神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

目標を設定するコツ 心の深層にあった真実

2021年07月04日

望みをかなえる最初のステップは、目標を設定すること。

今回は、目標設定と心の深層について、お伝えします。

身近にある目標の一つが、痩せてきれいになること、ダイエットです。

昨日、減量に関する広告が、

ピンタレストで禁止されるというニュースを見ました。

体重や体型よりも、

健康や個性を大切にしようという考え方に支持が集まり、

そのような流れを反映しての変更だということです。

一途に減量を目指し、がむしゃらに突き進むことには、

健康を損ねるリスクがあり、危険です。

しかしながら、ご自分の中に存在する理想の体重や体型を

何としても実現したいと願う切実さを、多くの方が持っているのです。

それでもダイエットを成功させたい !

あるがままの体型を受け入れることが出来たら、

精神的に楽になる側面もあろうかと思うのですが、

その一方で、ご自分の中の絶対に譲れない部分として、

「痩せてこそ美しい、そうでないと自信を持てない」という方があります。

そういう方にとって、

引き締まった美しい体を実現したいという願いは真剣であり、

周囲から何を言われようと不動で根強いものです。

減量、ダイエットは、

潜在意識の活用・自己催眠セミナーでも、

長年、人気のテーマの一つです。

健康というよりも、むしろ

美容や美意識、女性性、自己受容、アイデンティティと関連する要素として

その方個人にとっては、生きることと直結する重いテーマなのです。

望みをかなえる最初のステップ ― 目標を設定する

潜在意識の活用・自己催眠セミナーでは、

これまでに、何人もの方から、

ダイエットを成功させて、スリムで美しい体型を

キープしたいというご依頼をいただきました。

ほとんどが女性です。

このセミナーでは、

はじめにカウンセリングでお話をお聴きして、

目標を設定します。

その方が何を望み、求めているのか、

何を達成したいのか、

本当のお気持ちを明確にすることこそが、

目標達成のためのスタートとなります。

複数の願望がある場合には、

それを整理して、優先順位をつけていただきます。

1つの願望が、別の願望のあとに続くものであれば、

順序をつけて、第一の目標を選びます。

漠然としている望みや抽象的な願望の場合は、

出来るだけ具体的なゴールをイメージし、

それを言葉で表現していただきます。

ここで選んだ目標が、もしも本心と異なっていたとしたら、

潜在意識を活用する技をどれほど駆使しても、

おそらく実現は遠くなるでしょう。

ですので、目標設定は、きわめて重要なステップとなります。

A子さんのケース ― 体重○kg、スリムで美しい体型

セミナーにお越しになったクライアントのおひとり、

A子さんは、30代の女性でした。

お仕事熱心で、順調にキャリアを築いていらっしゃるのですが、

ストレスがたまると、つい甘いものを食べ過ぎてしまいます。

その結果、思うように体重をコントロールすることができず、

ゆるみがちな体型が気に入りません。

時々、ひどくみじめな気持ちになり、

仕事への意欲も自信も減退してしまうということでした。

A子さんは、この点を何とかしたいと試行錯誤をしてきましたが、

これまで気に留めなかった潜在意識を活用してみようと

思い立ったということです。

A子さんの目標は、明確でした。

具体的な体重の数値目標と、スリムで美しい体型です。

潜在意識にはたらきかけて、

ストレスや疲労から甘いものを食べるという流れのパターンを断ち、

数か月かけて、新たな行動に変容させることを目指すこととなりました。

目標を定めたあとは、潜在意識の特性について知っていただき、

潜在意識に浸透する暗示文を作成します。

その暗示文を使って、ご自分に催眠暗示をかけていただくのです。

暗示をかけようとしたら‥

Aさんは、目標設定をスムーズにクリアし、

潜在意識にはたらきかける暗示文を難なく完成させました。

そして、いよいよ暗示をかけるワークを開始しようという時、

思いもよらない事態が起こりました。

ご自分で納得して定めた目標だったにもかかわらず、

実際に暗示をかけようとすると、

「何かが違う…」という違和感と物足りなさを覚えたのです。

そこで、再びA子さんのお話をじっくりとお話をしてみて、

分かったのは、

どうやら体重が〇○kgになることが望みではないらしい…

…ということでした。

では、本当は、何を求めていたのでしょうか?

結論をまとめてお伝えすると…

体重が〇○kgの美しい体型を実現できた時の「満足感、達成感」、

まずはそれを味わいたい…

さらには、その先に待っているであろう幸せな未来…

その未来の幸せこそが、憧れであり、真に望んでいたことでした。

ですので、目標は、満足感と達成感

そして幸福感だったということになります。

「幸せな未来」だけでは、漠然としていますので、

もう少し詳しくお話をお聴きしていきました。

すると、具体的なイメージとして、

理想のパートナーシップの実現に行き着きました。

お仕事でキャリアアップし、達成感を得られる結果を残すと同時に、

そんな自分を認め、尊重し、対等に接してくれるパートナーシップを

手に入れたいという望みが明らかになりました。

A子さんの目標は、

「体重が〇kgの美しい体型キープ」ではなく、

対等なパートナーシップの実現」だったのです。

表層的な願望と心の深層にある望み

A子さんのケースのように、表層的な願望を

目標として設定してしまうことは、よくあることです。

心の深層にある本当の望みは、それとは異なっていて、

水面下でエネルギーを持っていましたが、

意識化はされていませんでした。

こうしたことは、珍しいことではありません。

通常、日常生活のなかで、ご自分の深層心理を探ったり、

潜在意識の領域にアクセスしたりする機会は、ほぼありません。

またご家族、職場の人々、友人、知人、

周囲の人々、メディアなどからの影響を、ごく自然な形で受けています。

そうした影響から切り離して、自分の本心・本音を知る難しさがあります。

潜在意識の活用・自己催眠セミナーでは、

最初に時間をかけてカウンセリングをしています。

が、そうであっても、その中で語られるその方の願望が、

本心・本音や心の深層から出てきたものとは限らないのです。

「これこそが本心であり、私がかなえたい願望だ」と

ご本人が強く信じて主張される場合には、

たとえそれが表層的な望みであったとしても、

目標として選択されていくでしょう。

実は、その時点で、セミナー講師・セラピストである私のほうで、

本当は違う…と気付くことがあるのですが、

それとなく水を向けてもお気持ちが揺らがない場合には、

ご本人の主張をそのまま尊重します。

的確な目標設定をするために

何をゴールと定めて取り組んでいくのか?

目標設定は、望みを実現するうえで、

たいへん重要となるものです。

これまでにカウンセリングを受けたり、

心理療法を受けたりされている場合には、

ご自分の心の複雑さ、奥深さに触れる体験から、

ご自分に対する自己覚知が進み、

本当の気持ちを吟味し、自覚もされていると思います。

ところが、そういった機会がほとんどなかった方の場合には、

日常の思考や意識の延長上に浮かんでくる願望が、

目標として設定されるかもしれません。

その方にとって適切な目標を設定するには、

心の内側を深く見渡して、

過去の出来事に対する感情的な反応や、

最近、気になっていること、

人生に繰り返し起こっているパターンなどにも

注意を向けてみるとよいでしょう。

また、無になる時間を作り、内省や瞑想などをすると、

心の深い領域や、論理を越えた直感とつながりやすくなるでしょう。

そして、可能ならば、潜在意識を探求することをお勧めします。

潜在意識は、意識の90パーセントを占める領域でありながら、

意識されず、自覚ができません。

思考を手放して、軽い催眠を使うことで、

ご自分が本当は何をしたいのか、

何がご自分を幸せな気持ちにさせてくれるのかを

イメージの中でたやすく理解することが出来ます。

日頃、考えていることとは異なる感情や願望を発見して、

驚かれることがあるかもしれませんが、

本心・本音から設定された目標を立てるという意味で、

役立つことは間違いありません。

望む未来を実現する要素

これは大切なことですが、

目標を達成し、望む未来を実現することには、

さまざまな要素が関与しています。

それらについての理解を深め、

効果的にワークしていくことが必要となります。

潜在意識は、それらの要素の中で、

ひときわ大きな領域を占めるものですが、

それだけで実現の可能性が高くなるかと言われれば、

そういうことではありません。

ほかの要素にも、実現を確かなものに近づけていくためのパワーがありますので、

併せて活用し、上手に取り組むのが良いかと思います。

潜在意識の活用・自己催眠セミナーは、

文字通り、主として潜在意識の領域の活用から、

望みをかなえるノウハウをお伝えするものですが、

このほかに、

マインド、エネルギー、潜在意識の3つの領域から、

ホリスティックにはたらきかけて、

こうなりたいと望む未来を実現することを目指す

セッション、ワークショップ、セミナーで、

目標を達成し、望みをかなえるサポートをしています。

ご興味のある方は、

幸せな未来を創る 未来の光輝く自分と出会う  

をぜひご覧いただければと思います。


この記事にコメントする

思考をいったん離れ、潜在意識にアクセスしてみると…

2015年05月30日

ヒプノセラピーは、潜在意識とつながる心理療法ですが、
何年、セッションを続けていても、
潜在意識の癒す力には、感服します。

潜在意識には、その方に元々具わっている
ご自分を癒そうとする力があります。

今、必要なイメージを、
タイミング良く受け取れることは、
その方本来の癒す力によるものであり、
本当に素晴らしいことだと常々思います。

潜在意識は、意識することが出来ない領域と言われます。

無意識なのですから、当然といえば当然なのですが、
それ故に、忘れられていたり、軽視されたり、
実にもったいないことになっているようです。

ヒプノセラピーの個人セッションでは、
まず、その方のお話をじっくりとお聴きする
事前カウンセリングをします。

この際に、気になるテーマや解決したいお悩みが
複数出てくることがよくあります。

一つひとつお聴きしながら、
そのテーマと付かず離れずの何かが
雑談に近い形で話題に上ることがあります。

その後、セラピーをしてみると、
まさにその要素こそが、
重要なポイントであったことに気付かされるのてす。

一見、関連が薄いように見える話題であっても、
ヒプノセラピーを終えてみると、
核となるピースがジグソーパズルにすっと納まるかのように
意味やヒントへの手がかりとなっていることが
瞬間的に分かるのです。

潜在意識は、既に知っている…と良く言われるとおり、
私たちが、マインドで思考したり、分析したりすることを
たやすく越えて、一足飛びに核心部分に到達する
離れ業を目撃することも、しばしばあります。

このあたりは、
ヒプノセラピストを続けてきたからこそ体験できた
ヒプノセラピーの醍醐味と言ってよいかもしれません。

先日のセッションでも、
解決したい問題が、3つほどあり、
最重要課題を一つ選んで目標と定め、
そこからワークしていきました。

ヒプノセラピー中盤から、
思いも寄らない展開となって、
終えてみると、当初の目標はもちろんのこと、
次の候補も、その次の候補も、
一気に解消する…という結果となりました。

私どものヒプノセラピーのセッションでは、
エントリーポイントとして、
一つのテーマを選択したり、絞ったりして
目標設定をしますが、
それらが相互につながり合っている場合には、
時にこのようなことが起こります。

問題やお悩みに優先順位を付けたり、
絞ったりすることは、
なかなかエネルギーを要するもので、
時間もかかるのですが、
そうしたマインドの悩ましいプロセスを
はるかに超越したところにある、
その方の潜在意識のパワーの凄味を
思わずにはいられません。

ご自分の潜在意識を信頼していただければ、
求めていた答えは既にご自分の中にあり、
アクセスされ気付かれるのを静かに待ち続けていると
実感できる機会が増えていくでしょう。

もしかすると、私たちは、忙しい日常生活の中で、
あまりにも忙しく頭を働かせ過ぎているかもしれません。

時には、意識することが出来ない意識領域=潜在意識が
ここに存在していることと、
それ自体が膨大なデータベースであることを
思い出してみましょう。

そしてマインドで考え抜いた結論だけで、
早急にあきらめてしまうのではなく、
いったんその結論から離れて、
潜在意識領域に、
アクセスしてみてはいかがでしょうか?

そこには、
次元の異なる目から鱗のヒントや、
より大きくより深い癒しと叡智が
いつでも待ってくれているのですから。

ヒプノセラピーで心を癒す もっと自分らしく 自己実現 望む未来を創造する


この記事にコメントする

あたたかく幸せなイメージで自分を癒す イメージと自己暗示

2014年01月14日

今朝は、この冬一番の冷え込みとなりました。

自宅からセッションルームに向かう道の途中に咲いている
美しいロウバイの花は、
春の訪れを待ち望む明るい気持ちにさせてくれますが、
寒さはまだまだこれからが本番ですね。

冬場は日照時間が減少し、
気分が鬱々とする方も多いようです。

そんな時、あたたかい南の島のリゾート地へ
旅立てたらよいのですが、
仕事や子育て、介護など
日々のスケジュールはいっぱいで
なかなかそうはできないものです。

お休みが取りづらい時も、暗示の効果を使って、
短い時間で心をゆったりと解放させ
リフレッシュすることができます。

イメージの中で
南の島の砂浜に寝そべり、
さんさんと太陽の光を浴びるのもよいですし、
楽しかった過去の思い出の中に出かけていき、
心ゆくまで楽しい気分に浸るのもお勧めです。

イメージの力は、
その時、心身を癒すばかりでなく、
潜在意識に浸透して影響を及ぼし、
その幸せで楽しいイメージが
現実のものとなるような作用
を起こすのです。

大けがをして、体を動かせなくなった人が、
入院中、イメージの中で、
毎日、筋トレを続けたところ、
実際に筋肉の量が増えたという報告もありますが、
皆さまはどのように受け取られるでしょうか?

これから、ますます寒くなっていきます。

通勤途中やお仕事の休憩時間、
入浴中、眠る前のひとときなどに、
幸せなイメージ、あたたかく快適なイメージを持ち、
それを味わってみて下さい。

「寒い、寒過ぎる…」とこぼしたり
「風邪をひいてしまいそう…」と心配するよりも、
心身の健康によい効果をもたらすに違いありません。

好ましいイメージと自己暗示を使うことで、
現実に生理的な変化が起こります。

日常生活の中でどなたでも簡単に出来る方法です。

もう少ししっかりと催眠暗示のノウハウを学びたいという方や、
具体的な目標の達成に催眠暗示を使いたい方は、
潜在意識の特性を知り、効果的な自己催眠を使う
「潜在意識の活用セミナー」などもお勧めしたいものの一つです。

こちらのセミナーの詳細は、左サイドメニューから
セミナーページをご覧ください。


この記事にコメントする

アファメーション 潜在意識に浸透する暗示の効果

2013年12月02日

アファメーション(肯定的宣言)は、
いろいろな場面で使われているものです。

声に出して宣言することによって
自分に対する確認を新たにし、
繰り返すことで、潜在意識に落とし込むという、
自己暗示的としての効果もあります。

「セラピーは魔法ではない」という言葉を
お聞きになったことがあるでしょうか?

ヒプノセラピーのセッションに限らずどんなセラピーであっても、
それを受けるだけで、まるでマジックのように、
問題やお悩みが瞬く間に解消してしまう、ということが、
全くないわけではありません。

しかし通常は、セラピーのセッションに加えて、
その方ご自身がその後の日常生活の中で、
セラピー中に受け取った気付きや洞察を活かしていこうとなさる時、
セッションの効果は何倍にもなって、現実的な変容をもたらすのです。

そのためにセッションの後、
気になることや不安に感じられていることなどについてお聴きしたり、
ご質問にお答えしたりするフィードバックの時間を十分に取ります。

ユニーク アイ メンタル サポートでは、
セラピーの前後に、必要に応じて、
ヒプノセラピー以外の心理療法的アプローチを取ることがあり、
感情解放に役立つノウハウやアファメーションを使うこともあります。

アファメーションはその方にとって
心に響くもの、違和感のない表現を使ったものが適しています。

そうなるといちばん良いのは、
ご自身で作ったものということになるでしょう。

アファメーションというものに、
あまりなじみのない方もいらっしゃいますので、
こちらからお渡しすることがありますが、
それは自作アファメーションを作る際の参考とするための
サンプルとお考え頂いてもよいでしょう

こうなりたいと思うことを、
肯定的に力強く表現した短文や自己催眠のシナリオは、
何度も繰り返すうちに、潜在意識に浸透し、
潜在意識はそれを実現するために
無意識の思考や行動を取り始めます。

行動や思考パターンの変化、変容とは、
それを真剣に望む意志、継続的な努力、
そしてあきらめない心があるならば、
セラピー・セッションの効果を増幅して
必ず達成できるものであると私は考えています。

自己催眠による目標達成については、
セミナーのほか、「ヒプノセラピーと前世療法のスクール」の
ベーシック・コース
でもお伝えしております。
ご興味のある方は、「潜在意識の活用セミナー」をご覧下さい。


この記事にコメントする

ダイエット成功の鍵は潜在意識

2013年11月30日

スポーツの世界では、
イメージ・トレーニングを行って、
記録を伸ばし、優勝を実現させます。

使っているのはイメージ。

イメージとは、
潜在意識の[言語]といってもよいかもしれません。

実はイメージは意思の力に勝り、
潜在意識に浸透しやすいことをご
存知でしょうか?

何か実現したいことがあるならば、
意思の力を使って
「このようなことを実現したい」と頑張るよりも、

既に実現できているイメージを持つ方が、
効果的であるということになります。

潜在意識は判断したり分析したりすることがありません。
しかも事実と想像の区別もしないのです。

そのため輝かしいゴールのイメージを持つと、
そのゴールが達成するべき現実そのものであるかのように
潜在意識にインプットされ、その実現に向けて
最適な選択をしていくようになるのです。

もしもダイエットをしようと思うなら、
ぜひイメージのパワーを活用なさってみて下さい。

「食べてはいけない」「やせなくてはダメ」と
意思の力でコントロールするのではなく、

スリムで健康的な自分の姿をイメージしてみましょう。

理想的な体重、健康で、最高に美しい姿を、
ありありと思い描きます。

そしてそうなった時に感じるであろう達成感や満足感、
喜びなども感じて味わってみて下さい。
その方がきっとうまくいくでしょう。

この時、「やせられるかどうか不安だ」
「自信がない」「失敗するかもしれない」
といった思いがあるならば、
その否定的な思いが潜在意識に作用して、
逆に「失敗」を実現させてしまう恐れがありますので
くれぐれも注意していただきたいと思います。

潜在意識の活用セミナーでは、
潜在意識の特性を知り、フルに活用して
目標達成、セルフイメージ改善を目指します。

ゴールまでの各ステップを
サポートし、最適な自己催眠をかけていきます。

この方法は、さまざまな願望達成の自己催眠に
応用が利きます。


この記事にコメントする

願望達成、最初の一歩は?

2013年11月28日

夢がかなった瞬間、
嬉しさでいっぱい、
「 やった~!! 」と喜びます。

長い間、願い続けてきたのに、
なかなか実現しない望みもあります。

毎日、日記に書いてみたり、
神様(?)にお願いしてみたり、
もちろん現実的な努力もたゆまず続けています。

それなのに…
なぜこの願いはかなわないのでしょう?

(表層)意識で心から望んでいるつもりでも、
実は心の奥深くで
実現したくないと思っていることがあります。

たとえばケガで入院中の人が、
早く回復したい、家族に心配をかけたくないと望み、
周囲の人たちに対しても、
言葉に出してそう話していたとします。

本人はそのつもりでも、
その願いがかなってしまうと、
自分にとっていろいろと不都合が起きてしまうことを
心の奥底で知っている場合があるのです。

不都合とは、たとえば…

「このケガが治ってしまったら、
みんなが優しくしてくれなくなるかもしれない…。」

「元気になったら、
またあくせくと働かなくてはならない…。」

「家族と一緒に過ごせなくなってしまう…。」など。

自分にとって大切な誰かの期待に
背く結果となってしまう場合も同様です。

このような場合、
治るプロセスが長びいたり、
完治したら再びケガをしてしまったり、
という結果になることもあるかもしれません。

ケガの完治=喜びと幸せ
というふうに単純にはいかないのです。

適切な治療と自然治癒力によって、
ケガならばいずれは治ることでしょう。

でもこれがもっと深刻な状況や
人生の重要な選択であったとしたら … … ?

多くの場合、ご本人は、
もちろんそんなことに気づいてはいません。

願いがかなうのを阻んでいるのが
実は自分自身の心の一部だとは、
想像もしていないでしょう。

人の心はかくも複雑なもの。
抑圧したり、投影したり、
自己を守ろうとするメカニズムが作動して
心の奥にどんな感情が潜んでいるのか?
クリアーに見つめることは容易ではありません。

けれども願望が本当の〝本音〟であり、
その実現に向けて、
表層意識と潜在意識が調和的にはたらくならば、
向かうところ敵なし。
らくらくと実現される可能性が
大きく開かれていくのです。

ユニーク アイ メンタル サポートの
「潜在意識の活用」セミナーでは、
こういったお話をしながら、
言葉の奥、心の奥の、さらにその奥に、
どのような願望があるのか、
ご一緒に探り、明確にしていきます。

「真実の願い」は何なのか?

それをはっきりとさせることが、
願望達成の第一歩なのです。


この記事にコメントする

チリ・サンホセ鉱山の奇跡 イメージワークと催眠暗

2010年10月14日

チリの鉱山の方々が、全員、無事に救出されました( ! )
69日ぶりということです。

本当に、ご無事でよかったですね。
ご家族の方々は、どんなにかお喜びのことでしょう。

お一人ずつ、1時間近くかけて、細い竪穴を往復する救出作業を
TVの前で、はらはらしながら
祈るように見守った方も多いのではないでしょうか?

暑くて狭い地下シェルター。
暑さと狭い所が苦手な私は、想像するだけで息苦しくなります。

もしも私がその中に居たとしたら、
救助隊と連絡が取れるようになる前に、
暑さと狭さだけで神経がまいってしまったに違いありません。

33人のうちの一人、
地下に閉じ込められた自分を想像してみました。

極限状態のストレスに耐えて救出を待つには、
イメージワークや催眠暗示を行うとよい
…。」

ヒプノセラピストである私はすぐにそう思いつくはずですが、
日頃、セッションルームでクライアントさんにお伝えしているように、
的確に冷静に、またくじけずにそれを行うことができるかと云われたら、
少々難しいかもしれません。

しかしながら、
額が涼しい…」
「空気がひんやりとして心地よい…」
「広々とした高原で、心地よい風に吹かれながら
ゆったりと寛いで横たわっている…」

…といった催眠暗示をかけると、
体感温度は少し下がり、
不安か軽減して落ち着くことができ

おそらく安眠に結びつくと思います。

自分のためではなく、仲間のためならば、
やり遂げることができるかもしれません。

人は、誰かのために役立つと思えば、
強い心を持ち、勇敢に取り組むことができるものです。

それが大切な相手ならば、なおさらです。

今後、作業員の方々へのメンタルサポートを
きめ細かく提供していくことが必要とされるはずですが、
どのように心のケアが進められていくのか、
それについても関心を持って見守っていきたいと思います。


この記事にコメントする

潜在意識を知って、夢をかなえる

2010年03月30日

もうすぐ4月。
いよいよ、新年度の始まりですね。

新入学や、就職、転勤、転居。
さまざまな変化の時期、
新しい人間関係を、スムーズで豊かなものに、
そして今までの自分の枠を超えて前進したいあなたに
お勧めしたいセミナー、

それが「潜在意識の活用セミナー」です。

たとえば…人前で緊張しやすい、
大勢の前で話をするのが苦手、
内気、引っ込み思案、
といった弱点
を克服し、

より積極的に、行動的に、社交的になり、
コミュニケーションを楽しみたい、
仕事の効率をアップさせたい、
といった目標をお持ちならば、

潜在意識を味方に付けて
「自己催眠」を使ってみましょう。

意識全体の90パーセントを占めていながら、
日頃、気に留めることのない潜在意識。

実は、潜在意識には、
あまり知られていない特性があるのです。

暗示の法則と潜在意識の特性を知り、
上手に活用してみませんか?

このセミナーでは、
あなたが達成したい目標を叶えるための
お手伝いを致します。

文章を書くのがあまり得意ではない方でも、
このステップを踏めば、無理なく、自然に、
その方に適した暗示誘導文を
楽々と作ることができるようになっています。

どなたでも簡単にできて、
驚くほど効果の高い自己催眠。

このノウハウは、ほかのテーマ、目標にも、
広く応用がききますので、
将来に渡って、さまざまな場面で
使い続けることができます。

詳細は、ユニーク アイ メンタル サポート
ヒプノセラピーサイトの
潜在意識の活用セミナー
をご覧下さい。


この記事にコメントする

 



ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス: mailicon


↑ PAGE TOP

メニュー