神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

自分が自分らしくいられない 1. 親子の関係から

2017年09月01日

自分が自分らしくいられない…というのは、
大きな苦しみです。

生きている今という時間、ここにいる自分という存在の実感が薄く、
周囲の人々も、リアルなのにリアルに感じられない…

何となく毎日を過ごしていても、感情が動かず、
楽しさや嬉しさがあまり感じられない…

何のために生きているのか、わからない…

そんな状況に気付かれて、無気力になったり、
不安や焦りを覚えたりすることもあるでしょう。

自分が自分でいられない…というのは、当たり前のことですが、
自分らしくいられない方にしかわからない感覚です。

ですので、家族や身近な誰かに説明しようとしても、
本当の苦しみと生き辛さは、なかなか伝わらないことが多いのです。

言葉のうえでは理解してもらえても、
わかってもらえないもどかしさ。

表面的には、仕事を真面目にこなしていたり、
普通に家庭生活を送っていたり、
破綻のない人間関係を築いているように見えますので、
いっそう辛い気持ちを抱えることになるかもしれません。

自分が自分らしくいられないことの背景には、
さまざまな要因があります。

たとえば、幼少期の親子関係から、そうなってしまうことがあります。

アダルトチルドレンやインナーチャイルドといった言葉は、
今やインターネット上にもよく見受けられるようになり、
虐待、過干渉、コントロール、ネグレクトなどが、
子どもの心に深刻な影響を与えることが
知られるようになってきました。

テレビドラマでも、悪気はなくても毒になる親が
テーマとして、取り上げられています。

幼い子どもにとって、親は「全て」です。

子どもは親に愛情と愛着を抱き、
また親がいなくては、子どもは生きてはいけません。

親の言葉と行動、信念、価値観、人間観、世界観などが、
子どもが成長するプロセスで、
親子関係の中で表現され、伝わり、吸収されていくのです。

時には、はっきりとした形で、
また時には、暗黙のうちに…。

自分が自分らしく、自然に振る舞うことは、
どうやら「良いこと」ではなさそうだ…と感じた子どもは、
自分らしさを封印します。

親が、直接的に制限したり、禁止したりすることもあります。

自分が感じていることがあっても、感じていないことにしてしまうでしょう。

自然な感情の流れが阻害され、
自然に感じるはずの好き・嫌いという感情がわからなくなり、
意欲や自発性が奪われます。

生き生きとした人間らしさや個性のない、
親から見て理想的なセルフイメージの幻想を生きる場合もあれば、
子どもにとって過酷な環境の中で、
本来の自分らしさなど、とうてい表現出来ない場合もあるでしょう。

いずれも、サバイバルするために、ほかには方法が見当たらず、
そうせざるを得なかったのです。

自分らしさが抑圧、封印されている状態は、
その方が、自分を何とかして守り、
愛情や庇護をもらって生き延びようと頑張った結果と考えてもよいでしょう。

本当によく頑張ってこられたのだと思います。

けれども、大人になった今、その方は、親に依存しなくても、
生きていくことができるようになっています。

ご自分がご自分らしくいられない苦しみや辛さがあると気付かれたならば、
そこから、焦らずに癒していくことが出来ます。

親子関係に問題がある場合、残念なことですが、親子の間にある愛情が、
親子関係を癒す際の障壁となってしまうことがあります。

どんな親であっても、その方なりに、子どもを愛しているのですし、
子どもの幸せを願っています。

子どももまた、親を愛しているため、親の中に在った否定性を、
直視したり、認めたりすることを、意識的、無意識的に、
回避してしまうのです。

セッションにおいても、時にこの障壁が現れて、
親が与えた否定的な影響を明晰に見て、癒すことを阻んでしまいます。

そんな時は、人間は、誰でも、常に成長していくものだということ、
親といえども、一人の人間であることに変わりはなく、
長所と短所、強さと弱さを持ち合わせていることを
思い出して下さい。

親からの影響を脱して、その方独自の価値観や世界観、
ご自分らしさを持って生きていくことは、
親を否定し、親を裏切ることではないのです。

自分らしくいられない要因は、ほかにもありますので、
それはまた、次の機会に投稿します。

インナーチャイルド、インナーペアレントを癒す


この記事にコメントする

前世療法とインナーチャイルドの実習 ヒプノセラピープロ養成スクール

2015年09月13日

今日は、ヒプノセラピースクールの実習がありました。

受講生の方同士が、セラピストとクライアントを交代して行います。

初対面ということで、本番さながらのセッションの機会となりました。

前世療法をされた方は、今回が初めての実習です。

それほど緊張した様子もなく、
落ち着いて淡々と取り組まれていました。

一般的に、前世療法では、
これといったテーマや目標を設定しないで
セッションをしているセラピストも多いようです。

これでは、何を探求したいのか、
どちらに向かって探求を続けていったらよいのかが曖昧になり、
終わってみて、何が収穫となったのか、
どのくらい効果があったのかが
不明のままとなってしまいます。

ヒプノセラピープロ養成スクールでは、
目標設定の重要性をお伝えしていますが、
たとえ、きちんと設定が出来ていても、
慣れないうちは、次第にその目標を離れてしまったり、
かけ離れたところに着地する結果となったり、
なかなか難しいものです。

こうしたことを含めて、振り返りをしていきました。

インナーチャイルドの実習セッションでは、
シナリオには想定されていない要素が、ふいに現れてきました。

そもそもヒプノセラピーのシナリオは、
そのとおりに進むとは限らないもの、
基本的に、出来ればこちらの方向へ
「進むとよいでしょう」…というようなものです。

ですから、スクールでは、とりあえず一つのシナリオを使って
さまざまな誘導方法や誘導のコツを学んでいきますが、
ひとたびプロのヒプノセラピストとして開業してしまうと、
シナリオから大きくはずれるようなケースと、
少なからず出会うことになるのです。

今回の実習では、
それを先取りしたようなことが起こりました。

実習セッション後の振り返りでは、
そのことが、重要な話題となり、
さまざまな意見が活発にやり取りされることになりました。

講師である私の立場からは、
実は、願ってもない展開であり、
受講の最中の現時点で、こうしたレアケースに出会えるのは、
実習生の方々にとって、たいへん幸運なことであると
言ってもよいことです。

望んだからといって、そう頻繁に起こることでもありません。

実習をなさった方も、クライアントをされた方も、
このような場合は、どうしたらより良い誘導となるのか?
インナーチャイルドを、より深いレベルで癒すことができるのか?
…ということについて、知恵を絞ってじっくりと、
お考えていただけたのではないでしょうか?

レアケースの場合には、丹念に振り返って検討を加え、
さまざまな可能性について、お考えいただきたいのですが、
その際、忘れないでいただきたいのは、
インナーチャイルドというセッションの
本来の目的に立ち戻ることです。

基本的な姿勢、外せないポイントを押さえておけば、
ブレてしまうこともなくなり、
結果的には、インナーチャイルドを
十分に癒してあげることにつながっていくでしょう。

私も経験があることですが、
自分がしたセッションを振り返ることは、
勇気も要るし、恥ずかしいし、
思うようにいかなかった辛さや無念さ、
クライアントの方に対して、申し訳ない気持ちなどがあるものです。

しかしながら、セッション中に自分が選んだ方法を見直して、
良かった点と良くなかった点とを客観的に眺め、
ほかに方法があるとしたら、どんなやり方が出来たのか…
という複数の流れや可能性を考えていくことは、
必ず、そのあとのセッションに活かされていくでしょう。

自主的な練習セッションをされる場合も、
セッション後にこうした検討をしてみるのと
しないままでいるのとでは、
大きな違いを生むことになるかもしれません。

上手くいった、あるいは失敗だった…などと評価を下すよりも、
良かったところも、良くなかったところも
冷静に受け取ったうえで、
常によりよい方法を模索していくことが
大切なのではないでしようか?

これからヒプノセラピースクールの実習を控えておられる方は、
結果の評価、出来、不出来などを気にし過ぎることなく、
実習は、課題を発見できるチャンスととらえて、
楽しくトライしてみていただければと思います。

ヒプノセラピー・前世療法のプロ養成スクール




この記事にコメントする

インナーペアレント実習 ヒプノセラピストの心の癒し

2015年07月31日

先日、インナーペアレントの実習セッションがありました。

ヒプノセラピープロ養成スクールの
アドバンス・コースの「インナーペアレント」です。

インナーペアレントは、心の中に住んでいる
内なる親と向かい合うセッション。

幼少期のトラウマや辛い出来事、
親子関係などを癒すヒプノセラピーといえば、
まずインナーチャイルドを思い浮かべる方も
少なくないと思います。

インナーチャイルドが、傷付いた内なる子どもを癒すのに対して、
インナーペアレントでは、親子関係を癒して
わだかまりや共依存、コントロールなどから解放され、
よりよい関係を目指していくものです。

インナーペアレントのセッションは、
インナーチャイルドと組み合わせたり、
部分的に取り入れたりして行うことができ、
いっそう深い解放をもたらすことができます。

さて親子関係や幼少期のトラウマとひと口にいっても、
そこから想起されるイメージや記憶、印象には、
言葉では言い表せないほどの個人差があるものです。

一般的に、インナーチャイルドが傷ついていない方は、
ほとんどいない…と言われます。

本来、インナーチャイルドという言葉は、
ニュートラルな「内なる子ども」という意味であり、
傷付いているとか、助けを必要としているといった
含みはありません。

けれども、ヒプノセラピーでインナーチャイルドを扱う際は、
現在の大人のその方の中に住んでいて、
会いに行く必要のある、傷付いた内なる子どもに
意識を向けていきます。

そして、その子の傷付いている心や
悲鳴を上げている部分に注目して
無条件の愛を与えて癒していきますので、
傷付いた内なる子ども…という捉え方になるのです。

さて、傷付いていないインナーチャイルドはいないとはいえ、
その傷の深さやダメージの影響はさまざまです。

たとえば
「お前など生まれてこなければよかったのに…」
「間違って生まれてきた」と否定されたり、
日々、精神的・身体的な虐待を
受け続けていたりする状況を想像してみましょう。

こうした生存そのものを危うくする過酷な状況では、
インナーチャイルドは消耗し、生命エネルギーを失って、
瀕死の状態となってしまいます。

そんなインナーチャイルドを、
すぐさま救出して癒してあげなくてはなりません。

そしてその子どもが当然受けるべきあたたかい保護や愛情、
人間的なふれ合いやコミュニケーションを
ふんだんに与えてあげなくてはなりません。

同時に、当然、受けて然るべき何かを
与えてくれなかった親に対しては、
正当な怒りや悲しみを表現し、
そうしたいのならば、正当な抗議をしてもよいのです。

心の中で怒りや悲しみ、寂しさなどを抑圧してしまうと、
成長のプロセスを通じて、
それらの否定的な影響を受け続けることになってしまいます。

「これほどまでに辛い思いをしていた…」
「ずっと我慢をしてきた…」
「本当はもっと話を聴いて欲しかった…」

イメージの中で、本当は言いたかったことを、
思い切って言葉にしてみることで、
心がほぐれ、わだかまりが解けていきます。

抑え込まれ、表現できなかった思いといえば、
怒り、悲しみ、寂しさなどがすぐに思い浮かびますが、
イメージの中で怒りをぶつけたり、泣きわめいたり、
激しい言葉を投げつけたり…ということばかりが
インナーペアレントの目的ではありません。

実際にそうしたいと感じるほど重い体験があったのならば、
当然、そうなっていくわけですが、
怒りや抗議ではなく、率直に本当の思いを伝えるところから、
親子関係に、光が当てられ、見直され、
より健やかな関係を再構築していくことにつながるのです。

先日、行われたインナーペアレントの実習では、
その方にとって、主観的に辛い体験があったものの、
それにまつわる怒りは、さほど現れてきませんでした。

むしろ親御さんの言動に対する気付きがふいにやってきて、
感謝の念が湧き、「有難う」という言葉を伝えることになりました。

実習でヒプノセラピストをなさったほうの受講生の方も、
こんなに穏やかなインナーペアレントセッションになるとは
思ってもみなかった様子でした。

ヒプノセラピストとして開業すると、
それまでのその方の周囲には見かけることのなかった
深刻なトラウマや複雑で過酷な幼少期の体験と、
セッションルームで、日々、出会うことになります。

そのヒプノセラピストが、
どのようなメニューでセッションをなさるかにもよりますが、
想像したこともない親子関係の痛みを癒す目的で
セッションをすることになることも、おそらくあるでしょう。

あらゆるお悩みの中で、親子関係ほど根が深く、
その後の人生に暗い影響が及び続けるテーマはありません。

そのためインナーペアレントのレクチャーでは、
かなり深刻なケースも含めてお伝えしています。

生まれ育った環境や、
親御さんがどのようにお子さんに接し育てたかということは、
そのご家庭や、お一人おひとりで、実にさまざまです。

さらに異なる個性を持つお子さんが、
幼少期にそれをどのように体験されたか、
どのように心傷付いたのかということもまた、
その方だけにしかわからないことです。

そのためインナーチャイルド、インナーペアレントのセッションには、
柔軟な理解力、洞察力、共感力などが求められ、
熟練ということも必要となるでしょう。

今回の実習では、図らずも、予想していた流れとは
少し違ったインナーペアレントセッションを
体験していただくことが出来ました。

ヒプノセラピーのセッションでは、
先入観や思い込みを手放して、ニュートラルな姿勢で臨むこと、

そしてヒプノセラピストがクライアントの方に対して
自分の価値観で解釈をしないことは、
基本とはいえ、言葉で言えないくらい大切なことだと思います。

そのために必要なのは、
ヒプノセラピストが自分自身を十分に癒すこと。

幼少期からの問題に対して自覚を持ち、理解を深め、
常に取り組んでいこうとする気持ちを持ち続けることでしょう。

ヒプノセラピーで心を癒す もっと自分らしく望む未来を創る


この記事にコメントする

インナーチャイルドと傷付いた感情の行方

2015年07月20日

インナーチャイルドを癒すヒプノセラピーのセッションは、
その方のインナーチャイルドが
どれほど傷付いているかによって、
かなり趣が異なるものとなります。

同じような体験をされていても、
その方が主観的にどう感じ、
どれほどダメージを受けたのかは、一概には言えません。

心痛むことではありますが、
深刻に傷付いているチャイルドは、
寂しさや悲しみ、怒りなど
居心地のよくない感情を感じないように、
感情そのものを遮断してしまうことがよくあります。

傷付きやすい自分の心を守るためには、
そうしたほうが都合がよいからです。

自分の怒りを、大好きな親に向けてしまうことも、
回避できますので、安全と安心を感じられます。

そして感情がない代わりに、
思考活動がよく使われるようになっていく傾向があるようです。

素晴らしい思考力や分析力が強みとなって、
その後もさらなる磨きがかけられ、
お仕事の分野で高い評価を受けておられることも
しばしば見受けられることです。

感情に蓋をして(蓋をせざるを得ず)、
思考を使ってご自分を守り、生き延びてこられた方は、
心の癒しに対しても、理論から入っていこうとするようです。

専門家にも匹敵する知識を集め、積極的に学び続け、
ご自分の今の状態や、幼少期の体験に対して、
理論で客観的に解明しようと取り組みます。

インナーチャイルドやアダルトチルドレンについては、
今や溢れるばかりの情報が出回り、
参考となる書籍も増えてきました。

とはいえ、インナーチャイルドワークの背景にある理論や
心理学的なメカニズムについての情報を集めることが、
癒しの代わりとなるわけではありません。

知識を得て、考察を巡らし、納得して腑に落ちると、
マインドは満足感と達成感を持ち、決着したような感覚となりますが、
実は、肝心の心は、傷口が開いたままなのです。

インナーチャイルドを癒そうとする時にも、
感情を切り離し、その代わりに思考を使って対処するという
古くからのパターンが現れます。

ヒプノセラピーの優れているところは、
潜在意識にアクセスすることで、
その時の本当の思いに触れることができること。

傷付いていた気持ちを受け入れ、認めたうえで、
癒して解放できるところです。

インナーチャイルドを癒すセッションも、
そのほかのヒプノセラピーメニューにおいても同様ですが、
感情と切り離された状態で行うと、
効果を実感していただくのが難しいと言えるでしょう。

幼少期に無意識に決断された、
その方の感情の扱い方を見ていくと、
その背景に何が起こっていたのか?
居心地のよくない感情が、
どれほど数多く存在していたのかについて、
理解が進みます。

そして問題となる嫌な感情、不快な体験そのものに
思い切って光を当ててみようとする時、
インナーチャイルドの苦しみをハートで理解して、
癒していかれるようになっていきます。

インナーチャイルドを癒す際のポイントについて
ホームページのインナーチャイルドページに
テキストを追加して更新しました。

ご興味のある方はご覧ください。

ヒプノセラピーで心を癒す もっと自分らしく 望む未来を創る


この記事にコメントする

インナーチャイルドは一人ぼっち イメージ世界で出会う癒し

2015年06月03日

インナーチャイルドを癒すセッションは、
他のセッションとは異なった
独特の深い癒しをもたらしてくれるものです。

体験なさった方は、
インナーチャイルドの姿を目にした時のインパクトを
いつまでも忘れることができないかもしれません。

インナーチャイルドほど、
求める方と関心のない方に分かれるメニューは
ほかにあまりない…ということも、
インナーチャイルドの特徴の一つです。

子どもの頃の寂しさや辛かった記憶、
トラウマ体験などを直接癒すとしたら、
年齢退行などの退行療法をお勧めしていますが、
そうしたアプローチとは違って
直接、その時点に戻ることはしないで、
傷付いた心の総体=インナーチャイルドを
あるがままに受容して、癒すのです。

とても繊細な配慮や細やかな気遣いが必要となります。

何か辛い体験があった時、
退行してその時点に戻ることがたやすいならば、
既にそうしていたはずです。

辛過ぎる過去にはとても戻れない、
戻る気にはなれない心は、
まだ生々しく傷口が開いていることが多いのです。

出来事の詳細や、それに関わった人物たち、
その時の思いや言葉などを拾い上げずに、
全体を丸ごと受け入れて、そっとそばにいてあげる
インナーチャイルドセッション。

インナーチャイルドを癒す時は、
そのイメージ世界には、
その方とチャイルド以外には、誰もいません。

それは、実際にあった過去の時間・空間、
過去のリアルな状況の中にいる
子どものご自分よりも、より純粋な状況であり、
場合によっては、
ほかには誰もいないその世界でその子と向かい合うための
気合いや勇気も要することになるでしょう。

穏やかで静かなその場所で、
その子=インナーチャイルドを大切に思いながら、
チャイルドとひとときを過ごす…と聞いて、
せつなさや胸が震える感覚を覚える方もある一方で、
少し想像してみただけで、嫌悪や不快感が
こみ上げてくる方もあることでしょう。

もしも後者のほうならば、
インナーチャイルドを癒すセッションは、
まだ控えておくことをお勧めします。

インナーチャイルドは、
比較的ポピュラーになってきており、
インターネット上でも、
さまざまな情報に触れることができるようになっています。

ヒプノセラピストによって、
セッションの仕方は多少変わっても、
体験された方の記事などを読むと、
どのようなセッションであるかが何となくわかり、
そんなに癒される良いものなら、試してみなければ…と
思われるかもしれません。

大切なのは、その方の現在のお気持ちです。

ひとくちに過去の辛い体験と言っても、
ネットの記事の作者と、その方とが、
同質の痛みや生き辛さをお持ちとは限りません。

子どもの頃に受けた心の傷が、時にどれほど深く、
その痛みがどれほど長引くものであるかは、
言葉では表現できないほど深刻なものです。

「私のインナーチャイルドがどんな子なのか、
一度会ってみたい…」と関心を寄せられ、
「その子を癒してあげたい…」というお気持ちになられた時、
どうぞセッションにお越し下さい。

会ってみたいお気持ちになられる時は、
インナーチャイルドにとっても、
大人のその方と対面して会話をする準備が
整う時となるでしょう。

それまでインナーチャイルドは、いつか会える日を、
その世界でずっと待っていてくれるでしょう。

インナーチャイルドを癒すヒプノセラピー


この記事にコメントする

親との関係を癒すヒプノセラピー インナーチャイルドとインナーペアレント

2014年11月09日

幼少期の親御さんとの関係によって傷付き、お悩みになっている方は
多くの方々が想像している以上に多いものです。

それどころか親に心を傷付けられたことのない方はいない…
とさえ言えるかもしれません。

親と子どもは、あらゆる人間関係の中で、
最も濃密なつながりを持ちます。

特に母親と子どもの場合、出生以前の妊娠期間から
その関係は始まり、継続していくのです。

良かれ悪しかれ、親御さんからは絶大な影響を受け、
成長後も、もしかすると生涯に渡って、無意識的、意識的に、
親御さんのふるまい、選択、価値観、人間観は
その方の日常に色濃く反映されていきます。

それはおそらく何かのきっかけや出来事で
ご自分を客観視される時(そうせざるを得ない時)まで
続いていくことでしょう。

私どものセッションルームにも、
親御さんとの関係を癒そうとお越しになる方が少なくありません。

そのような時は、まずはじっくりとお話をお聴きします。

親御さんとその方との間にどんなことが起こっていたのか、
お悩みはその方のご家庭やパーソナリティによって実にさまざまであり、
人間同士が作り出す独特の化学反応とさえ言える結果を生み出します。

たとえば同じように虐待やネグレクトを体験されていたとしても、
ご本人がそれをどのように感じられ、受け取られていたかは人それぞれ。

その時、親御さんに対してどのように立ち向かい、
心を守り、適応していったのかについても
個人差が大きいものです。

親子関係を癒すヒプノセラピーとしてよく知られているものに、
インナーチャイルドや年齢退行、
インナーペアレント、胎児期退行などのセッションがあります。

この中のどれを選び、いつ、どのように行うかの選択は、
現在のその方が何を望み、どのように変容したいのかが
重要なカギとなります。

ある方は、親御さんに対する怒りを抑圧して心身の不調や人間関係に苦しみ、
その支配や依存から自由になりたいと思われ、
また別のある方は、記憶に残っていないトラウマ体験を一度掘り下げて、
その時何が起こり、本当はどんな気持ちだったのかを理解したうえで
癒したいと考えておられるかもしれません。

これといって問題は抱えていないけれども、
何故か生き辛い、未来に希望が持てないという場合もあるかもしれません。

インナーチャイルド、インナーペアレント、年齢退行、胎児期退行は、
それぞれ目的と効果が異なっています。

これらのうちの一つを選んで、ゆっくりと丹念に行うこともあり、
複数を組み合わせて1セッションの中で行っていくこともあります。

親からの否定的な影響、いわゆる親の呪いから脱して
一人の人間として自立し、自由にご自分の人生を生きようとお考えならば、
こうした癒しのツールを用いて、
解放と癒しを待っている心の領域と向かい合うことが出来ます。

対等の大人同士として、親御さんとよりよい人間関係を築かれた時、
本当の意味での心の親離れ子離れが達成され、
ご自分らしく、いっそう充実感を味わいながら過ごせるように
変容を遂げていかれることでしょう。

心の中にさまざまな思いが渦巻き、
収集がつかず、展望も持てない場合には、
まずは一度、カウンセリングにお越しいただければと思います。

ヒプノセラピーそのものの方法や特長、
インナーチャイルドなど親子関係を癒すためのさまざまな方法について
ご理解、納得いただけるまでお話をさせていただいています。

そしてヒプノセラピーをなさる場合には、
その方のご希望と状況をお聴きして、
ご相談しながらご一緒に選んでいきます。

ヒプノセラピーは気が進まない、今回は見合わせるという場合、
ご自宅で楽に行えるセルフヒーリングワークを
ご紹介させていただいています。

長期に渡る根深い問題や、漠然とした生き辛さなどは
言葉では表現しにくくお話し辛いことと思いますが、
どうぞお気軽にご相談下さい。

ヒプノセラピーで心を癒す 親との関係を癒すセッション


この記事にコメントする

親子関係…入り組んで複雑な細い道を振り返ると

2014年11月05日

すっかり秋らしくなって、
朝の冷え込みが身に染みるようです。

街中でも美しい紅葉が目を楽しませ、
柿の実も美味しそうに色づいています。

ヒプノセラピーの個人セッションをさせていただいていると、
いつも思うことは、親子関係の深さ、難しさ、複雑さです。

親は、人が生まれて最初に出会う世界そのもの。
人としての存在のベース、拠り所です。

そして数年間の間は、依存し保護を受けなくては、
生きていくことが困難となります。

生まれ育つ環境が、愛情に満ちた居心地のよい場所ならば
このうえなく素晴らしいことですが、
さまざまな事情・理由によって、
残念ながらそうはならないこともあります。

ものごころついて、さらに成長を続け、
ある時、ふと気付くことがあるかもしれません。

自分と親との関係は、どんなものだったのか、
客観的に振り返ってみた時、
今まで当たり前と受け入れていたことが、
実はそうではない可能性も含んでいたのかもしれないと。

子どもにとって、家庭環境や家族のメンバーは、
絶対的な守りであり制限でもあります。

幼少期に心が満たされなかったり、
傷つけられたりする体験をすると、
それはその後の人生において、どこかに必ず影響を及ぼします。

辛い感情や身体感覚を切り離し、記憶を失くすことで
自分を守り、適応しようとすることもあります。

対人関係やパートナーシップなどの領域では、
ご本人が気付いていなかったとしても、
親御さんから意識的、無意識的に受け継いだ信念やプログラムが
大切な選択や行動に反映されていきます。

親子関係は、私たちにとって永遠のテーマ、
人生におけるどのような問題も、
親子関係とつながりのないものはない…と言ってよいほどです。

これほどまでに根が深く、長期間に渡って続いていき、
深刻な問題を引き起こすテーマはありません。

今、この瞬間も、親子関係に悩み、傷付き、苦しんでおられる方は
たくさんいらっしゃることでしょう。

親子関係が良好であったか否かは、
客観的に測る指標があるわけではありませんし、
またどこから見ても問題のない家庭であったとしても、
幼い子どもの心が傷付くことはあります。

何によって、どれほど心が傷付いたのかは、
その方の主観によるものだからです。

たとえば何をしていても空しい、生き辛い、
自分が自分らしく在ることが困難である、
人間関係が上手くいかない、
自己価値が低い…などに気付くことがあったら、
癒しと変容への足掛かりを得て、
ご自分を癒すための最初のステップに
既に進みつつあるということになります。

セッションルームにお越しになる方々とお話をさせていただくと、
その気付きのレベルはたいへん高く、
癒しに向かう前向きな姿勢をお持ちです。

けれども気付いてはいるものの、その癒しを必要としている領域に、
どうしても踏み込むことが出来ない場合もあります。

人には、その方のペースやタイミングがあるものです。

そして、これはあまり言われないことですが、
人には、心ゆくまで十分に悩んだり苦しんだりする権利もあるのです。

前に進めない…と感じておられるならば、
それもよいことです。

他者と比べる必要はありませんし、比べられるものでもありませんので、
焦ることなく、ご自分をジャッジすることもやめて、
とにかく今日という日を、大切に過ごされてはいかがかと思います。

お悩みや苦悩の中で過ごす日々は、
どこにも光が見えず、不安や暗い気分の中に沈み込んでいくように
思われるかもしれません。

今すぐに、その全てから解放されるのではなくても、
希望を失わずに、とりあえず今日だけは…と思って、
なるべく明るい気持ちでいられるように心がけてみましょう。

どんな方にも、自己治癒力が具わっています。

潜在意識は、今、こうしている間も休みなく働き続け、
その方の自分史に関わるあらゆるデータを保存してくれています。

深まっていく秋、心の奥のさらに深いところに何が在るのか、
探求してみたいと思われたら、潜在意識に導かれて、
いつでも新しいご自分に出会う旅に出かけることが出来るでしょう。

ヒプノセラピーで心を癒す 自分らしく、望む未来を実現


この記事にコメントする

サブパーソナリティとインナーチャイルド  スクールのデモセッションで…

2014年04月21日

先日、ヒプノセラピープロ養成スクールのアドバンス・コースで
サブパーソナリティのデモセッションをしていた時のこと…

サブパーソナリティと向かい合い、相手の言い分を聴いて
どうしたらクライアントさんの邪魔をしないでくれるか、
話し合いを進めていました。

クライアントさんのことを嫌っていたサブパーソナリティでしたが、
お互いの意見を交換するうちに、ようやく糸口がつかめて
解決に向かうと思われたその時、
サブパーソナリティの隣に、子どもが現れました。

その子は5歳くらい、恐い顔をして立っています。

クライアントさんが解決したいと考えていたテーマは
どうやらまだ癒されていないインナーチャイルドにも
深く関わるものであったようです。

ここからは、サブパーソナリティとインナーチャイルドの
2人を前にして、皆でお話をする形となりました。

最終的にはチャイルドとサブパーソナリティの両方を癒し
サブパーソナリティと今後も協力し合うことを約束して
セッションを終えることが出来ました。

サブパーソナリティのセッションに
インナーチャイルドが現れることは、稀にあります。

このセッションのケースでは、話し合いを続けていくうちに、
サブパーソナリティが次第に姿を変えて小さくなっていき、
インナーチャイルドのほうも、
最初に現れた時よりも幼い姿に変わっていきました。

やがてクライアントさんの膝丈ほどになった二人は、
話を聞いてあげて、一緒に遊んであげることを伝えると
たいへん喜んでくれました。

お悩みや問題の背景に、
まだ癒されていないチャイルドが潜んでいることがあります。

予期しないタイミングで、突然、チャイルドが姿を現し
どれほど傷ついていたのか教えてくれる形となります。

傷付いたインナーチャイルドは、
どんな大人の中にもいると言われています。

おそらく私たちが認識している以上に、
さまざまな問題やお悩みの起源は、
幼少期、あるいは胎児期にあるのかもしれません。

この日はスクールのデモセッションでしたので、
実際にサブパーソナリティを行う際のポイントなどについて
ご質問を受け、お答えしました。

ヒプノセラピストが、サブパーソナリティのほかに
インナーチャイルドや年齢退行、胎児期退行を習得しているならば、
こうした予期せぬ事態に出会っても、柔軟に対応し、
癒しのサポートを続けることが出来るでしょう。

サブパーソナリティ、インナーチャイルド、
胎児期退行…というカテゴリーは、
便宜的なものであり、
私たちの潜在意識の中から現れるイメージが
最初からこのように分類されているわけではないのです。

潜在意識は、必要な時に、その方にとって必要なイメージ、
癒しに役立つイメージを見せてくれます。

それは分析的に割り切れるものではなく、しばしば曖昧であり、
複数の要素が渾然一体となっていることもよくあります。

そのイメージは、その方ならではの世界観であり、
日頃は意識されることのない未知の領域です。

次の瞬間、どのようなイメージが現れるかわからないヒプノセラピー。

その何が起こるかわからないところが
スクールの受講生の方にとっては怖さでもあり、
面白さでもあるのでしょう。

サブパーソナリティとインナーチャイルドに同時に出会うこととなった
その日のデモセッションは、中身が濃い充実したものとなりましたが、
受講生の方にとっては貴重な体験として、
心に残るものとなったのではないでしょうか?

ヒプノセラピーで心を癒す プロ養成スクール


この記事にコメントする

インナーチャイルド実習 ヒプノセラピープロ養成スクール

2014年04月05日

今日は、ヒプノセラピー・前世療法のスクールの
アドバンス・コースの実習がありました。

実習をなさる方は、お友だちにクライアントを頼み
仲良くご一緒にお越しになりました。

実習の際は、ご家族やご友人などに
クライアント役をお願いすることがよくあります。

さまざまなケースを拝見して感じるのは、
ご友人関係の在り方は、
少なからずセラピーにも影響を与えるようだということです。

あまりお話をする時間がなかったのですが、
今日のお二人の場合は、
長年に渡って良いお友だち同士であるとのこと。

言葉は少なくても、お互いのことを良く理解し合っておられるような
雰囲気が伝わってきました。

実は仲が良いということばかりではなく、
被暗示性が高いということも
初めての実習にとっては、大切なポイントとなります。

催眠に入りやすく、イメージを受け取っていただきやすいことは、
実習に臨むセラピストにとって心強く、
安心感をもたらしてくれるでしょう。

さて、今日の実習では、インナーチャイルドをしました。

シナリオどおりにいかない部分にも動じることなく、
淡々と進められているように見受けられました。

セッションを終えてから、じっくりと振り返りをします。

まずはその方から振り返りとご感想をお聴きし、
その後で私から気付いたことをお伝えします。

実習とは、初めて他者に対してヒプノセラピーをしてみる機会、
後から振り返れば、こうすればよかった、もっとこうしたかった…
ということが幾つもあるでしょう。

今日の実習では、言われて初めて気が付いた…ということではなく、
むしろ実習セッションをなさっている最中に、
既に気付いたりわかっていたりしていたのに、
ではどうしたらよいのか…ということについて、
良いアイデアが浮かばなかったことが多かったようです。

これこそ初心者の方が多かれ少なかれ感じられるもどかしさ、
私にも身に覚えがあることです。

細かい部分で、
言葉を言いながらも「ちょっと違うかも…」と感じていたり、
「本当はこうしたほうが…」と思いながらも、
とっさに言葉に出せなかったり…。

これらは、今は難しく感じられても、
経験値によって劇的に改善されるものだと思います。

練習セッションやケースを積むほどに、思うとおりに言葉をかけて、
したほうが良いと思うことは何でも楽々と行えるようになるでしょう。

向上心や意欲に満ち溢れた方ほど、
このようなもどかしさや悔しさが大きいかもしれません。

でも近い将来、理想のセッションに近付いていくことが
きっと出来るはずですので、あまり細部にこだわらずに、
楽しみながら続けていかれたらよいと思います。

どんな方でも、実習となれば緊張されるものですが、
終始、たいへん落ち着いて、声のトーンも揺るがず、
少しも上がっているようには見えない…
…ということに、いたく感心しました。

これもまた素晴らしい才能の一つです。

初めての実習、本当にお疲れさまでした。

ヒプノセラピーで心を癒す 潜在意識のイメージワーク


この記事にコメントする

インナーチャイルド&インナーペアレント ヒプノセラピーで心を癒す

2014年01月17日

インナーチャイルドは、こころの中に住んでいる内なる子ども。
傷つき、苦しんで、助けを必要としています。

ヒプノセラピーの「インナーチャイルド」は、
この傷ついたチャイルドに会いに行き、
その子の話を聴いて、辛い気持ちを受けとめ、
癒すためのセッションです。

幼い頃、心を傷つけられたことのない人はなく、
どんな人の中にも、インナーチャイルドがいると言われます。

インナーチャイルドを癒してあげると、
チャイルドは少しずつ変化し、成長していきます。

そしてその方とチャイルドは、
互いに無条件の愛を体験することで、
自分自身のことをもっと受け入れ、
健全な自己愛と自尊心を持つことができるようになっていきます。

インナーチャイルドは、シンプルな手法ですが、
一度だけでも効果があり、
他のメニューでは為し得ない
ユニークな癒しをもたらすことができるセッションです。

さてインナーチャイルドに比べると、
「インナーペアレント」というセッションは、
あまりなじみのない印象かもしれません。

インナーペアレントとは、内なる両親、
父親と母親、あるいはそのどちらかです。

生まれ育つプロセスのどこかで、
両親との間に問題が起こり、
その否定的な影響が、
現在も残留してその方を苦しめている時、
イメージの中で、親と向かい合うためのセッションです。

親子の問題といえば、
まずインナーチャイルドと思われるかもしれませんが、
インナーチャイルドとは、基本的に退行しない療法であり、
過去の具体的な場面やトラウマ的な出来事に戻ることはなく、
したがって父親・母親が登場することは通常はありません。

親がどのように心を傷つけたのか、
どのように無理解だったのか、
なぜ、その方を否定したり、あるがままを認めなかったりしたのか
本当は、どうして欲しかったのか…
…などということについては触れず、
ただチャイルドの心を癒すのが「インナーチャイルド」セッションです。

これに対してインナーペアレントのセッションでは、
問題となっている父親または母親、
あるいは両親を招き、
イメージの中でしっかりと向かい合う
ことができます。

具体的で明確な思いや出来事がある場合や、
親との共依存、親からの支配、虐待などがある場合には、
そのことについて、親と対話をして、
勇気を出して本当の気持ちを表現したり、
何が辛かったのかを親に訴えたりすると、
親に対する気持ちの整理がつき、
否定的な感情の解放が起こります。

そして場合によっては、
親からの支配や依存に「ノー」と宣言し、
自立した一人の大人として、
自分の意志とリソースで、自分の人生を歩む意思を表明します。

産み育て、いろいろと良くしてくれたこともあるのだから、
「文句を言ったり抗議をしたりするなんてとんでもない」と
思われるでしょうか?

たしかに子どもの幸せを願わない親はありません。

とはいえ、親といえども人間。
良い面・長所も、良くない面・短所も
併せ持つのが人間というものでしょう。

いくら良い面があったからと言って、
心の傷、痛みや苦悩、寂しさや怒り、悲しみなどが
相殺されてしまうことにはなりません。

傷ついた心は心として、
それが存在することを認め、受け入れ。
表現して解放する必要があるのです。

このセッションで対峙するのは、その方の問題の起源である
良くない親の側面(ネガティブサイド)とお考え下さい。

イメージの中で、心の中に居座っているペアレントを追放すると、
現実生活において、親子の縁が切れてしまうのではないかと
心配なさる方があるのですが、
実際にはそうではなく、
むしろより対等な大人同士の
より良い親子関係を築けるように変容が起こります。

インナーペアレントのセッションには、
部分的にインナーチャイルドの癒しを取り入れ、
組み合わせて行うことができます。

ペアレントに対する思いの表現と、
傷ついたチャイルドの心の癒しを共に行うと、
感情の解放がいっそう促され、深い癒しが起こり、
統合と変容に向かっていかれるでしょう。


この記事にコメントする

« Previous Entries  



ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー