神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

自分が自分らしくいられない 1. 親子の関係から

2017年09月01日

自分が自分らしくいられない…というのは、
大きな苦しみです。

生きている今という時間、ここにいる自分という存在の実感が薄く、
周囲の人々も、リアルなのにリアルに感じられない…

何となく毎日を過ごしていても、感情が動かず、
楽しさや嬉しさがあまり感じられない…

何のために生きているのか、わからない…

そんな状況に気付かれて、無気力になったり、
不安や焦りを覚えたりすることもあるでしょう。

自分が自分でいられない…というのは、当たり前のことですが、
自分らしくいられない方にしかわからない感覚です。

ですので、家族や身近な誰かに説明しようとしても、
本当の苦しみと生き辛さは、なかなか伝わらないことが多いのです。

言葉のうえでは理解してもらえても、
わかってもらえないもどかしさ。

表面的には、仕事を真面目にこなしていたり、
普通に家庭生活を送っていたり、
破綻のない人間関係を築いているように見えますので、
いっそう辛い気持ちを抱えることになるかもしれません。

自分が自分らしくいられないことの背景には、
さまざまな要因があります。

たとえば、幼少期の親子関係から、そうなってしまうことがあります。

アダルトチルドレンやインナーチャイルドといった言葉は、
今やインターネット上にもよく見受けられるようになり、
虐待、過干渉、コントロール、ネグレクトなどが、
子どもの心に深刻な影響を与えることが
知られるようになってきました。

テレビドラマでも、悪気はなくても毒になる親が
テーマとして、取り上げられています。

幼い子どもにとって、親は「全て」です。

子どもは親に愛情と愛着を抱き、
また親がいなくては、子どもは生きてはいけません。

親の言葉と行動、信念、価値観、人間観、世界観などが、
子どもが成長するプロセスで、
親子関係の中で表現され、伝わり、吸収されていくのです。

時には、はっきりとした形で、
また時には、暗黙のうちに…。

自分が自分らしく、自然に振る舞うことは、
どうやら「良いこと」ではなさそうだ…と感じた子どもは、
自分らしさを封印します。

親が、直接的に制限したり、禁止したりすることもあります。

自分が感じていることがあっても、感じていないことにしてしまうでしょう。

自然な感情の流れが阻害され、
自然に感じるはずの好き・嫌いという感情がわからなくなり、
意欲や自発性が奪われます。

生き生きとした人間らしさや個性のない、
親から見て理想的なセルフイメージの幻想を生きる場合もあれば、
子どもにとって過酷な環境の中で、
本来の自分らしさなど、とうてい表現出来ない場合もあるでしょう。

いずれも、サバイバルするために、ほかには方法が見当たらず、
そうせざるを得なかったのです。

自分らしさが抑圧、封印されている状態は、
その方が、自分を何とかして守り、
愛情や庇護をもらって生き延びようと頑張った結果と考えてもよいでしょう。

本当によく頑張ってこられたのだと思います。

けれども、大人になった今、その方は、親に依存しなくても、
生きていくことができるようになっています。

ご自分がご自分らしくいられない苦しみや辛さがあると気付かれたならば、
そこから、焦らずに癒していくことが出来ます。

親子関係に問題がある場合、残念なことですが、親子の間にある愛情が、
親子関係を癒す際の障壁となってしまうことがあります。

どんな親であっても、その方なりに、子どもを愛しているのですし、
子どもの幸せを願っています。

子どももまた、親を愛しているため、親の中に在った否定性を、
直視したり、認めたりすることを、意識的、無意識的に、
回避してしまうのです。

セッションにおいても、時にこの障壁が現れて、
親が与えた否定的な影響を明晰に見て、癒すことを阻んでしまいます。

そんな時は、人間は、誰でも、常に成長していくものだということ、
親といえども、一人の人間であることに変わりはなく、
長所と短所、強さと弱さを持ち合わせていることを
思い出して下さい。

親からの影響を脱して、その方独自の価値観や世界観、
ご自分らしさを持って生きていくことは、
親を否定し、親を裏切ることではないのです。

自分らしくいられない要因は、ほかにもありますので、
それはまた、次の機会に投稿します。

インナーチャイルド、インナーペアレントを癒す


この記事にコメントする

ヒプノセラピーをあきらめないで 小さいお子さんがいる方へ

2015年10月11日

お子さんがまた小さいうちは、
まとまったお時間を取るのが難しいものです。

けれども、小さいお子さんの子育て中こそ、
ストレスや疲労が蓄積しやすく、
ご自分の休養やリフレッシュのための時間を
取り辛いものではないでしょうか?

子育て中は、お子さんと向かい合うことによって、
幼少期の親御さんとの問題や、
過去の癒しきれていないテーマが浮上してくるということも、
よくあることです。

まだ癒されていない傷付いたインナーチャイルドが、
注目と癒しを求めて、動き始めることもあります。

時間にも追われ、お子さんを中心とした生活サイクルの中で、
心から子育てを楽しむ心境になれる日ばかりが
続くわけではありません。

こんな時、風邪や頭痛、炎症などちょっとした不調であっても、
ケアにかける時間を十分に取れず、
そのままにしてしまうこともあることでしょう。

では、心の不調やお悩みは、どうでしょうか?

鬱々とした気分や、コントロール出来ないイライラ、
怒り、孤独感などを親御さんが感じていると
お子さんは敏感にそれをキャッチして、影響を受けてしまいます。

忙しくても、思いきってお時間を作り、ご自分を癒す機会を持たれるほうが、
長い目で見た時には、ご家族にとってプラスとなることがあると思います。

とても残念なことですが、
近くにお子さんを預かってくださる方が見つからない場合、
多くの方が、セッション自体をあきらめてしまわれます。

私どものヒプノセラピーの個人セッションでは、
こうしたお母さんの状況に配慮しまして、
スカイプセッション中、お子さんがそばにいる状態でも
セッションを受けていただけるようにしています。

セッション中、お子さんがお母さんに話しかけてきたり、
また、お子さんの様子を見るために、
時々、セッションを中断しなくてはならないことがあると思いますが、
その方がかまわないのであれば、
こちらは、中断していただいても大丈夫です。

ヒプノセラピーのセッションには、
事前カウンセリング、ヒプノセラピー、フィードバックと
ある程度まとまったお時間が必要となるものですが、
ご希望ならば、事前カウンセリングとヒプノセラピーを、
それぞれ別の日に分けて行うことも可能です。

お子さんのケアも大切ですが、
お母さんの心のコンディションは、さらに大切です。

何か気になることやお悩みなどがある場合には、
遠慮なさらず、まずはご相談いただければと思います。

お子さんを預けて、対面セッションにお越しになる場合は、
お子さんに何かあった場合のことを考えて、
セッション中であっても、携帯電話には、出ていただいています。

お母さんのほうから連絡を取りたい場合には、
お子さんにお電話をかけていただくのも大丈夫です。

以前、0歳のお子さん同伴で、
カウンセリングにお越しいただいた方が何人かありましたが、
途中からセッションルームを出て、周辺を歩きながら、
公園などでお話をお聴きしたこともあります。

ヒプノセラピースクールやレイキセミナーの場合は、
授乳などのための休憩を挟んで行うこともあります。

楽なお気持ちで、無理なく、気兼ねなく、
癒しのお手伝いをさせていただくのが理想です。

ご相談させていただいたうえで、
その方にとっても、お子さんにとっても、
納得のいく快適な状態で受けていただけるようにしたいと思っています。

お子さんがまだ小さい、障害をお持ちである、
忙しくて時間を取れない…など問題があっても、
あきらめることなく、ご自分の心身のことも大切にしていきましょう。

ヒプノセラピーで心を癒す もっと自分らしく 望む未来を創る




 


この記事にコメントする

 



ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー