神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

ライフレビュー ご自分に合った違和感のない癒しのツールを

2015年05月24日

昨日、ライフレビュー回想法 イメージヒーリングの
ホームページをリニューアルしました。

数年ぶりに全面的な見直しをしながら、
このサイトを構想していた頃のことを
思い起こしていました。

当時は、ヒプノセラピーから多次元セラピーへと
セラピー手法の幅が広がり、
催眠療法と退行療法の効果の高さを
あらためて再認識、
この癒しのツールを、心強く頼もしく感じていた一方で、
全く別の思いもありました。

それは、トラウマが深刻であればあるほど、
過去へ戻りたいという気持ちには
なかなかなれるものではない…ということです。

ヒプノセラピーは、その性質上、
ご自分で心の深層と向かい合うスタイルをとるため、
他の代替療法よりも、幾分、
癒しに取り組む意欲や勇気、
心の強さが求められるものです。

ヒプノセラピーのセッションにお越しになる方は、
本当に勇気ある前向きな方々だと、
常々感じています。

とはいえ、
嫌な過去と直接的に向かい合うのではなく、
むしろポジティブな方向を向いて
そちらにフォーカスしたいというお気持ちも
とてもよく理解出来ます。

そこで辛い過去には戻りたくない…
催眠状態は好まない…

…などという場合に活きる
セラピー手法としてご提案したのが、
回想法ライフレビューとイメージヒーリングなのです。

回想法ライフレビューは、
その方がお話になりたいことだけをお聴きします。

イメージヒーリングでは、
催眠状態を使いませんので、
どなたでも気楽なお気持ちで
お試しいただけます。

このサイトには、
マインドリリースというアートセラピーも含まれており、
こちらは言葉を使わずに心の重荷を解放して癒す手法ですので、
違和感や抵抗なく、楽々と体験していただけることでしょう。

日頃からよく言っていることですが、
セラピーは、手段であって、
目的ではありません。

その方の心身が解放され、
癒しと統合が促されるのであれば、
その方が望む、いちばんその方に合った、
楽な手法を使うのが良いことは、言うまでもないこと、

私どもセラピストには、
そのニーズに柔軟に対応することが
求められているのです。

世の中には、さまざまな代替療法があります。

今回、リニューアルした
ライフレビューのサイトもぜひご覧いただき、
無理なく違和感を覚えずに
やってみようと思われる癒しのツールを
知っていただければと思います。

回想法ライフレビュー&イメージヒーリング
本当の自分を思い出す心の癒しと安らぎ


この記事にコメントする

辛い過去には戻りたくない、退行療法以外の癒し

2013年12月25日

ヒプノセラピー(催眠療法)のメニューの中には、
退行するものと、退行しないものがあります。

退行療法は、この人生の過去に戻る年齢退行、
お母さんのおなかの中に戻る胎児期退行、前世療法など。

退行しないものは、ハイアーセルフ、サブパーソナリティなど。

インナーチャイルドのセッションには、退行療法を含む方法と
退行せずに行う方法の両方があります。

ちなみに多次元セラピーは、退行療法です。

さて、退行とは過去のある時点に戻り
その時の出来事や状況を再体験し、
そこにある感情・思考・感覚などを理解し、
現在に否定的な影響を及ぼしているものを解放する手法です。

通常の意識の状態ではわからない出来事の細部を
明らかにして理解することができ、
原因や理由などもわかります。

そして自分の本当の気持ち・思いに触れることができ、
たいへん効果のある方法なのです。

しかしながら、深刻なトラウマのある方や、
辛かった過去のことは、
もう思い出したくないという方もあります。

実をいうと、その辛い出来事を、
退行したうえで、一度だけ再体験することによって、
(十分に心を解放することができたとしたら)
もう二度とその辛さを感じないようになっていくことができるのですが、

辛く苦しい出来事であるほど、
戻っていくのが困難となるのは無理もないことです。

このような場合、
精神力を振り絞り、無理をして退行するのが
望ましくないのは言うまでもありません。

そんなことをしたら、退行療法そのものが、
新たなトラウマを作りかねません。

こうした場合のために、退行療法に比べて、
より穏やかでやさしいセラピーをご紹介したいと思います。

それは、アートセラピーとイメージヒーリング。

アートセラピーである「マインドリリース」は、
心の風景を表現して解放し、
再生の希望と意思をアンカリングするもので、
言葉を使わずに行うことができます。

手を動かして素材や色彩に触れながら、
自由な創作を楽しんでいただきます。

箱庭療法に、少し似ていますが、
心理療法のみを用いるものではありません。

カラー、サウンド、アロマ、
NLPなど心理療法、イメージヒーリングといった、
さまざまな癒しの手法を取り入れた
オリジナルの創作アートセラピー
です。

アートに興味がない方や、
絵やデザインは苦手という方も含め、
老若問わず、どんな方にも、気軽に体験していただけるものです。

発表するとか評価されるなどということなく、
思いのままに、好きなように表現するのは、
子どもの頃、普通に行っていた遊びですが、
大人になると、なかなかそのような機会はありません。

心の奥底から思いを掬い上げて素材や色で表現してみることで、
そっと手放すことが、たやすく行えるようになります。

「もう過去には戻りたくない、
退行療法はちょっと…」という時、
一度お試しいただければと思います。

マインドリリースは、心の風景を表現して解放する
癒しと再生のためのイメージヒーリングです。 


この記事にコメントする

心のすきまを埋めるために アートセラピー、レイキヒーリング、ヒプノセラピーでトラウマを癒す

2013年12月18日

こころが傷つくような体験をした時、
私たちは無意識のうちに心の傷を修復しようとします。

人間には自己治癒力が備わっていますので、
時間の経過とともに、少しずつ、少しずつ、
その傷は癒えてきます。

けれども、完治するまでの間、
傷口はひりひりと痛みます。

「傷などなかったことにする」というのは、
自分を守るために行うよくある方法です。

嫌なものや怖いものを見てしまった時、
「見なかったことにしよう」と目を閉じてしまうのと似ていますね。

傷の辛さを補って余りある何かを
引き換えに手に入れようとすることもよくあります。

職場でストレスを受けた時、
仕事帰りに、自分へのご褒美として、
何かおいしいものを食べたり、お酒を飲んだり、
ちょっと良いものを買ったりすることがあります。

評伝や伝記などをひも解くと、
たとえば、幼少期のトラウマをバネとして、
偉業を打ち立てるエピソードに出会います。

事業を起こしたり、オリンピックでメダルを獲得したり、
他者には真似のできないことを達成することがあります。

他人が持っていない特別なものや、
経済力、地位、名誉、財産、土地家屋などを所有すると、
心が満たされて、傷の痛みが紛れるということもあるでしょう。

こうしたことは、誰もが無意識にしているといってもよいことで、
間違いとかよくないということはありません。

けれども代償や埋め合わせによって、
一時的に、心が満たされたと感じていても、
元々あった傷の痛みが、
ある時、思いがけず浮上することがあります。

こうしたことに気付いたならば、
その方の中で、トラウマがあった事実を受け入れ、
その痛みがずっとあったことを認め、
向き合うためのチャンスと捉えることもできます。

過去のトラウマは、
それを体験した方以外の人には想像もつかないほどの
深刻なダメージを与えます。

無理に急いで癒そうとする必要はありません。

ゆっくりと、時間をかけて、
タイミングがきたと感じられたら
ヒプノセラピーを試してみるのもよいでしょう。

トラウマの記憶が生々しく残っているような場合には、
辛い過去には戻りたくない、
絶対に思い出したくないと思われるのは当然のことです。

ヒプノセラピーには、
退行する(過去に戻って再体験する)もののほかに
退行を行わない方法もあります。

また退行を用いることのない癒しの手法、
たとえばアートセラピーなどもお勧めすることができます。

アートセラピーは、言葉を使わずに、
形や色彩、素材のみを用いて、穏やかに心を癒すことができます。

レイキヒーリングも、無理なく、穏やかに作用していきます。

現在の状態に適した方法や、ご希望の手法を
ご一緒に見つけることができますので
まずはお気軽にご相談いただければと思います。


この記事にコメントする

ヒプノセラピーは再体験が辛い…

2013年11月19日

ヒプノセラピー(催眠療法)の中に、
退行催眠、回帰療法と呼ばれる
種類のメニュー
があります。

過去の時点へ遡って
出来事を再体験するセッションです。

たとえば、年齢退行、胎児期退行。

前世療法(過去生退行)も、
退行催眠(回帰療法)のひとつです。

お電話にて
お問い合わせをいただく際、
再体験する催眠療法のことをお伝えすると、
「それはやりたくない。」
とおっしゃる方があります。

トラウマとなるような過去の辛い体験ですから、
もう一度、思い出すと想像しただけでも辛いのは
大変よく理解できます。

本当は、ヒプノセラピーの退行催眠のセッションで、
一度だけ、思い切って再体験をして
その時の辛さや苦しみを解放してしまうと、
その体験からのネガティブな影響から
自由になれるはずなのですが、
まだ、そんな気になれないのならば、
もちろん無理に退行催眠をする必要はありません。

ほかにも癒しと統合の方法はあります。

まずヒプノセラピーの中で、
退行しないタイプのセッションをすることができます。

たとえばハイアーセルフ、サブパーソナリティなど。

また退行する場合でも、
距離を置いて、より客観的に体験する方法を
採ることもできます。

さらにやはり退行する場合に、
問題となっている辛い出来事ではなく、
問題の解決に役立つポジティブな出来事を
再体験することもできます。

思い出したり口にしたりするのも嫌な体験。

嫌なことを無理に行おうとしても、
セッションの効果は上がりません。

ユニーク アイ メンタル サポートでは、
カウンセリング、コーチングのほか、
NLP、EFT、イメージワーク、アートセラピー、ライフレビューなど、
ヒプノセラピー以外の手法も使い、
その方が望まれる手法、その方の状態に最適な手法をご相談しながら
セッションをさせていただきたいと考えています。


この記事にコメントする

アートセラピーと過去の深刻なトラウマ

2011年06月01日

「…大震災のトラウマを癒すサポートをさせていただきたい…」

先日「ヒプノセラピーと前世療法のスクール」を受講中のクライアントさんと
お茶を飲みながらお話をしていた時、
大震災のトラウマを癒すにはどんな手法がよいか、
ご相談をいただきました。

ヒプノセラピーの退行療法で、
過去のトラウマを癒す手法には、
たとえば、年齢退行、胎児期退行、前世療法などがあります。

退行療法とは、
過去の時点に戻って問題となる出来事を再体験し
否定的な感情や思考、感覚を解放して癒し、統合する手法
です。

退行療法はきわめて効果の高い手法なのですが、
このたびの大震災のように深刻なトラウマがある場合、
「辛い過去には戻りたくない」「思い出すのも苦痛」 
ということがほとんどです。

たとえ、退行療法という手法を
その方(の顕在意識)が望まれていたとしても、
無意識の防衛反応や潜在意識下のブロックなどが障害となり、
催眠誘導によってスムーズに退行できなくなる可能性があります。

ですので、大震災からまだ3ヵ月も経たない現在、

大震災や津波の被害、原発事故などのトラウマを癒すのに、
ヒプノセラピーの退行療法はあまりお勧めできないかもしれません。

むしろ現在ある「不安」や「悲しみ」「喪失感」などを
退行しない心理療法を用いて、無理なく穏やかに癒すほうがよいでしょう。

たとえば、NLP、EFT、イメージワーク、アートセラピーなど。

アートセラピーは、言語を使わずに、色彩や形で思いを表現するため、
感情や感覚を無理なく直接的に解放することができる、
安全で穏やかな手法です。

実はヒプノセラピーの個人セッションを続ける中で、
退行療法がなじまないケース、
「退行したくない」とおっしゃるクラインアントさん、
深刻なトラウマゆえに退行が困難となるケースと出会うことが、
何度かありました。

そこで、昨年秋頃から、
退行療法以外の癒しの手法をご紹介するウェブサイトを構想し始め、
少しずつ、新しいサイトを作り始めました。

先ごろ、ようやくアップロードしたそのサイトには、
アートセラピー、 イメージヒーリング、 
回想法・ライフレビュー などのメニューがあります。

もちろん大震災のことを予測して
構想したわけではありませんでしたが、
偶然にもこうした深刻なトラウマに、
適した手法をご案内できる結果となりました。

私どものアートセラピー「マインドリリース」は、
箱庭やガーデニングなどのような感覚で、
さまざまな素材や色彩に触れながら、
思いのままに心の風景を表現
していただくものです。

否定的な感情や記憶を解放するだけでなく、
未来の明るいビジョンをイメージしながら、
心理療法的なアプローチでそれをアンカー致します。

カラーセラピー、サウンドヒーリング、
アロマセラピー、イメージヒーリングなどを、
随所に取り入れて進めます。

優れた絵やデザインを完成させることが目的ではありませんので、
アートに関心がない方や、絵を描いたことのない方でも、
全く問題はありません。

年齢に関わりなく
どなたでも楽しく体験していただけるのではないでしょうか?

詳細につきましては、アートセラピー マインドリリース
をご覧下さい。

アートセラピーをお気軽に体験していただける
ワークショップも開催しております。


この記事にコメントする

 



ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー