神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

心を苦しめるもの2 有害で無益な思考を手放すために

2016年03月31日

数ある人生の苦しみの中から、
ここでは妄想による苦しみについて考えてきました。

有害で無益な思考を手放すために1 はこちら

妄想が、妄想に過ぎないということは、
おそらく多くの方が気付けることだと思います。

気付くことが出来たならば、あとは手放すのみ…なのですが… … 

今、何が起こっているのか?
これからどうなっていくのか?
わからないことを考え続ける時、そこに浮かんでくるのは、
悲観、そして期待というキーワード。

想像が、否定的な方向にどんどん向かっていき、
自分で自分の首を絞めることとなってしまうのが、怖れと悲観です。

こうあって欲しいという特定の結果に対する執着を捨てられず、
無意識のうちにそうなることを期待して、
果たしてそうなっているのか、それともいないのかと
考え続けてしまうこともあります。

それは、まるで現実と戦っているような状態です。

現実に起こることには、人間の力の及ばないこともたくさんありますし、
多くの人々の想念や感情や欲がからんでいることもあります。

ですから、現実との戦いは、勝ち目のない戦いということになります。

勝ち目のない戦いを止められないとしたら、どれほど消耗し、
気力、体力、生命エネルギーを奪われてしまうことになるか…。

勝ち目のない現実との戦いは、お勧め出来ません。

人生の時間は、もっと有意義で楽しいことに使ったほうが良いのです。

戦わないための秘訣は、言葉で言うと簡単に聞こえてしまいますが、
あきらめること、手放すことです。

人生には、ままならないことがある…というよりも、
生きて経験することの大部分は、思うようにいかないこと、
仕方がないことであるといっても良いでしょう。

ところが、挫折や逆境をほとんど経験したことがなかったり、
実際には挫折していても認めていなかったり…という場合、
もしかすると、思ったとおりになるはずという幻想と期待を
持ち続けているかもしれません。

「人生とは、思うようにいかないものだ」と割り切ってしまうことは、
心と体を苦しめることから解放するために役立つのではないでしょうか?

私は若い頃のある時期、何もかも思うようにいかず、
絶望しかけたことがありました。

シモーヌ・ヴェイユを読み、人生は苦であったのかと考えてみると、
逆説的ではありますが、苦のどん底から見上げた世界には、
わずかに明るさの片鱗が見られ、幾分慰められた記憶があります。

どうしてもあきらめきれないという思いは、
特に執着が強いわけではない方にも、起こる場合があります。

それは、その方にとって、
ほかのものとは一線を画す重要な事柄である場合です。

ほかのことはどうなったとしても、あきらめがつくけれども、
こればかりは譲れないということです。

これはたいへん深刻な事態を生み出してしまいます。

考え方を変えてみたり、先人の教えをひも解いたりしてみても、
その方のパーソナルな信念や価値観、矜持に関わることですので、
解放のヒントは得られないかもしれません。

私は、個人セッションにお越しの方が、このようなテーマをお持ちの場合は、
あくまでもその方にご希望に応じてということになりますが、
なぜそこを手放せないのか? なぜそこまで重要なのか、探求をしていきます。

なぜならば、それほど強い思いや感情には、
かならず背景に何かが存在しており、
多くの場合、その方が意識していない原因や理由が隠されているためです。

それは、パーソナリティや親御さんとの関係に関わる場合もありますし、
トラウマや胎児期の体験に関わる場合もあり、
もっと次元の異なるトランスパーソナルな理由による場合もあります。

原因探しが目的なのではありません。

起源となり立ちを理解することから、解放のプロセスが始まるためです。

場合によっては、こうなった起源に立ち戻り、深いレベルで探求し、
核心となる要素を明らかにすることを好まない場合もあるでしょう。

そのような場合には、直接、その起源には触れない形のセラピーを
選択していただくことが出来ます。

思考は、思い癖という言葉があるように、勢いがついて、何度も繰り返され、
パターンとなっていくことがありますので、
ご本人の内省や気付きが十分に深く、シフトへの意図が明確であったとしても、
なかなか手放せないことがあるのです。

解放のためのセラピーやワークをするとしないとにかかわらず、
(日常生活の)顕在意識の部分では、
ご自分を苦しめるようなことは止めると決意すること、
現実と戦うことは無益であると理解していただくことは、
必要であり、役立つことです。

さて、ここまで書いてきたこととは一見、矛盾するようですが、
別の観点から妄想の苦しみを眺めてみるならば、
実は、人間には、心ゆくまで苦しみの中に居続ける権利があります。

苦しむ権利とはおかしなことだと感じられるかもしれませんが、
私たちは、この人生の時間をどのように生きるかについて、
いつでも自由に選択することが許されているのです。

今、苦しみを味わい、苦しみの中に浸り、居続けたいのであれば、
それはそれで良いでしょう。

苦しみを体験することからしか受け取れない気付きと変容があるでしょう。

けれども、それは、自由があると分かったうえでの
自覚的で能動的な選択であって欲しいと思います。

被害者や犠牲者として、為す術もなく苦しみに浸り続けるのは
何も良いものをもたらしません。

セルフヒーリングの力と生命エネルギーは、
どんな方にも具わっているものです。

ご自分を楽にしてくれる思考や、幸せな気持ちになれる心の姿勢を
いずれきっと選択されていくことでしょう。

苦しみそのもののパワーが、その方に与えるダメージよりも、
苦しみにまつわる思考と妄想の猛毒が、
人生を打ちのめし、健やかさを損ない、前に進むことを圧倒していることに
気付いていたいものです。

ヒプノセラピーで心を癒す NLPなど各種心理療法による妄想解放のサポート


タグ: , , ,

コメント

  1. 心を苦しめるもの 有害で無益な思考を手放すために | 心の癒し 神奈川 藤沢 スカイプ

    […] 有害で無益な思考を手放すために2 に続きます… […]

コメントはこちら


※公開されません





ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー