神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

親にして欲しかったこと、してもらえなかったこと

2018年07月04日

親子関係のお悩みは、言葉で言えないくらい
深刻となることが多いものです。

これまでにお会いしたクライアントの方のお話をお聴きしていると、
無視や理不尽な行動、虐待、ネグレクト、依存など、
そんなことがあってよいのかと、しばしば心が重苦しくなります。

幼少期に親御さんからされたこと、してもらえなかったことで、
現在も苦しみ、生き辛さを抱え、人間関係が上手くいかない方が、
どれほどたくさんいらっしゃることでしょうか。

そんな方のご参考となるケースを
こちらのブログでご紹介出てきたらと思うのですが、
それが難しいのは、親子関係の問題は、
本当にさまざまであるためです。

お一人おひとり、お悩みのポイントが異なります。

幼少期の環境と体験には、
そのご家庭の価値観、人間観、世界観が色濃く反映していて、
たとえば虐待であっても、それによって何が起こったか、
何がいちばん辛かったのかは、その方によって違うのです。

そうであっても、共通項として言えることは、
あるがままを受け入れてもらえなかったこと。

あるがままを認めて肯定し、
さらに「その方らしさ」が成長、進化していくための支えを
得られなかったということになるでしょう。

その方らしさとは、個性、持って生まれた資質・才能、志向、
親御さんとははっきりと異なる価値観・世界観などの全てです。

自分が自分であることは、幼い子どもにとって、
ごく自然な状態であり、それだけで充足し安定できる状態ですが、
そのベースを無視されたり、支持されなかったり、強く否定されたりしたら、
どうなるでしょうか?

その子にとって大好きで大切な親に受け入れてもらえない「自分」への
否定的な感情、不信感、懐疑、そして本来の自分との葛藤、
親に愛され、受け入れられるために、日常的に、
必死の努力と模索をしていかなければなりません。

ここにいて良いのだという世界への安心感や生きる喜びのない状態が
続いていくことになります。

そして、生命エネルギーや生き生きとした感覚、
自然に流れていく感情などが阻害され、疲労とストレスが生み出されます。

大人になってから、いろいろな問題が起こり、
(特に人間関係が上手くいかなくて)
ようやくそのことに気付かれる場合も少なくありません。

本当はして欲しかったのに、してもらえなかったこと、
されたくなかったのに、されてきたことに気付いて
愕然として、その後、腹立たしさや怒り、
不当に扱われた感覚を自覚できればよいのですが、
残念なことに、そうならない場合もあります。

実は、そうならない場合のほうが、いっそう複雑で厄介で、
対処するのが困難な問題をはらんでいることになるのですが、
それについては、また別の機会に書くことにします。

まず、今、心にある腹立たしさや怒り、無念さは、
正当な腹立たしさ、正当な感情であることを知って下さい。

そしてそんな怒りや被害者意識が湧いてきて、
その感情に圧倒されてしまったら、
心を解放し、癒すための何かをすることをお勧め致します。

カウンセリングや傾聴などは、
胸に淀んでいるもやもやした思いを言葉にすることで、
少しずつ整理がつき、心も落ち着いてくるでしょう。

そしてこれは大切なことですが、少し落ち着いてきましたら、
ご自分のこれまでを振り返ってみて、親御さんとの関係に対して、
取り返しがつかない不遇であるとか、
めったに無い外れクジを引いてしまった不運な自分
…という見方は、決してしていただきたくないのです。

大切な相手に受け入れられず、否定される体験は、
途方もない苦しみであることは間違いありません。

けれどもだからといって、人生には、
取り返しのつかないことは無いのです。

過去の苦しみや親の言動にばかり、意識を向けていたのでは、
本来のその方の人生が前に進んでいかなくなってしまいます。

本来のその方の個性の輝きが失われ、
本来のその方の才能や資質が発揮されずじまいになったとしたら、
これほど残念なことはありません。

これまでのケースから、申し上げたいのは、
どれほど過酷な状況を過ごされてきたとしても、
そうしたいという意図があるならば、
その影響から自由になる可能性がひらかれていくということです。

そのためには、親にして欲しかったのに、
してもらえなかったことを恨むよりも、
親がしてくれなかったことを、
ご自分でご自分に対して、してあげることです。

怒りや恨みや犠牲者意識に蓋をするのではなく、
十分に感じたうえで解放し、
そして、そこからは、ご自分でご自分を受け入れ、
あるがままを認め、
ご自分が本来はどのような人なのかを理解し、
ご自分らしく生きることを励まし、
勇気とパワーをご自分に与えてあげましょう。

「いったいなぜ私だけが…」と、
周囲の人とご自分を比べて、不運を嘆き続けていても、
何も良いことは起こりません。

もしも恨みや被害者意識、
長年に渡ってため込まれてきた怒りや反発が手に余るようでしたら、
安全に解放するお手伝いをさせていただくことが出来ます。

また、お一人で解放する方法などもお伝えすることが出来ます。

ですので、たとえ、今は苦しみのさなかにあったとしても、
より良い方向へ変わっていこう、人生を変えていこうという意図を
まずは持っていただければと思います。

それが解放と変容の第一歩となるでしょう。


タグ:, | ヒーリングタイム |

コーチングは、ホリスティックな変容を効率よく

2018年06月15日

セッションルームにお越しになるクライアントの方が、
コーチングのセッションを希望されることが
最近、増えてきています。

カウンセリングでは、時間がかかりますし、
次のステップへの見通しがすぐには立てられないこともありますが、
もう少し突っ込んだ対話をしたいし、
話や今考えていることを詳しく聴いて欲しい…
と言われます。

そのお気持ちは良く分かります。

ヒプノセラピーは、潜在意識とつながって本当の思いを理解し、
心を解放して癒す手法ですが、
催眠状態や潜在意識というなじみのないものよりも、
よりはっきりとマインドで考えたり分析したりすることが得意で、
そのほうが役立つタイプの方がいらっしゃるのです。

現状や、これまでの経過、今後の見通しなどに対して、
明確に分析し、どんな方法で乗り越えられるかという方法を模索し、
それらの対策を丁寧に吟味していきます。

その際、ご本人が気付いておられない視点や、
無意識に回避して棄却されている可能性、排除されている関係性、
これまでのご経験から作られてしまった否定的な信念、
ご両親の価値観から受け継がれている先入観などに
気付いていただけるように、対話をしていきます。

このお一人での思考を客観的に眺め、
コーチの視点からも見直すというところが、
ホリスティックコーチングの最大のメリットの一つなのですが、
マインドで思考したり分析したりするのが得意な方は、
このことをよくご存じですので、
それを求めてお越しになるのでしょう。

お一人で悩んでいると、
同じところをグルグルと回り続けて、
突破口が見出せないばかりではなく、
ストレスや苦しみ、生き辛さから抜け出せない状態が続き、
いっそう深刻化していきかねません。

気がかりなことやストレス過多の状態が続くと、
次第に明晰さや冷静さが失われ、感覚が麻痺して、
ギャンブル、買い物、占いなどに大金を投じてしまうことも…。

ギャンブル依存症の背景にある
本質的な問題を明らかにして取り組んでいかないと、
真の解決や達成には行き着かないでしょう。

コーチングのセッションでは、
その方が何を求め、何を目指しているのかを
まずは明確にしていきます。

…というのは、共感性の高い方や、
人の立場を思いやることが出来る方ほど、
ご自分のニーズよりも他者の期待やこうあるべきという信念に縛られ、
本当はどうしたいのかが、ぼやけてきてしまうことがあるためです。

私たちの置かれている環境や人間関係、家族関係は、
近年、ますます複雑になっていますので、
本当の本音をとらえてそこをベースに据えることは、
簡単そうに思われて、実はそうでもありません。

スタート地点が定まれば、向かうべき方向から逸れることもなく、
ゴールを見失うこともありません。

次は、問題を乗り越えたり、解決したり、ゴールを達成したりするのに、
どのように歩みを進めていくかということになります。

コーチングのセッションでは、
ご希望に応じて、NLP(精神言語プログラミング)や、
ナラティブセラピー、イメージワークなどを使います。

これらは、全て、通常の意識の状態で行うものです。

たとえば、ご両親からの否定的な影響から自由になり、
ここから人生を立て直していく…といった大きなテーマであっても、
具体的なステップを無理のないペースで進めていくならば、
日々、ご自分の生活に変容が起こっていることを実感しながら
ステップアップされていくことでしょう。

ホリスティックコーチングは、ビジネスコーチングとは異なり、
メインとなるのは、その方の生き方と人生そのものです。

人生をどう生きていくのか、生きる目的や意味、
人間関係のクオリティをどのように向上させていくのか、
何を選択したら、いっそうの充実や、安心感、
喜びや生きがいにつながっていくのか、
そのような、一見、雲をつかむような壮大なテーマもありますし、
恋愛関係のもつれ、親子関係、家族のメンバー内にある軋轢、
お金の使い方、職業選択の迷いといった、
実生活に直接かかわる現実的で根の深いテーマもあります。

仕事上の成功と発展、キャリアアップというテーマも、
もちろんたくさんあります。

たとえビジネスの向上というテーマであっても、
人生やご家族、人間関係などを抜きにして考えることは出来ません。

どのような問題であっても、
ホリスティックにワークしていくところが
ホリスティックコーチングの特長です。

すなわちその方の心、身体面、感情と思考、魂と霊性、
信念、信条、個性、人間関係など全体性を大切にしながら、
統合され、どこにもひずみが生じていない、
その方にとっての最善の道を、ご一緒に模索し、実現していきます。

ビジネスコーチングでは、通常、一定の期間を決めた契約が多いと思いますが、
ホリスティックコーチングは、そうではありません。

一回お試しいただいて、
その後は、必要な時に継続していただけます。

コーチはセラピストでもあり、ヒーラーでもあるため、
コーチングのプロセスで、心身に問題が起こった場合には、
すぐに対応するための方法が確立されており、
複数を提案することが可能です。

ご希望に応じて、NLP、ナラティブセラピー、
各種セラピーやヒーリングなどを併用しているのは、
大切な人生の時間を無駄にすることなく、
どんどん前進していていただけばと真剣に考えているためです。

時には立ち止まり、休憩し、
ゆっくりと進みたい方には、そのペースを尊重し、
推進力と継続するパワーが欲しい方には、
それにマッチした手法を取り入れながら、
ホリスティックコーチングは柔軟に進められています。

本気で、真剣に人生をより良いものにしていこうと思われる方には、
ぜひお勧めしたいセッションです。

ホリスティックな解放と変容のためのコーチング


タグ:| コーチング |

ハイアーセルフにたずねてみると…

2018年05月20日

記憶から消し去りたい大きな失敗や、後悔してもしきれない出来事は、
過去を振り返れば、どなたにもあることでしょう。

一時の感情やつまらない衝動などに突き動かされて、
つい口から出た言葉や、目先の利害に惑わされてとった行動、
自分や他者を傷付けることになってしまった浅はかな選択は、
なぜそんなことをしてしまったのかと、いつまでも心に残り、
思い出すたびに頭を抱えたくなります。

そのような悔いの残る体験の対極に在るのが、
ハイアーセルフです。

ハイアーセルフとは、高い次元の自己、
まるで神さまのような自分自身の一部ですので、
「やってしまった … …」 と嘆くようなこととは全く無縁です。

大いなる叡智と無条件の愛をもって、
最高、最善の選択や答えを既に知っている、
その方の中の最高の部分がハイアーセルフなのです。

そうであれば、必要な時にいつでも、
ハイアーセルフからアドバイスをもらったり、
対話をして有益なメッセージを受け取ったりできたらよいですね。

ハイアーセルフにたずねてみたら、
自分にとっても、他者にとっても、現在から未来までを想定してみても、
きっと最良の道を見つけられるように手助けをしてくれるでしょう。

そうすれば、愚かしい判断や誤った選択、
迷走などから自由でいられるはずです。

それでは、ハイアーセルフと出会うには、
どこへ行って、何をしたらよいのでしょうか?

実は、常にハイアーセルフと共にいるということは、
場合によっては、なかなか困難なことかもしれないと、
私は自分の経験から感じています。

ずいぶん昔のことになりますが、
ハイアーセルフというものを初めて知った頃、
ぜひともハイアーセルフといつでも一緒にいたい、
ハイアーセルフとして生きていきたいと望みました。

そのために、本を読んで自分でいろいろなワークをしてみたり、
ハイアーセルフと出会う誘導瞑想のCDを聞いて試したり、
ワークショップに参加したりして、
一生懸命、ハイアーセルフに近づこうと試みていました。

ところが、努力を続けていても、なかなかうまくいきません。
手応えを得られず、落胆や失望、腹立たしさばかり。

思えば、たとえばブッダやマリア様などとは異なり、
ハイアーセルフは、自分自身(自己=セルフ)なのですから、
本当は、頑張らなくても、いつでも一緒にいるはずなのですが、
どこか遠い別次元の、非日常的な別世界の、
手の届かないところにいるような気がしていたのです。

それから年月が流れ、
現在、私は、
ハイアーセルフとつながって進めるヒーリングをしています。

そのヒーリングは、まず自分のハイアーセルフとつながり、
次に、クライアントの方のハイアーセルフにつながり、
その状態を保ちながら、その方のオーラを浄化したり、
カルマ的なテーマにワークしたりする方法をとります。

ハイアーセルフとつながる時、周波数が変化し、
たくさんの気付きや洞察がやってきます。

ホリスティックヒーリング

ハイアーセルフとつながることが、前提となっているヒーリングですので、
つながることが出来ないならば、行うことは出来ません。

今では、ハイアーセルフとつながるのは、とても簡単だと感じている…
というよりは、ごく自然なことのように思われます。

ハイアーセルフとなかなか出会えなかった頃、
それでもあきらめずにいたから、今日があるのでしょう。

クライアントの方が、セッションルームにお越しになって、
「本当にハイアーセルフと出会えるのかしら?」と
懐疑的になっておられる時、
「私に出来たのですから、どなたにも出来るはずです。」
と申し上げています。

ヒプノセラピーのセッションの中に、ハイアーセルフに会いに行き、
メッセージやアドバイスを受け取るセッションがあるのですが、
これまで、実際に、このセッションを受けられて、
ハイアーセルフに出会えなかった方はありません。

これをお読みくださっている方の中に、
ハイアーセルフからアドバイスが欲しい、
ハイアーセルフとお話をしてみたいという方がありましたら、
まずは、そうしたいと思うお気持ちを
大切にしていただければと思います。

最初から無理だとあきらめてしまったり、
何度か試してダメだったからといって、放棄したりしなければ、
ハイアーセルフは、きっと望みがかなうように、
導いてくれるでしょう。

その方のハイアーセルフは、必ず存在しています。

私たちは、だれでも例外なく、
難なくハイアーセルフとコンタクトを取れるようになり、
いずれは、ハイアーセルフそのものとなって、
高い次元の境地で日常を過ごすようになるでしょう。

そうなったとしたら、後悔も心残りもなくなり、
どれほど平和な心持ちで毎日を過ごせるようになるでしょうか?

想像してみただけで、何か嬉しくなり、
そうなる日が来るのが楽しみになりませんか?


タグ:| ハイアーセルフ |

話を聴いてもらうことで、心が癒される

2018年04月28日

昨日、NHKのドキュメンタリー番組で、
蒲田にある法律相談所と、
そこに訪れた人々が紹介されていました。

さまざまな問題を抱えた人々が、30分間、無料で、
専門の弁護士さんからアドバイスをいただくしくみのようです。

場所が法律相談所ですので、ご想像のとおり、
番組スタッフからの取材を拒否される方がほとんどでした。

まれにインタビューに応じられる方もあったのですが、
深刻な問題や厄介な出来事、理不尽な仕打ちなどが次々と出てきて、
見ていて、どんどん気分が重くなっていきました。

セクハラ、リストラ、強制退去、採用取り消し…
生活が脅かされる大変なことばかりで、胸が痛みます。

画面では、顔の表情も体の動きも沈鬱で、
困惑、落胆、絶望、怒りが滲み出ていました。

そんな中で、印象に残ったのは、
「話を聴いてもらえたことで、少しすっきりした」
という感想です。

相談を終えて、部屋から出てこられた何人かの方は、

「解決はしなかったけれど…」
「争って勝てる見込みはないとわかったけれど…」

と言いつつも、「全て打ち明けて、思っていることを全部言えて、
それは良かった」と答えておられました。

もしもこの言葉がなかったら、
出口の全く見えない暗闇ばかりという感じで
番組が終わっていたと思うのですが、
心からほっとしました。

誰かに自分の話を聴いてもらうということは、
日常、あまりにも普通のことですが、

いつでも、どんな内容でも、無条件に話を聴いてもらうことが
本当に出来るでしょうか?

言ってもわかってもらえない、
どうしても言いにくい、言葉には出来ないこともあるでしょう。

打ち明けた後の、相手との人間関係も気になるところです。

法律相談所を訪れた方の中には、さまざまな事情から、
誰にも相談することが出来ず、心理的に追い詰められ、
途方に暮れておられることが
リアルに伝わってくる方がありました。

相談をするビフォーアフターで、その方の様子には、
微妙な変化が見て取れました。

話をすると、心が外へ向きます。

そして、不思議なことに、思いを言葉にしていくことによって、
自分の気持ちや考えが、よりはっきりしてきます。

この外側への解放と内側への気付きが、同時に起こると共に、
聴き手から伝わってくる共感や、理解のまなざし、
肯定のうなづきなどがあるならば、さらに心が落ち着いて、
心のゆとりや明晰さを取り戻せるようになるでしょう。

話をすることは、ありふれているように思われながらも、
実はそうではないからこそ、昔も今も、
カウンセリングや傾聴が求められるのだと思います。

ただ受容的にお話を聴いてもらうだけで、
その方に元々具わっているリソース、たとえば思考力や判断力、
問題を解決に導く知識や経験力などが動き始めて、
ご自分の力で、一歩を踏み出せるようになります。

ご自分の内なる知恵や経験値、発想力などを発揮するには、
一人で悩み続け、頭の中でぐるぐると考え続けるのではなく、
人に話してみるということが、たいへん役立ちます。

失意や落胆の中で生じてしまっている思考の偏りや歪みが分かり、
見落としてしまっている視点や切り口にも気付けたら良いですね。

身近なところに、話を聴いてくれる相手や、
話をしても大丈夫と思える相手が見つからなかったら、
まずは「傾聴」セッションにお越しいただければと思います。

カウンセリングというと、心の不調や病のイメージがあるかもしれません。

けれども、ただお話をお聴きする傾聴でしたら、
気楽なお気持ちで、利用していただけると思います。

また、個人情報は明かさずに、お話したいことを自由に話せる
傾聴グループワークもあります。

インターネット上で行われ、
その都度参加メンバーが変わるオープンな集まりですので、
ご自分の映像を出さず、誰にも知られることなくご参加いただけます。

安全な場を作るために、批判やアドバイスをしない、
そこで聴いた話は絶対に外へ漏らさないなどの
幾つかのルールに沿って進めています。

傾聴にご興味のある方は、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

傾聴、傾聴ヒーリング、傾聴グループワーク


タグ:| ヒーリングタイム, 傾聴ヒーリング |

アルコール依存と心の深層

2018年04月26日

有名なアイドルの事件のニュースを聞いて、
驚くと共に、いろいろなことを考えさせられました。

アルコール依存の問題があったという報道もあるようです。

何かの依存症や中毒、嗜癖は、その背景に、
途方もない問題が潜んでいることがあります。

ご本人が意識されていない負の感情、シャドウ、トラウマなど。

たとえばお酒を飲みたくなくなるような暗示をかけるばかりでは、
残念ながら、そうした問題の本質が癒されることはないでしょう。

以前、セッションルームにお越しになったあるクライアントの方も、
心の深層と向かい合うことがどうしても出来ず、
苦しく、難しい状態が続いておられました。

本当は、少しずつ、ゆっくりと心をほぐして、
心の深層にひそむ感情と向かい合えたら良いのですが、
いつでも、どなたでも、
簡単にそれを行えるものではないことは、
私もよく理解しています。

(今は)背負いきれない重荷、
(今は)とうてい直視できない苦しみ…というものは、
あるのです。

難しい局面でも、その方ご自身が、
何とか立ち直ろうというお気持ちを持てるようになられると、
変容は、少しずつ起こり始めることになります。

そうなるために、セラピストがお手伝いするツールの一つが、
ヒーリングです。

その方本来の生命エネルギーを活性化し、
自己治癒力を高めるヒーリングは、
傷付いた心の癒しと気付きを楽に受け取っていかれるように、
穏やかに、かつパワフルに促します。

ヒプノセラピーにも、幾つかのアプローチがあります。

サブパーソナリティ(副人格) 、ハイアーセルフ、
あるいは多次元セラピーによる退行療法などです。

サブパーソナリティについて、
下記のさくらブログのほうに投稿しましたので、
ご興味のある方は、ぜひお読みいただければと思います。

お酒をやめられない背景に何が?


タグ:, | ヒーリングタイム |



ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー