神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

ヒプノセラピストになる アイデンティティーと意図

2019年04月08日

ヒプノセラピーのプロ養成スクール、
その「ベーシックコース」では、催眠暗示誘導の実習があります。

実習と云っても、時間をかけて準備したうえで、
誘導を見せていただき、それに対してこちらから評価を与えるといった、
厳しいものではありません。

ベーシックコースは、これからヒプノセラピーを学ぼうとする初心者の方が
ヒプノセラピーの真髄に触れ理解を深めるためのコース。

そもそも暗示誘導では、何が大切なのか?
催眠誘導をスムースに行うための工夫やコツは何か?
…などについて、
実際に少しだけ体験していただき、感触をつかむ機会です。

先日、お手本として、まず私が誘導をしてみたところ、
受講生の方から、「さすがプロですね~」と言われました。

長年続けているのですから、当然、それなりのことは出来るわけですが、
その瞬間、あることを思い出しました。

それは、まだヒプノセラピーのスクールに通って学んでいた頃、
ある日、受講生が一人ずつ催眠誘導のシナリオを読み、
先生が批評されるということが行われました。

3~4人の少人数で、順番があとの方に回ってきて、
シナリオの暗示文を目で追いながら、読んでいきました。

そして、どんな言葉かは忘れてしまったのですが、
声や発音、読み方などについて、
いろいろと厳しい指摘を受けました。

他の受講生の方は、ほめられていたので、
自分はヒプノセラピストには向いていないのではないか…と、
少しばかり落胆してしまいました。

ところが、その数年後に、私はヒプノセラピストとしての仕事を始め、
催眠誘導で苦労したり、ストレスを感じたりすることはなく、
あるいはクレームを頂戴したりすることもなく、
現在に至っています。

むしろ聴いていて気持ちが良かった…とか、癒される声ですね…とか、
クライアントの方からほめていただくこともありました。

A. スクールで良い評価を受けられず、資質に欠けるかもと思ったことと、
B. 開業後に問題なくここまできたこと

この2つについて、一体、何が違っていたのかと、
ここであらためて考えてみますと…

○ ヒプノセラピストとしてのアイデンティティー
○ 目の前にクライアントの方がおられる状況
○ 癒しのサポートをさせていただくという明確な意図

この3点があるか否かということだと思い当たります。

ヒプノセラピースクールで学んでいた当時、私は普通のサラリーマンでした。

ヒプノセラピストになれたら嬉しい…、ぜひやってみたいと思ってはいたものの、
サラリーマンとしてのアイデンティティを持ち、
目の前にクライアントがいるわけではなく、
ヒプノセラピーという手法を用いて、
どのような癒しが起こるのかを一度も経験していなかった状態です。

インターネットも動画サイトも、まだそれほど広まっていない時代のこと、
セッションの現場の空気は、想像はしてみるものの、
今ひとつリアルに感じられないのでした。

これでは、クライアントの方に対する気持ちは入りませんし、
何よりも催眠に入っていただくという意図が定まっていないことは
仕方がなかったことかも…と、今では思います。

セッションルームで、お悩みを抱えたクライアントの方と向かい合い、
どのようにセラピーを進めたらよいかを真剣に考えながらワークしていく、
その姿勢やアイデンティティーは、
サラリーマンであり、スクール受講生であった頃とは一変しました。

自分はヒプノセラピストであると自覚すること、
クライアントの方の癒しのサポートをさせていただくこと、
その意識があるとないのとでは、いろいろな面で大きな違いが生じます。

現在、何か別のお仕事を続けながら、
あるいは子育てや介護を続けながら、
ヒプノセラピーを学んでいる方に、ぜひともお伝えしたいのは、
「今」と「開業後」では、
アイデンティティーと意識の在り方が、大きく変わっていくことです。

真剣に取り組む姿勢や気持ちが生まれると、
それにつれて、今まで眠っていた資質や才能が目覚め、
ご自分でも驚くような変容を遂げる可能性があると思います。

ですので、スクールの実習や練習セッションで、
今一つ、自信が持てなかったり、思うように進まなかったりしても、
落胆しないでいただきたいのです。

練習と本番は、違うのです。
プロとしてセッションをしてみないと、わからないことがあります。

あきらめることなく実践を続け、経験を積み重ねていかれたら、
その後に何が起こり、どんなことになっていくかは、
周囲の誰にも予測がつかないことでしょう。

まだ何もしていないうちに、早々に見切りをつけたりしないで、
周りからの反対や批評にも惑わされず、低い自己評価をすることなく、
プロとしての一歩を、どうぞ踏み出していただければと思います。

プロのヒプノセラピストとなれば、振り返りや内省、向上心や努力などは、
全て自己責任となる厳しさがあるわけですが、
何もしないうちにあきらめるほど残念なことは無いのです。

プロのヒプノセラピストになりたいあなたを
入門から開業までサポートする ヒプノセラピーマスターコース


この記事にコメントする

 



ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー