神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

アニマルコミュニケーションと癒し

2018年03月25日

以前から興味があるアニマルコミュニケーションと
アニマルヒーリング。

動物の言葉を、人間の言葉に通訳するようにして伝えるため、
通訳士という名称も使われているようです。

アニマルコミュニケーションをテーマとする
何冊かの本を読んでいて、興味深く感じるのは、
コミュニケーターさんが考えておられる
コミュニケーターとしての資質と才能についてです。

あるプロの方は、感性を磨くところから始めて、
サイキック能力の開発、そして長期に渡る実践練習が必要ということで、
トレーニングコースの講師をしておられます。

また別のプロの方は、
(ご自分は) 生まれ持った、稀有で特別な才能を使って
アニマルコミュニケーションをしている…と書かれています。
その方にとっては、ごく自然で当たり前のことだというのです。

また別のプロの方は、
これは、人間を含めた全ての生きものに、
生来具わった資質であり、
穏やかな気持ちで無心に向かい合えば、
誰でも、生きものとの意思疎通が可能…と書かれています。

皆さんは、どのようにお考えでしょうか?

私は、時々、大好きな犬の動画を見て、癒されていますが、
先日、ある柴犬の人気動画を見ていた時、
この柴犬が、あまり幸せではない…ということを感じてしまいました。

どうしてそう感じたかといういきさつについては、
ヒーリングブログのほうに書いていますので、
ご興味のある方は、ぜひご覧いただければと思います。

柴犬のストレスと飼い主の心

私はエンパスなのですが、エンパスは、言葉を使わずに、
相手の感情や感覚、思考を瞬間的にキャッチして、
自動的に共感します。

テレビに登場するタレント犬や、
動物園に暮らす生きものの気持ちが、
何となくわかるのは、エンパスであるためかもしれません。

ですので、アニマルコミュニケーションの世界には心惹かれるものの、
トレーニングと言われたら、必ずしも必要ではないかも… と思います。

これは、個人としての
日常生活でのアニマルコミュニケーションの場合であり、
プロとしてセッションをしたりする場合は、
また別かと思いますが…。

犬は、「今、ここ」 に生きています。

そして、飼い主さんとのコミュニケーションが良好ならば、
無条件の愛を体現しているはずです。

けれども、もしも飼い主さんの心が病んでいたら、
あるいはコミュニケーションが成り立っていないとしたら、
その犬の毎日が、どれほどストレスフルで、
苦しくつまらないものになるだろうかと、
動画を見て、考えてしまいました。

疲れやストレスに打ちひしがれている時、
生きる喜びや嬉しさをそのまま表現している犬の様子と、
無条件の愛は、途方もなくパワフルなヒーリングを与えてくれます。

その犬が幸せであるためには、
飼い主さんの心が癒されて、満たされて、
穏やかであることが必要です。

飼い主さんが幸せであり、犬も幸せであることを
心から願わずにはいられません。

犬と飼い主さんとの愛にあふれる絆が見て取れる動画と、
残念なことに、実はそうでもない動画があります。

後者の場合、(飼い主さんが気付いていないとしても、)
犬のストレスが、見る者の心にダイレクトに伝わってきます。

癒されたい時は、注意深く動画を選んだほうが良さそうです。


この記事にコメントする

不調な人と一緒にいると疲れる… エネルギーに敏感なエンパス

2015年08月10日

感受性が鋭い方や、繊細な感性をお持ちの方は、
そうでない方が体験していない問題を抱えることがあります。

ここでいう繊細さというのは、
性格や人柄ということではありません。

大胆さ、積極性、行動的といったパーソナリティの特徴というよりも、
エネルギーに対する感受性を指しています。

ちょっとした困難には負けず、強気で立ち向かえる方であっても、
他者や場所のエネルギーを敏感に感知して、
それらの影響を受けてしまうことがあるものです。

日常生活の中で、比較的、疲れやすい…

具合の悪い人と一緒にいると、自分も体調が悪くなる…

言葉に出さなくても、相手の気持ちがわかるような気がする…

…などということがしばしば起こっています。

急に気分が落ちてきたり、不安を覚えたりすることも
あるかもしれません。

これらは、ご自分の感情ではなく、
周囲の感情エネルギーを、無意識に拾っている結果として
起こってしまうことです。

嫌なエネルギーなど拾いたくないと思われるでしょうが、
実は、エンパスの方は、
いつ拾い、いつ遮断する…という切り替えが出来ません。

生得的に拾うモードになっているため、
調整自体が難しいという特徴があるのです。

特定の場所に行くと、何となく気分が良くないという体験は、
実際に、その場所を訪れなくても起こることがあります。

たとえばテレビの報道番組で、
痛ましい事件や災害現場の映像が
画面上に大きく映し出された瞬間や、
過去の災害や戦没者を追悼するための黙とうの瞬間に、
突然、体調が悪くなったということも聞かれます。

こうした感受性豊かな方々は、暮らしにくいことがある反面、
共感能力が優れていて、
日常生活においても、お仕事の中でも、
周囲の方々の心をほぐし、癒しているものです。

それは天性の才能といってもよいほどのものでしょう。

ですので、否定的にとらえる必要は全くありませんが、
それにしても、否定的なエネルギーばかりに反応して、
ご自分由来ではない、他者の苦しみを感じ続けなくてもよいのです。

もっとご自分の特長を自覚され、
ご自分のエネルギーの状態をよりよいものに変えて、
しっかりと守るということをすれば、
日々の生活は、楽に過ごせるように変わっていくでしょう。

私どもは、ヒプノセラピーのスクールをしていますが、
将来、プロのヒプノセラピストを目指す方の中には、
共感能力が高いエンパスの方、
エネルギー感受性が高い方がたくさんいらっしゃいます。

レイキヒーリングを学ぶことで、
癒しを実践する際の基本的な姿勢や
クラインアントさんとの適切なスタンスを見につけることができ、
レイキそのものにも包まれて、
安全にセッションをすることができると言われる方もあります。

レイキヒーリングは、たいへん役立つものとして、
お勧めしていますが、
そもそもエネルギーとは何かということを
知ることも重要だと思います。

不調なエネルギーは、どのような影響を及ぼすのか?

不調なエネルギーに、どのように対処したらよいか?

境界線を引くことが困難なエンパスの方は、
どうしたらご自分のエネルギーフィールド(オーラ)を
保護できるようになるのか?

どうしたら、毎日をもっと楽々と自由に過ごせるようになるのか?

これらは、極度のエンパスでエネルギーに敏感であった私が、
長い時間を費やして、過去に探求を続け、
現在、エネルギーメンテナンスセミナーでお伝えしている内容です。

いわゆる霊媒体質、チャネラー体質の方は、
見えないエネルギーには、特に反応しやすい方々です。

目には見えないエネルギーの世界から、
既に影響を受けてしまっている場合は、
何が否定的に作用しているのか、探求して解放する方法があります。

感受性が鋭いならば、そのことをしっかりと理解したうえで、
それなりに保護する必要があります。

生まれつきだと諦めることなく、ノウハウと日々の心がけで、
エンパスの共感能力の高い長所を、
存分に発揮されることを目指しましょう。

エンパスと霊媒体質の方に役立つ エネルギーメンテナンス セミナー


この記事にコメントする

周囲からの影響を受けやすく疲れやすい方は…

2014年04月10日

春らしいあたたかさが続き、セッションルームまでの道を歩いていても
白やピンクや黄色のお花が咲いて、思わず足を止めて見とれてしまいます。

春を呼ぶ花

写真のお花も、通勤途上で見つけたものです。

今、道すがら咲いている花を眺め、春を楽しむ心のゆとりが持てるのは、
幸せなことだと感じます。

4月上旬、中旬は、新しい環境に慣れるまで
緊張が長い間、続くことが多いものです。

私もかつてサラリーマンをしていた頃、
毎年のように、3月下旬から4月にかけて、
ウツウツとした気分に陥ることがありました。

人事異動で去っていく方、入ってこられる方が必ず何人かあり、
メンバーが変わったり、勤務場所が変わったり
何かしら変化がある季節だったのです。

周囲に動きがあると、自分には直接影響がなかったとしても、
相当な影響を受けてしまい、
もの悲しく、心が落ち着かない日々となっていきました。

セラピストの仕事を始めてから、
こうした気分の落ち込みが全く無くなったのには驚きます。

個人でしている仕事ですから、転勤も、異動も、席替えもありません。

…ということは、当時、気分が沈んだのは、
個人的な要因というよりは、むしろ周囲からの影響で
そうなっていたのかもしれない…と思い当たります。

それで思い出すのが、敏感で感受性が鋭く、
エンパス、霊媒体質と言われるような方のことです。

繊細な感性を持つ方々は、
そうしたいと思っているわけではないにもかかわらず、
周辺の出来事や身近な人々の感情によって、
心乱され、翻弄されてしまいます。

人によっては、他者への共感力が高いために、
逆に相手の心情や感覚を受け取り過ぎて、
不調に見舞われてしまうことすらあるのです。

世の中全体が大きく移り変わるこの季節、
ご自分と周囲との間に、しっかりと境界線を引き、
ご自分の内側に、心の平和や穏やかさを取り戻されるとよいでしょう。

噂話やマスメディアの情報などを
たくさん受け取り過ぎるのはあまりお勧めできません。

心をほぐしてリラックスできる静かなひとときを作って、
十分に頭と心を休めてあげましょう。

変化の時を迎えている方々の心境には、緊張ばかりでなく、
不安や怖れが潜んでいるものです。

新入学や転勤などをなさったご家族やご友人の不安な気持ちに
共感して差し上げるのはよいことですが、
それをどこかで解放していかないと、否定的な作用を及ぼすこともあります。

こうしたことに自覚的になるだけで、
気持ちの持ち方が変わり、疲労が軽減することも少なくありません。

なかなかリラックスができない場合や、
ウツウツとした気分に陥りそうな予感がする時は、
早めに休養を取られ、お気軽にご相談いただければと思います。

ヒプノセラピーのリラクセーションや誘導瞑想、
エネルギーメンテナンスのセミナーなどがお役に立つかもしれません。

ヒプノセラピーで心を癒す


この記事にコメントする

 



ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー