい合い、
お話をすることがあります。

その時、本当はどんな気持ちだったのか、
何を感じていたのか、
何を言いたかったのかについて、
気付くことのできる機会となります。

それは、その方にとっての心の解放、カタルシス、
心の癒しをもたらします。

けれども、実はそれだけではありません。

イメージの中で、相手に伝えたり表現したりしたことが、
現実に変容を生む結果となることは、
多くの方々が体験なさっておられます。

ヒプノセラピーのイメージワークには、
ひとときの気休めを越えた何かがあるのです。

対面やインターネット、あるいは遠く離れた場所にいるなど、
どのような場であっても、その場にいるそれぞれの方が、
心の平和と安らぎを目指す意図を持つ時、
それが他の方々にも伝わって、想像以上の効果をもたらすことを、
あなたもどこかで体験なさったことがあるのではないでしょうか?

ヒプノセラピーで心を癒す 潜在意識のイメージワーク

アティテューディナルヒーリング


この記事にコメントする

お話を聴き合うことで癒される 傾聴と心の平和

2014年04月08日

日々流れるさまざまな思いの中には、
不快さや嫌悪、怒りなどあまり心地よくないものも含まれています。

こうした思いは、自然に薄れていつのまにか消えていくこともあれば
いつまでも重く残ってしまうこともあるでしょう

身近な誰かに愚痴をこぼし、趣味やスポーツなどでストレスを解消しようとしても
どうしても頭の中から離れないのは、私も経験があることです。

ご家族やお友達に打ちあけるのは、
相手に負担を与えてしまうと考えて、あえて心の中に秘めておくこともあるでしょう。

でもこうした状態は、精神衛生上、あまり良くありません。

周囲の方々から相談をよく受ける方は経験的にご存知だと思うのですが、
心に余裕がある時はよいとしても、
毎日のように、否定的な話題ばかりを聴き続けるのは、
かなり消耗するものです。

話したい方が、気兼ねなく心を表現して解放することができ、
聴き手のほうも、無理や努力なく、共感的に聴くことが出来る、
そんな機会となるのが、アティテューディナルヒーリングです。

アティテューディナルヒーリングの良いところは、
人の話を共感的に傾聴している聴き手のほうが、
話し手よりも、いっそう癒されていく…ということです。

信じられないと思われるかもしれませんが、
共感的に聴いている時の心の姿勢が、
聴いているその方ご自身と話し手の両方にとって
心の平和や安らぎをもたらしてくれるのです。

アティテューディナルヒーリングは、匿名でご参加いただけるうえに、
ご参加費が無料です。

また私がしているグループは、Googleハングアウトを使うため、
移動時間が要らず、ご自宅にてお気軽にお試しいただけます。

ハングアウトは、Gmailアカウントを取り、ハングアウトをインストールするだけで、
無料でビデオ通話が出来るものです。

批評、批判、アドバイスなく話を傾聴してもらっていると、
想像していた以上にたくさんの思いが胸の奥に蓄積していたことに
気付かれるかもしれません。

アティテューディナルヒーリングには、個人情報保護など
グループの安全を守るための12の原則があり、
そのルールを守っていただけるならば、どなたでもご参加になれます。

特にお話になりたいことが無いならば、
聴くだけのご参加もOKです。

カウンセリングに行くほどではないけれど、
話をすることで考えを整理したり、溜まっている感情を解放出来たら…
とお考えの方は、ハングアウトによるアティテューディナルヒーリングを
一度、体験なさってみてはいかがでしょうか?

4月18日(金) 10:15~12:00
お問い合わせ、お申込みは、
ユニークアイメンタルサポートまで お気軽にどうぞ。

アティテューディナルヒーリング


この記事にコメントする

 



ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー