神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

サブパーソナリティとインナーチャイルド  スクールのデモセッションで…

2014年04月21日

先日、ヒプノセラピープロ養成スクールのアドバンス・コースで
サブパーソナリティのデモセッションをしていた時のこと…

サブパーソナリティと向かい合い、相手の言い分を聴いて
どうしたらクライアントさんの邪魔をしないでくれるか、
話し合いを進めていました。

クライアントさんのことを嫌っていたサブパーソナリティでしたが、
お互いの意見を交換するうちに、ようやく糸口がつかめて
解決に向かうと思われたその時、
サブパーソナリティの隣に、子どもが現れました。

その子は5歳くらい、恐い顔をして立っています。

クライアントさんが解決したいと考えていたテーマは
どうやらまだ癒されていないインナーチャイルドにも
深く関わるものであったようです。

ここからは、サブパーソナリティとインナーチャイルドの
2人を前にして、皆でお話をする形となりました。

最終的にはチャイルドとサブパーソナリティの両方を癒し
サブパーソナリティと今後も協力し合うことを約束して
セッションを終えることが出来ました。

サブパーソナリティのセッションに
インナーチャイルドが現れることは、稀にあります。

このセッションのケースでは、話し合いを続けていくうちに、
サブパーソナリティが次第に姿を変えて小さくなっていき、
インナーチャイルドのほうも、
最初に現れた時よりも幼い姿に変わっていきました。

やがてクライアントさんの膝丈ほどになった二人は、
話を聞いてあげて、一緒に遊んであげることを伝えると
たいへん喜んでくれました。

お悩みや問題の背景に、
まだ癒されていないチャイルドが潜んでいることがあります。

予期しないタイミングで、突然、チャイルドが姿を現し
どれほど傷ついていたのか教えてくれる形となります。

傷付いたインナーチャイルドは、
どんな大人の中にもいると言われています。

おそらく私たちが認識している以上に、
さまざまな問題やお悩みの起源は、
幼少期、あるいは胎児期にあるのかもしれません。

この日はスクールのデモセッションでしたので、
実際にサブパーソナリティを行う際のポイントなどについて
ご質問を受け、お答えしました。

ヒプノセラピストが、サブパーソナリティのほかに
インナーチャイルドや年齢退行、胎児期退行を習得しているならば、
こうした予期せぬ事態に出会っても、柔軟に対応し、
癒しのサポートを続けることが出来るでしょう。

サブパーソナリティ、インナーチャイルド、
胎児期退行…というカテゴリーは、
便宜的なものであり、
私たちの潜在意識の中から現れるイメージが
最初からこのように分類されているわけではないのです。

潜在意識は、必要な時に、その方にとって必要なイメージ、
癒しに役立つイメージを見せてくれます。

それは分析的に割り切れるものではなく、しばしば曖昧であり、
複数の要素が渾然一体となっていることもよくあります。

そのイメージは、その方ならではの世界観であり、
日頃は意識されることのない未知の領域です。

次の瞬間、どのようなイメージが現れるかわからないヒプノセラピー。

その何が起こるかわからないところが
スクールの受講生の方にとっては怖さでもあり、
面白さでもあるのでしょう。

サブパーソナリティとインナーチャイルドに同時に出会うこととなった
その日のデモセッションは、中身が濃い充実したものとなりましたが、
受講生の方にとっては貴重な体験として、
心に残るものとなったのではないでしょうか?

ヒプノセラピーで心を癒す プロ養成スクール


この記事にコメントする

ヒプノセラピー練習会 サブパーソナリティに取り組むと…

2014年03月12日

昨日のヒプノセラピー練習会では、
サブパーソナリティとハイアーセルフの練習セッションをしました。

ご参加くださった方、クライアントを引き受けてくださった方、
年度末のお忙しいところ、有難うございました。

サブパーソナリティ(副人格)のセッションは、
ほかのものと比べて苦手意識を持たれる方が多いものの一つです。

退行はしないで、サブパーソナリティと意見を交換し、
お互いを理解し合い、可能ならば歩み寄って統合を目指します。

どんな方にも安心して受けていただけるメニューであり、
何かをしたいと思っているのにどうしても上手くいかない時などに
たいへん役立ちます。

ヒプノセラピストにとっては、
中立な立場に立ち、両者の言い分を良く聞いて論点を整理し、
幾分左脳的な調整能力なども要求されるため、
得意不得意が分かれてしまうのかもしれません。

今回は、スクールのアドバンス・コースの実習以来、
初めてサブパーソナリティをする方が
久しぶりの挑戦としてセッションをなさいました。

共感しつつ、巻き込まれず、時には思い切った介入も行い…という
臨機応変の誘導の難しさと面白さを感じていただけたのではないでしょうか?

サブパーソナリティは、クライアントさんによって、またテーマによって
さまざまに展開していくものですので、
予測がつかず、
あらかじめシナリオを準備出来ない点も
敬遠される要因の一つかもしれません。

このあたりは始めから定型的な誘導のない多次元セラピーと
共通するものがあります。

ケースを積んでいくにつれて、
対応力や柔軟性、機転などを使うことに慣れていかれますので、
何度も繰り返し練習なさることをお勧め致します。

もしかすると定型的なシナリオなどないほうが
かえって自由で手応えがあると感じられるようになっていくかもしれません。

瞬間的な判断や選択、直観などは、サブパーソナリティに限らず
ヒプノセラピー全般に役立つ資質といえるでしょう。

クライアントさんを誘導しながら
ヒプノセラピストも一緒にトランスに入り、
イメージに寄り添って共感する部分と、
冷静かつ客観的な視点から、セッションの目標を見失うことなく
着実に進めていくことのバランスについて、
サブパーソナリティのセッションは課題を投げかけ、
さまざまなことを考えさせてくれるのです。

ヒプノセラピーで心を癒す 潜在意識のイメージワーク


この記事にコメントする

サブパーソナリティ 心の深層に潜むもう一人の自分

2014年01月09日

サブパーソナリティとは、副人格。

一人の人間の中には
主となる人格のほかに、
複数のサブパーソナリティが存在しています。

人の心は複雑です。

思考して何かを選択し、
実際にそれを行動に移していたとしても、
心の中には、懐疑や自己批、後ろ向きの気分などがあり、
真逆の指向を持つエネルギーが渦巻いていることもあります。

一つの方向へ進もうとする時、
たとえ意識に上らないとしても、
こうした要素は、目指す方向への推進力を抑制します。

すると、思ったように進んでいかない、
意欲が充実しない、
思わぬ事態が起こって進行が阻まれる
…といったことが起こるかもしれません。

本当はこうなりたいのに、
なぜそれが上手くいかないのか、
本人にもよくわからないことになります。

心の中に潜む、もう一つの声に耳を傾けてみる、
それが、ヒプノセラピーの
サブパーソナリティのセッションです。

対立する意見、懐疑的な意見、
揶揄している勢力、傍観者、
実権を握り、常にコントロールしようとする勢力、
想像もつかなかった独特の意見や態度などに
出会うことのできるチャンスとなるでしょう。

これら全てが、あなたの心の一部です。

サブパーソナリティのセッションでは、
対立する意見や邪魔する勢力と戦うのではなく、
それぞれの言い分をよく聴いて、
お互いに納得できるような調整を行い
可能ならば統合を目指します。

こうした作業は、
通常の意識の状態では行うことができません。

意識の90パーセントを占める潜在意識にアクセスすることで、
「心」全体としての深層の、その奥にある
本当の気持ちを探求することができます。

日頃、大人としての規範意識が強く
合理的、現実的な考え方をする方や
多忙で自己を顧みるゆとりのないような方、
責任のある立場や多くを決断しなくてはならない立場の方には
特にお勧めしたいセッションの一つです。


この記事にコメントする

アドバンス・コース実習を通じて受け取るヒプノセラピーの難しさ・面白さ

2013年08月28日

今日は、ヒプノセラピー、前世療法のスクールの
アドバンス・コースの実習
がありました。

実習の内容は、サブパーソナリティとインナーチャイルドです。

一日に2種類の実習をまとめて行うことは珍しいことです。

立て込んだスケジュールで2本もこなす大きなチャレンジ、
本当にお疲れさまでした。

サブパーソナリティ(副人格)の実習は、
苦手と感じる実習生の方が多いメニューです。

たしかに他の種類のヒプノセラピーとは少し異なり、
誘導のためのシナリオはあるような、無いような…。

その場での判断が次の展開を左右するところは、多次元セラピーに似ています。

クライアントさんの言い分と、サブパーソナリティの言い分を、
両方ともしっかりと聴き、論点の整理をしなければなりません。

その際、ヒプノセラピーの他のメニュー、
たとえばインナーチャイルド年齢退行のように、
クライアントさんの心情に寄り添い共感することが必要です。

とはいえ、共感してばかりでは、
肝心のセッションのテーマからいつのまにか焦点が逸れて、
異なるテーマで対話が進んでいくことにもなりかねません。

共感すると同時に、冷静で中立な視点を保ち、
セッションのテーマに沿って
介入するべき時には的確に介入することが求められるのです。

本日の実習の振り返りの際も、
この部分に難しさを感じたというご感想をいただきました。
クライアントさんのパーソナリティによって進め方が変わっていくことも
サブパーソナリティの難しさの一つです

たとえば比較的、消極的で受容的なクライアントさんならば、
思い切った介入をしても良い場合があります。

実習を通じてヒプノセラピーの難しさと面白さと
奥深さを受け取っていただけたならば幸いです。

その方は、今日の実習を終えて、無事にスクール修了となりました。
ご卒業を心から祝福申し上げます。


この記事にコメントする

最近お疲れの皆さま方へ 心身に負担をかけない働き方は?

2013年07月24日

仕事は、やっても、やっても、終わらない…
そんな状況の方は少なくありません。

私も、ついもう少し…と思い、
一日のセッションを終えた後、
3時間、4時間と仕事を続けてしまうことがよくあります。

そして自宅に戻るのは、
たいてい夜10~11時過ぎ頃になります。

大きな組織に属しておられる方の場合は、
さらに周囲との協調や配慮などもあり、
個人の都合や体調などを後回しにせざるを得ないでしょう。

お仕事にやりがいと責任感を持てるのは幸せなことです。

けれども、あまりにも過密なスケジュールに追われ、
毎日の勤務時間が長くなるにつれて、
疲労感が抜けなくなり、ストレスもどんどん蓄積
します。

たとえばその影響が体に出てしまうと、
食欲不振、消化不良、不眠、自立神経失調症、
めまい、息苦しさなどとして自覚されるかもしれません。

メンタルに出れば、心が晴れない、もの悲しさ、意欲喪失
鬱々とした気分などとなって、
気付かないうちに深刻な状態となるおそれもあるでしょう。

そうなる前に、手を打てばよい… そう思われるかもしれません。

そう出来たらよいのですが、
現実にはなかなかそうはいかないことが多いものです。

お仕事自体が好きで、はたらくことも好きな場合、
責任感が強く、手を抜くことが難しい場合、
他者に任せることができない性分である場合、
ご自分に課した要求水準が高く、完全主義傾向が強い場合
周囲からの期待や要求に応えなければならない場合などです。

くたびれ果てて、生きている実感や生き生きとした感情、感覚が
次第に無くなりつつあるように思われたら、
危険信号と受けとめましょう。

そんな時にお勧めしたいのは、今すぐに行うことが出来る次の3点です。

1. 仕事を切り上げる時刻を守ること

どんな理由があろうとも、ずるずると仕事を長引かせることのないようにします。

個人開業の方は、意志を固めれば実行でき(ると思い)ますが、
会社勤めの方は、なかなかたいへんです。

難しい場合は、次の2つを実行しましょう。

2. 就寝時刻を厳守すること

ストレスがたまると、それを解消しようとしてつい夜更かしをしがちです。
毎日、必ず決まった時刻に眠る習慣をつけましょう。

3. 起床時刻を厳守すること

その日の予定に関係なく、毎朝、決まった時刻に起きましょう。
休日も同じ時刻に起きます。

夜更かしをするよりも、早朝に趣味や気晴らし、
リフレッシュできる何かをするほうがよいです。

精神科のドクターも、クオリティの高い癒しとして、
睡眠の価値を強調されておられます。

睡眠時間を確保すれば、自己治癒力が活性化します。

サプリやドリンク剤、お薬などを使う前に、
必要な休養を心がけて、
人間に本来具わっているご自分を癒す素晴らしい力を
最大限に発揮できるようにしてみましょう。

… さて、そうしようと心がけ、努力してみても、
それでもどうしても実行できないこともあるでしょう。

そんな時にお勧めしたいのが、 
ヒプノセラピーのサブパーソナリティのセッションです。

「つい残業してしまうサブパーソナリティ」と対話をして、
どうしてそうさせているのかをじっくりと聴きます

サブパーソリティは、副人格。

一見、妨害している悪者のようですが、
実は、その方に良かれと思ってそうさせているのです。

通常の努力によって結果が出ない場合、潜在意識下にある何かが
問題を引き起こしている可能性があります。

ご興味のある方は、
サブパーソナリティのページをご覧になってみていただければと思います。


この記事にコメントする

サブパーソナリティ(副人格)との対話 心の声を聴く

2012年03月01日

今日はヒプノセラピープロ養成スクール受講生の方による
「サブパーソナリティ」の実習セッション
がありました。

サブパーソナリティは副人格。
一人の方の中には複数の副人格が存在しています。

サブパーソナリティは、その方に属している、
その方の心の一部ですから、
その方によかれと考えて、
いろいろなことを考え、実行しています。

主人格とサブパーソナリティが異なる志向を持つ場合、
思うように行動することができなくなったり、
頑張って努力してみても良い結果が出ないことがあります。

たとえば
「痩せたいと思っているのに、どうしても運動する気が起こらない…」
「しなければならないことを、つい先延ばしにしてしまう…」
「朝、早起きをしなくてはならないのに、寝過ごして遅刻する…」

日頃、意識することのないサブパーソナリティと対話をして、
何を考えているのかじっくりと聴いてみることは、
自分自身の心の深い領域と向かい合うための
またとない貴重な機会となります。

私たちが、日常、生活をするうえで使っている
顕在意識は、意識全体のたったの10パーセント、
残りの90パーセントを占めるのが潜在意識
です。

催眠状態で潜在意識にアクセスし、
無意識のうちに蓋を被せて見ないようにしている部分や、
思いも寄らなかった自分の心の動きと出会うことで、
気付きや洞察を受け取り、自己理解が深まり、
全体性が回復され、
より統合された状態を実現することができるでしょう。

「サブパーソナリティ」のセッションは、
ヒプノセラピーのスクールで、
「多次元セラピー・前世療法 上級コース」を受講し、
最新の「多次元セラピー」を学ぼうと思われている方に
お勧めしているユニット
でもあります。

多次元セラピーにおいては、
原因不明の不調や問題の起源に退行して、
原因や経緯を探求することができ、解放とカタルシスを目指します。

その際、真の原因として
さまざまなタイプのものが考えられるのですが、
その一つが、サブパーソナリティだからです。

サブパーソナリティは、
私たちが通常の意識では把握していない(あるいは把握が困難な)
何らかの意図や要求、テーマを持ち、
予想もつかない動きによって、私たちの注意を引き、
メッセージを投げかけてくれているのです。

サブパーソナリティのセッションは、
通常、退行(過去へ戻ること)を致しません。

前世療法や輪廻転生などに違和感がある方や、
過去には戻りたくない方にもお勧めできるセッションです。

潜在意識とつながり、
心の声を聴いて、本当の気持ちに気付き、
心を解きほぐすヒプノセラピーのメニューの中でも、
広範囲の問題やお悩みに役立ち、
どんな方にも気軽に体験していただけるセッションと
言ってもよいでしょう。


この記事にコメントする

 



ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー