神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

現在が変わると過去も変わる 現在と未来を癒すヒプノセラピー

2015年11月22日

現在が変わると、未来が変わる…ということを
聞いたことはないでしょうか?

未来は宿命や運命のようなものではなく、
選択することが可能であるという考え方を採るならば、
まだ何も起こっていない未来には、
無数の可能性が在ることになります。

現在の考え方や感情、選択が、
そのあとにやってくる未来を決定していく…
ということになるのです。

今、落ち込んで、投げやりになっていたり、
悲しみに沈んで鬱々としていると、未来も同じような日々となり、
そのままでは、ただそれが続いていくことになるでしょう。

ところが、どこかで気持ちを切り替え、変容していく意図を持つことで
次の瞬間にやってくる未来から、少しずつ変化が起こり、
人生が好転していく流れが作られるのです。

引き寄せの法則や、同じ周波数が繰り返される
波動の法則などと呼ばれるものは、こうした視点に立つものですが、
ブームにもなり人気を集めていますので、
実践されたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

さて、未来ではなく、過去にも目を向けてみましょう。

私たちの記憶には、過去への解釈が含まれています。

辛い日々を過ごしている時は、どうしても悲観的になり、
昔から自分はこうだった…、いつもダメな自分だった…などと
考えてしまいがちです。

次から次へと嫌なことばかりが思い出され、
何も良いことはなかった人生、これからもきっとそうに違いない…
などと、健やかさに水を差すような
マイナス要素の中に落ち込んでいきます。

目を転じて周囲を見渡せば、
人々は皆、幸せそうで、恵まれている…
それに比べて自分は…と感じます。

この世界が冷たく暗い場所に思われ、
こんなところにいつまでいなくてはならないのか、
もう居たくないと思って、
破滅的な思考を持つようになるかもしれません。

ニュートラルに考えるならば、
今、悲惨な状況であっても、
人生の始まりから現在に至るまで全体を否定する必要などないのですが、
バランス感覚が失われて、全てが暗い影に覆われているかのように
感じられてしまうのです。

ところが、現在、心が穏やかで平和な心境にある場合は、
過去の不快な体験を思い出してみても、
それほど嫌な気分にはならないことに
気付かれたことはないでしょうか?

ささやかな幸せや嬉しい気持ちで人生を回想してみると、
恨みを持っていた相手にも少し寛容になれたり、
過去の失敗や挫折を受け入れ、
自分を許すことができそうな気持ちが湧いてくるのです。

現在と過去は、強く結びつき、互いに影響を及ぼし合っています。

「過去には興味がないので、退行は必要ない」
「未来を良くしたい」

セッションルームにお越しになる方の中には、
こういうご希望も幾らかはあります。

過去に戻りたくない、
あるいは戻る必要がないと感じられていることには、
その方なりの理由や必要があり、
そう望むならば、もちろん戻らなくてもかまいません。

が、現在を癒そうとする時、
過去に起源を持つ問題をそのままにしておいては、
十分な癒しと解放につながらないこともしばしばあるのです。

いつかそうする気持ちになられたら、
過去をも癒されると良いでしょう。

現在から、過去を振り返ってみて、
「いろいろなことがあったけれど、これでOK…」と、
肯定的な気持ちを持てるようになる、
それが、現在が癒されつつあることの
一つの手がかりにもなっていきます。

もしも現在、人生は失敗だった…とか、
生まれてこなければよかったのに…などと
感じられているのでしたら、
性急な結論を出すのはちょっと早過ぎます。

偏った見方や感情的な反応をして、過去を否定することは、
現在からより良い方向に向かって進むことに役立ちません。

これからやってくる未来においても、
否定的なセルフイメージに見合った否定的な出来事のパターンが
繰り返されていく可能性を高めることになってしまいます。

ヒプノセラピーのセッションの効果を
最大限上げようとする時、
せっかく時間とエネルギーとお金を使って
個人セッションにお越しになるのですから、
過去と現在、そして未来に対する無意識の判断に
少し注意を向けられることをお勧めしたいと思います。

とはいえ、落胆している時や、生き辛さがある時、
苦悩や怖れにとらわれている時などは、
明るい見通しを持つことは、
当然のことながら、困難極まりないことです。

ですので、少なくともニュートラルなところに留まる
意図を持たれると良いでしょう。

具体的には、余計なことを考えないように、
無意識に思考をさまよわせておかないこと、
体を動かしたり、五感に意識を向けてみることです。

不吉な思考や、過去に対する否定的な気分が襲ってきたら、
すぐに切り替えて散歩に出たり、ストレッチをしたり、
好きな食べものを味わい、香りを楽しみ、美しい音に耳を傾け、
視覚的に心地よいものを眺めてみましょう。

心身の癒しは、その方に具わった自己治癒力によって
気付かないところでもそのプロセスが進んでいます。

いつかさまざまな過去の出来事を思い出しても、
良いこと・楽しいこともあった、
まずまずの人生だったと感じられる時がきっとやってくるでしょう。

ヒプノセラピーで心を癒す もっと自分らしく 望む未来を創る


タグ: , ,

コメントはこちら


※公開されません





ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー