多次元セラピーは身体、感情、精神、魂のあらゆるレベルからはたらきかけて解放と癒しを促す新しい退行療法。原因不明の心身の不調がある時、その起源に退行して探求し癒すことができる斬新な手法です。神奈川 藤沢 スカイプ

多次元セラピー 退行療法 で 心を癒す
  多次元セラピーによる前世療法・トランスパーソナルな探求・ヒプノセラピーとの併用

多次元セラピーは これまでになかった新しい退行療法

ビルの光

多次元セラピーは、過去のある時点に退行する
退行療法の手法です。

オランダのハンス・テンダム博士が、長年に渡って
積み上げた豊富なセッションケースと丹念な研究の
中から編み出した手法=ハンス・テンダム・メソッド、それが多次元セラピー。
従来のヒプノセラピー・退行療法にはなかったさまざまな要素を含む、
退行療法の新しいテクニック体系です。

これまで行われてきたヒプノセラピーや退行療法では
解決が困難であったテーマや、原因のわからない問題に対しても、
緻密に探求を進めて解放と癒しを促します。

ヒプノセラピー 暗示療法… 退行療法… そして 多次元セラピー

ヒプノセラピーといえば、皆さんがすぐに連想するのは、
あがり症や対人緊張、目標・願望の達成を目指す暗示療法ではないでしょうか?

オブジェ

催眠状態に移行して、潜在意識に浸透する暗示を巧みに使うことで、
心の平和や体調の改善、お仕事の業績アップと進展など、
ご希望の課題やテーマを実現するものです。
アメリカや日本では大変人気があるメニュー(ジャンル)です。

催眠状態と潜在意識を使うアプローチの中では、
暗示療法は歴史が古く、またポピュラーなものでもあります。

近年は、傷ついた内なる子どもである
「インナーチャイルド」への関心が高まっています。
インナーチャイルドを癒すためのさまざまなワークは、
ヒプノセラピーを中心として、
ヒプノセラピー以外の通常の意識の状態で行うものも、
多数、紹介されるようになってきました。

このインナーチャイルドやインナーペアレントは、
一般的には過去へ退行しない種類のヒプノセラピーです。

それに対して、ある時は過去へ、またある時は未来へと、
時間軸を行き来するタイプのヒプノセラピーもあり、
こうしたものを 退行療法 と呼びます。

退行して戻っていく過去の時空とは、
たとえば300年前や1500年前であったり、
一昨日であったりと、さまざまです。

ヒプノセラピーには、子どもの頃や若い頃に戻っていく年齢退行、
お母さんのおなかの中に戻っていく胎児期退行、
いわゆる前世へ退行する前世療法などがあります。

退行療法の良いところは、通常の意識ではアクセスできない、
過去のある時点の出来事を、その時の思考や感覚、感情などを含めて
リアルに再体験できることでしょう。

多次元セラピーが 特に優れているのは…

通り道

潜在意識は、起きている時も、眠っている時も、
休まずにはたらいており、あらゆる出来事を蓄積する
データベースのようなものです。

意識を失っている間に起こったことや、
今では全く記憶から失われているような体験であっても、
ある種の条件はあるものの、即座にその時点へ戻って
いくことが出来るのです。

その時、本当は何が起こっていたのか、
どんなことを考え、感じていたのかが明確になり、
否定的な感情や感覚、エネルギーなどがあれば、
それを解放することが出来るのが、退行療法のメリットと言えるでしょう。

多次元セラピーでは、リアルな再体験によって出来事の詳細が分かり、
身体感覚、感情、精神、魂などあらゆる面から解放して癒すことができ、
それが他にはない多次元セラピーのアピールポイントとなっています。

魂…というと、不思議な印象を受けられるかもしれませんが、
実は 多次元セラピーは、目で見て手に触れられる物理的な世界のみならず、
魂や輪廻転生など見えない世界をもカバーする
トランスパーソナルセラピーなのです。

トランスパーソナルな退行療法である 多次元セラピー には、
年齢退行、胎児期退行、前世療法などのあらゆる退行のほか、
インナーチャイルドワーク、ハイアーセルフなどの手法が含まれています。

名称そのものは、従来のヒプノセラピーや退行療法と同じですが、
ハンス・テンダム・メソッドに基づく工夫と知恵が凝縮され、
オリジナリティに満ちた斬新な手法であることは、
先述しましたとおりです。

多次元セラピーでは、問題やその方のテーマに沿って、
癒しと解放に役立つ時空へと、自由自在に移動していきます。

訪れる過去の時空(時点)は一つとは限りません。
多次元セラピーでは、シナリオに基づくシンプルな誘導ではなく、
多次元に渡る幾つものイメージ世界を巡り、
問題の核心が明らかとなるまで、
必要に応じてどこまでも探求を続けていきます。

多次元セラピーならではの 「憑依」 という考え方

樹の影

多次元セラピーならではの斬新な手法の一つに、
問題を「憑依」として扱うセラピーがあります。

多次元セラピーの「憑依」とは、
その方に属していない何らかのエネルギーが、
否定的な影響を及ぼしている状態です。

身近にあるケースを見ると、たとえば職場でライバル関係に
ある同僚や、別れた妻・夫、亡くなった恋人、
依存的な親族などの感情エネルギー(憎しみや恨み、敵対心、執着など)が、
心身の不調を引き起こしていたり、気分を鬱々とさせていたり
することがあります。

医学的な検査を受けても、特に問題点が見当たらない場合、
こうしたエネルギー的な側面から、潜在意識を探求していくと、
思いもよらない人物(の感情)が特定できることがあるのです。

多次元セラピーでは、まずその不調や鬱々とした気分が、
いったいどこからやってくるのか、
何が原因となって起こっているのかを調べ、
そうなった最初の時点へと退行していきます。

その際、その方に属していないそれらの投影されたエネルギー体の、
動機や目的、理由などを探り、十分に癒すことで、
二度と影響を与えないようにして解放を促します。

荒唐無稽の話だと感じられるかもしれませんが、
実際にセッションをさせていただいていると、
おそらく皆さんが想像しているよりも多くのケースで、
こうしたことが起こっていることが分かります。

憑依という現象が現実にあるのか否かということはさておき
心理療法のテクニックとして、問題やお悩みの原因を外在化して
ワークすることができるようにする優れた手法です。

> 多次元セラピーの憑依って何?


実際のセッションで使われる多次元セラピー  ヒプノセラピーとの比較

橋

定型的なシナリオに沿って進めていく
従来のヒプノセラピーや退行療法は、多次元セラピーに比べると
幾分穏やかでゆったりとした進め方となります。
ヒプノセラピーを何度か体験なさっている方にとっては、
安心感があり、なじみ深い感覚を持たれることでしょう。

それに対して多次元セラピーでは、
基本的にはあらかじめ決められている誘導の道筋がありませんので、
柔軟性に富み、その瞬間に潜在意識から現れるイメージを追いかけて、
アグレッシブに探求を続けていくスタイルとなります。

その方の問題が深刻であったり、原因不明であったり、
厄介なものであるほど、その特長がいかんなく発揮されると
いってもよいでしょう。

起源に戻って何が起こったのかを理解し、
その時点での感情、感覚、思考などをしっかりと再体験すると、
その間は、過去の辛さが再現されて耐え難く感じられるかもしれませんが、
その後に及ぶ否定的な影響からは解放されやすくなり、
癒しのプロセスが促されていきます。

辛すぎるトラウマ体験があり、
その辛かった過去には戻りたくない…という場合には、
退行療法以外のヒプノセラピーをお勧め致します。

私どもは、日本に初めて多次元セラピーが紹介された
2006年より個人セッションで使い始め、
2010年4月には、多次元セラピスト養成講座を
第一期生として修了致しました。

ヒプノセラピーのセッションのほかに、
多次元セラピーを部分的に取り入れたヒプノセラピー、
そして多次元セラピー(のみ)のセッション、多次元セラピーによる前世療法、
多次元セラピーによるインナーチャイルドなど、
ご希望と状況に応じて、さまざまな使い方のセッションを
させていただいております。

多次元セラピープロ養成スクール

空の城

この新しい退行療法を多くの方々の癒しに役立てていただく
ことを願い、多次元セラピーをオリジナルに忠実に
お伝えする 多次元セラピープロ養成スクール
開講しております。

多次元セラピーは、定型的なシナリオが無いため、
その方の言葉をよく聴いて次の展開につなげていく、
いわば即興演奏のようなスタイルです。

従来のヒプノセラピーに比べて
難易度が高いと感じられるかもしませんが、
既にプロとして開業なさっている方が、ご自分の得意なセラピーに
多次元セラピーの新しい要素を付け加え、
癒しのサポートのさらなる進化を目指す方々にも
お越しいただいております。

その中には、精神科のドクター、看護師、整体師、
カイロプラクター、アロマセラピスト、ヒーラー、
透視リーダーなどのお仕事の方々がおられ、
医療、代替医療、ヒーリングなどに取り入れられ、
ご活用いただいております。

多次元セラピーを学ぶ「多次元セラピー上級コース」は、
ヒプノセラピーを既に習得なさっている方を対象としています。

その意味するところは、多次元セラピーの中には、
基本的な催眠誘導や基礎知識、技術などが
含まれていないということです。

ヒプノセラピーをご存じない場合、催眠誘導などの予備知識なく
多次元セラピーを学ばれるのは、おそらく困難と感じられるでしょう。

プロのヒプノセラピスト、多次元セラピストとして開業を目指す場合は、
ベーシック・コースからアドバンス・コースへ進み、
その後に上級コースへ進まれることをお勧めしております。

そうではなく、既に別の種類のセラピー、ヒーリング、
代替療法をなさっており、そこに多次元セラピーの要素を
加えて使うことを目指す場合には、
「多次元セラピー上級コース」のみを受講いただくことが出来ます。

> 多次元セラピー プロ養成スクールの詳細


多次元セラピーをいっそう深く学び、実践し合う機会として、
多次元セラピーのスクールを修了なさった方を対象とする
「多次元セラピー研究会」を、2011年より 開催しております。

多次元セラピー研究会では、交換セッション、研究セッション、
ケース分析、スクールに含まれていない要素のレクチャー、
ハンス・テンダム博士の著書の購読などを行い、開業を目指す方々を
継続的にサポート致します。

多次元セラピーを使った前世療法

古城入口

多次元セラピーは退行療法ですので、
いわゆる前世・過去生へ退行して癒す前世療法の手法を
メインとしています。

退行する前世・過去生が、どのような転生であったのかに
応じて、異なる癒しの方法を選んで用いる点が、
一般的な前世療法とは異なるところでしょう。

たとえば、深刻なトラウマのあった前世、
トラウマ的な死を体験した前世、何も起こらず退屈過ぎて、
生き生きとした感情が喪失され、自我が死んでいくような前世、
あるいは強烈なカルマを生んだ前世などです。

ここに挙げた前世は、否定的な感情、思考、感覚が強烈に残存し、
それが現在に否定的な影響を及ぼしていることが少なくありません。

今生、過去を振り返ってみても、思い当たることは何もないのに、
なぜか独特の感覚や思考が、折に触れ自覚されるというような場合です。

特定のものに対する恐怖症や、身体の不調、痛み、
しびれ、違和感なども、多次元セラピーを使って探求してみると、
前世・過去生にその起源がある場合がよくあるのです。

多次元セラピーには、従来の前世療法には無かった
エネルギーを扱うワークや擬人化などが含まれています。

これまでの前世療法に満足できなかった場合や、
改善できなかった問題が残っている場合などに、
一度お試しいただいてはいかがでしょうか?

> 多次元セラピーによる前世療法と従来の前世療法の違い


多次元セラピーによるインナーチャイルドの癒し と ハイアーセルフ

風見鶏

多次元セラピーに含まれるインナーチャイルドは、
よく知られているインナーチャイルドとは異なる手法です。

インナーチャイルドに会いに行って癒すだけではなく、
いつ、どこで、どのようにしてチャイルドが傷ついてしまったのか、
その時点まで退行して探求していきます。

その時、どんなことが起こっていたのか、
そのチャイルドは、どのような体験をし、何を感じ、
何を考え決断したのか、細かいところまでを明確にしていきます。

そしてその時点でのチャイルドをしっかりと癒して解放します。

問題が起こった過去の時点へ退行するのは、
従来のヒプノセラピーの種類(メニュー)では、
インナーチャイルドというよりも、年齢退行に近い手法となるでしょう。

現在のその方の中にいて、傷つき、
助けを求めているインナーチャイルドを癒すだけでなく、
問題の起源に戻り、その時点におけるインナーチャイルドを、
心、精神、感情、身体などあらゆる面から癒しますので、
効果が高い手法です。

多次元セラピーによるハイアーセルフのセッションも、
一般的なヒプノセラピーにある手法とは異なっています。

ご興味のある方は、多次元セラピーについて、
さらに詳しくご紹介しているホームページを
ご覧いただければと思います。

http://hypnotherapy8.net/  多次元セラピー 退行療法 専門サイト


多次元セラピーの個人セッション

カリヨン

多次元セラピーの個人セッションは、
ヒプノセラピーと同じようにご予約いただけます。

対面セッションのほか、スカイプ、ハングアウトのセッションも
させていただいております。

セッションの流れ、セッション料金と時間などは、
ヒプノセラピーと同じです。
下記の3種類の中から、その方のご希望や状況に応じて、
ご相談しながら選びます。

アイコン 多次元セラピー(のみを使った)セッション

アイコン ヒプノセラピーに、多次元セラピーを取り入れたセッション

アイコン ヒプノセラピーのセッション



こんな時に、多次元セラピー をお勧め致します…

草原のベンチ

◇ 原因のわからない心身の不調がある

◇ 慢性的な痛みやしびれ、違和感などがある

◇ 体調不良が続いているが、医学的な検査では異常がない

◇ 怒り、不安、怖れ、淋しさなどコントロールできない感情

◇ 繰り返し浮かんでくる想念があり穏やかでいられない

◇ 自分が自分でないような気がする

◇ 常に疲労感がある

◇ 現在の苦境や試練の意味を探求したい

◇ ヒプノセラピーでは改善しなかったお悩みがある

◇ やる気が出ない、無気力

青空への架け橋

◇ 自己価値、自尊心を持ちにくい

◇ 目標や願望の達成を阻むブロックを解放したい

◇ 人生の目的や魂の計画をもっと詳しく探求したい

◇ 生き生きとした生命エネルギーを取り戻したい

◇ インナーチャイルドをもっとよく知り、退行して癒したい

◇ 胎児期のトラウマを癒したい

◇ バーストラウマを癒したい    …etc.


ほんものの多次元セラピーを 数多くの皆さまに…

多次元セラピーは、比較的新しい退行療法であり、
ハンス・テンダム博士が主宰するTassoから
デイプロマを受けた国内の有資格者は、
2014年9月の時点で、わずか10人にも満たない状況です。

13か月間に渡る多次元セラピスト養成のロングコースを修了し、
ハンス・テンダム博士から資格認定を受けている者は、
多次元セラピーの基本要素をお伝えするスクールを開講する
許可を与えられています。

また資格認定者は、ヨーロッパを中心とする
退行療法・前世療法の研究団体である EARTh に
プロフェッショナルメンバーとして参加しています。

多次元セラピーと銘打っていながら、
内容はオリジナルの手法とは大きくかけ離れているものや、
多次元セラピーとは似て非なる紛らわしい名称には注意下さい。


多次元セラピー FAQ よくあるご質問

多次元セラピーは、日本に紹介されて間もない新しい退行療法です。
多次元セラピーを正しくご理解いただき、
癒しのサポートに役立て活用して頂けるように、
皆さまからよくいただくご質問を紹介致します。

ライン

アイコン Q 1. ヒプノセラピーは体験したことがあるのですが、
  多次元セラピーのセッションは初めてです。
  ヒプノセラピーと同じような感じで受けられるのでしょうか?


アイコン Q 2. ヒプノセラピーと多次元セラピー、どちらにしたらよいか
  迷っています。


アイコン Q 3. 多次元セラピーは、ヒプノセラピーに比べて効果が高いのですか?


アイコン Q 4.  憑依って何ですか? 憑依しているものを解放できるって本当ですか?


アイコン Q 5. スカイプを使って多次元セラピーのセッションをしたいのですが、
  対面の時と比べて効果に違いはあるでしょうか?


アイコン Q 6. 前世療法に興味があります。普通の前世療法と、
  多次元セラピーを使った前世療法は違うということですが、
  どんなところが異なるのでしょうか?


アイコン Q 7. 多次元セラピーは、問題解決力が高いと聞いています。
  副作用や好転反応が出ることはないでしょうか?



     F A Q

アイコン Q 1. ヒプノセラピーは体験したことがあるのですが、
  多次元セラピーのセッションは初めてです。ヒプノセラピーと
  同じような感じで受けられるのでしょうか?

A1. ヒプノセラピーも、多次元セラピーも、催眠状態となって
  潜在意識にアクセスするという点は共通です。
  ヒプノセラピーの中には、過去に戻らない(退行しない)タイプの
  セッションが含まれていますが、多次元セラピーは退行療法ですので、
  過去の時点に戻っていきます。

  実際の多次元セラピーのセッションでは、ヒプノセラピーと同様に、
  言葉による誘導を聞きながら、潜在意識から現れる、その方に
  必要なイメージを受け取り、その時の本当の想いに触れて解放し、
  気付きを受け取り、癒しを促します。

  ヒプノセラピーでは、胎児期に戻る胎児期退行、幼少期に戻る年齢退行
  など、退行する時点を限定して退行することがよくありますが、
  多次元セラピーでは、どの時点に戻っていくのか(たとえば胎児期、
  幼少期、10年前、あるいは前世・過去生など) 限定しない場合があります。
  探求と癒しに必要なところならば、どの時点であれ、その方に必要な
  ところへ退行していくのです。

  また多次元セラピーは、通常のヒプノセラピーの退行と比べると、
  戻っていく過去の時点が複数に渡ることがあります。
  一つの過去を訪れたのち、再び現在に戻ってくるというシンプルな
  スタイルではなく、より複雑で動きが多いのが、多次元セラピーの特長です。
  癒しと解放に必要な時空を自在に行き来することで、
  深いカタルシスを目指します。

アイコン Q 2. ヒプノセラピーと多次元セラピー、どちらにしたらよいか迷っています。

A2. ヒプノセラピーと多次元セラピー、どちらにしようか迷って
  いらっしゃる場合は、セッション当日、事前カウンセリングの際、
  ご相談しながら選ぶことが出来ますのでご安心下さい。
  私どもは、ヒプノセラピーのセッション、多次元セラピーのセッション、
  ヒプノセラピーに多次元セラピーを取り入れたセッションをしております。
  その方のテーマや状況によって、多次元セラピーのほうが適している場合と、
  ヒプノセラピーのほうが適している場合がございます。
  ご納得いただけるまでご質問にお答えし、ご希望に応じて
  選んでいただくことが出来ます。


アイコン Q 3. 多次元セラピーは、ヒプノセラピーに比べて効果が高いのですか?

A3. 多次元セラピーは、問題やお悩みの起源に退行し、その時何が
  起こっていたのかについて、細部に渡って探求しながら、
  明らかにしていきます。その詳細な探求は、従来のヒプノセラピーには
  なかった要素です。また多次元セラピーは、魂、輪廻転生、
  カルマなどをカバーするトランスパーソナルセラピーです。
  このような領域やテーマに関する探求もまた、従来のヒプノセラピーでは
  あまり扱わない部分を含むと言えるかもしれません。
  多次元セラピーでは、魂、感情、精神、身体などあらゆるレベルから癒し、
  深いカタルシスを目指します。
  これまでのヒプノセラピーにはない斬新な手法や概念を多数備え、
  原因のわからない問題にも対応することが出来るのも、
  多次元セラピーの優れた特長です。

  多次元セラピー、ヒプノセラピーには、それぞれ優れた面があり、
  またその方のパーソナリティや世界観、問題やお悩みによっても、
  どちらが向いているか一概には言えないところがあります。
  それぞれの優れた要素を上手に使い分けていかれることを
  お勧めしております。


アイコン Q 4. 憑依って何ですか? 憑依しているものが解放できるって本当ですか?

A4. 多次元セラピーにおける憑依とは、その方に属していない
  何らかのエネルギーが、否定的な影響を及ぼしている状態です。
  身近な例で言うと、心身の状態がよくない同僚と机を並べて
  仕事をしている人が、突然、気分が滅入り体調不良となるような場合、
  同僚のエネルギーがその方の中に入り込みネガティブな状態を
  引き起こしていると捉え、その同僚のエネルギーを憑依と考えて
  ワークしていきます。憑依現象というものが存在するか否かは
  さておき、問題の原因を外在化することによって、客観的に向かい合い
  背景を探ることが出来るようになるのです。
  なぜ同僚のエネルギーが入り込んでしまったのか、影響を受けて
  しまったのかを探求して解放できる巧みな手法と言えるでしょう。


アイコン Q 5. スカイプを使って多次元セラピーのセッションをしたい
  のですが、対面の時と比べて効果に違いはあるでしょうか?

A5. 多次元セラピーは、スカイプ、ハングアウトなどを用いて
  ご自宅で受けていただくことが可能です。セッションをなさる
  ご自宅の環境が、静かで落ち着けるものであれば、特に問題は
  ありません。セッションの効果についても、対面とスカイプでの違いは
  ほとんど無いと言ってよいでしょう。
  実は多次元セラピーは、ヒプノセラピーよりも幾らか浅い催眠状態を
  使うことが多いのです。従って深い催眠に入りにくい方であっても、
  それほど神経質にならずにお気軽に体験していただけることと思います。


アイコン Q 6. 前世療法に興味があります。普通の前世療法と、
  多次元セラピーを使った前世療法は違うということですが、
  どんなところが異なるのでしょうか?

A6. 多次元セラピーによる前世療法のアピールポイントとしては、
  前世・過去生を体験する際に詳細な部分にまで踏み込むこと、
  感情だけでなく、精神、身体感覚、そして魂などのあらゆるレベルから
  癒していくこと、問題やお悩みがある場合は、解決のヒントを求めて、
  一つの過去だけでなく、複数の過去の時点に自在に退行していくこと
  などが挙げられます。従来の前世療法は、多次元セラピーに比べますと、
  より穏やかでゆったりとした進め方となるでしょう。


アイコン Q 7. 多次元セラピーは、問題解決力が高いと聞いています。
  副作用や好転反応が出ることはないでしょうか?

A7. 皆さまからお問い合わせをいただくことの多いご質問です。
  基本的には、ヒプノセラピーも多次元セラピーも、催眠状態で
  潜在意識にアクセスして癒すセラピーです。
  潜在意識は、その方が、その時点で受け入れられないイメージを
  現すことは、通常、ありません。他のさまざまな代替療法に比べて、
  ヒプノセラピー、多次元セラピーが安全であると言われる所以です。
  多次元セラピーでは、深いレベルでの癒しを目指すために、
  出来事の詳細を明らかにしていきます。
  セラピーのプロセスにおいて、より広範囲に渡る退行と緻密な探求を
  必要とします。こうしたダイナミックな時点間の移動は、その方によっては、
  エネルギーをより多く使うものとなる可能性があります。
  とはいえ、これまでに深刻な好転反応や副作用が起こったことはなく、
  ご心配いただく必要はございません。
  私どもは、個人セッションにおいて、事前カウンセリングを終えた後、
  催眠状態に入ってからは、最長2時間までとさせていただいております。
  多次元セラピーでもヒプノセラピーでも、イメージを受け取り
  追いかけていく際、およそ2時間を超過しますと集中力が途切れ、
  終了後に疲労が残ることがあるためです。
  2時間を超過していなくても、その方がお疲れになった時は、
  その時点でいつでも打ち切り、通常の意識の状態に
  戻っていただくことがございます。



ライン

多次元セラピーについてのご質問、お問い合わせは、
ユニーク アイ メンタル サポート まで、
どうぞお気軽にお知らせ下さい。

多次元セラピーについて、さらに詳しい情報は、
多次元セラピー 退行療法 専門サイト をご覧いただければと思います。



> よくあるご質問





> HOME

ユニーク アイ
 メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット
hypnotherapy8.net

前世療法・過去生セラピー
心の癒しと探求ナビ

前世療法・過去生セラピーは、この人生の目的、ソウルメイト、試練や障害の意味、家族の絆などの探求、前世から持ち越している否定的な影響の解放にお勧めです。

多次元セラピー・退行療法

多次元セラピー は、ハンス・テンダム博士が伝えた問題解決力の高い斬新な退行療法=多次元トランスパーソナルセラピー。身体感情、思考のあらゆる面からアプローチ、原因不明の心身の不調がある時にもお勧めです。

カウンセリングで心をほぐす

心に寄り添い心の声をお聴きするホリスティックカウンセリング 。安全な空間にてお話しになりたいことをゆっくりとお話しいただけます。

ライフレビュー・回想法

人生を振り返り自由に語る穏やかなライフレビューです。過去の未完了の出来事を退行することなく完了させ、ご自分らしさを発見。気持ちの整理をつけたい時などにお勧めです。

レイキ・ヒーリング

宇宙高次元の癒しと調和の波動=レイキによるエネルギーヒーリング。臼井レイキの二大系統から日常に役立つワークをバランスよく取り入れた現在霊気法をお伝えしております。

↑ PAGE TOP

アイコン