神奈川 藤沢 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピーの特長と種類、潜在意識と催眠について解き明かし、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、潜在意識の活用・自己催眠セミナー、暗示療法で心の癒しと解放、親子関係の問題やトラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします。

ヒプノセラピーで心を癒すロゴ

ヒプノセラピーの方法、特長、効果、種類、催眠、暗示など もっと詳しく

このページでは、ヒプノセラピーについて、さらに詳しくお伝え致します。

ヒプノセラピー、催眠療法、退行療法、前世療法など名称は違っていても、
催眠状態で潜在意識にアクセスしてさまざまなイメージを受け取りながら
癒しがもたらされる点では共通しています。
ここではヒプノセラピーがこれら全体を含むものと考えてお伝えしています。

アイコン ヒプノセラピーの特長 他の代替療法と ここが違う


アイコン ヒプノセラピーと潜在意識


    アイコン 催眠への誤解 娯楽としての催眠術


    アイコン ヒプノセラピーの催眠状態とは?


アイコン 潜在意識に秘められた自己治癒力


アイコン ヒプノセラピーが安全である理由


    アイコン 催眠を体験するお試しセッション


アイコン 目標達成、願望実現のために潜在意識を活用する


アイコン 各種ヒプノセラピー 種類(メニュー)と内容

    アイコン ヒプノセラピーの暗示療法  行動修正・痛みの緩和 ほか


    アイコン 退行しないヒプノセラピー  インナーチャイルド・インナーペアレント・
                    サブパーソナリティ・ハイアーセルフ ほか


    アイコン ヒプノセラピーの退行療法・順行療法  胎児期退行・年齢退行・前世療法・
                        未来順行・未来世療法


ヒプノセラピーの特長 他の代替療法と ここが違う

代替療法にはさまざまな種類のものがあります。
ヒプノセラピーが、他の代替療法と異なる点を挙げてみます。

アイコン 潜在意識を活用します…

 カウンセリングや他の心理療法、
 針灸、整体、カイロなどのボディワーク、
 エネルギーワーク、リーディングやチャネリングなど、
 多くのセラピーやヒーリングは、日常生活をしている
 意識の状態=顕在意識(表層意識)のままで行います。

 それに対してヒプノセラピーは、
 催眠状態と呼ばれるある種の軽い変性意識状態を使います。
        > 催眠状態について詳しく

アイコン 本当の気持ちに気付くことがたやすく出来ます…

 催眠状態では、日頃、周囲に対する配慮や気兼ね、あるいは建前などによって
 意識化していなかった本当の気持ちに触れることが出来ます。

 押さえていた感情や、抑圧されていた思いに気付くことで、
 それらに光を当てることができます。
 そのうえで、そのままにしておいたり、手放したりと、
 より良い新たな選択をすることができるようになります。

アイコン 自発的に受け取るイメージによって癒しが起こります…

 ヒプノセラピーはその方が自発的に受け取るイメージに導かれて進みます。
 そのためヒプノセラピストが特定のイメージへ勝手に連れて行くことはありません。

 たとえばあるイメージが現れた時、その方がそのイメージについて
 ヒプノセラピストに伝えなければ、それは存在していないのと同じことになります。

 すなわち 受け取ったイメージや、それをどう感じているのかについて、
 どこまでどのように伝えるかは、その方が自由にコントロールできることに
 なります。

 催眠状態では、通常の意識の状態に比べて、受動性や依存性が
 やや高い状態となりますが、そうであってもセラピーについては、
 その方の自立性、自主性が保たれ、ヒプノセラピストに
 コントロールされてしまうということはありません。

アイコン イメージ世界をダイレクトに体験します…

 クライアントの方が、ご自分で、直接イメージ世界を体験するということも、
 大きな特長の一つです。

 たとえば前世療法(過去生退行療法)を考えてみましょう。

 リーディングのセッションや霊能者によるセッションでは、
 クライアントの方の前世について、リーダーや霊能力者が
 透視リーディンクや霊視、霊査などをします。
 そして「あなたはこんな時代に、これこれの場所で、このような出来事を
 体験しました…」と伝えてくれます。

 クライアントの方はそれを聴きますが、伝えられる内容については、
 それが確かなものであるかどうか、判断する手がかりはありません。

 それに対してヒプノセラピーの前世療法では、クライアントさんご自身が、
 ご自分の前世に退行し、直接その前世を体験します。

 その際、その時の感情や思考、感覚などまでリアルに体感することが出来ます。
 前世の体験はあくまでもその方が主観的に受け取られたイメージであり、
 ヒプノセラピストはクライアントさんの言葉を聴きながら
 そのイメージに寄り添い、感情や思いを引き出しながらセラピーを進めます。

 第三者によって、客観的に描写され伝えられるのと比べると、
 ご自分で直接的に再体験するということになりますので、
 臨場感を伴って深い解放と癒し、気付きなどを受け取っていただけるでしょう。

アイコン その方が望む変容だけが起こります…

 心の深層にある本当の気持ちに触れたり、
 これまで気付くことのなかった要素を発見したりするのは、
 クライアントさんがそうしたいと望む時にそうなります。

 ヒプノセラピストがクライアントさんの気持ちと
 相反するはたらきかけをすることはありませんし、たとえそうしたとしても、
 クライアントさんが望む許容範囲内でのみ、変容が起こります。

 意に反する結果となることがない、安全なセラピーと言えるでしょう。

アイコン リソースは、潜在意識に秘められた癒しのパワー…

 ヒプノセラピーは、超自然的なエネルギーや、特殊なテクニック、
 お薬、エッセンス、レメディ、機材・装置など外部の要素を一切使いません。
 セッションで用いるリソースは、元々その方に具わっている自己治癒力と叡智です。

 ヒプノセラピストは、その方がそれを最大限活用できるようにセラピーを進めます。
 その手段として用いるのは、言葉による暗示誘導のみです。


ヒプノセラピー と 潜在意識

ヒプノセラピーのセッションでは、潜在意識とつながり、
心の深層と向かい合い、
心身を癒すことが出来ます。

渚

では、潜在意識とは、どのようなものでしょうか?

潜在意識は、およそ90パーセントを占める膨大な領域。
意識されることはないものの、そこには夥しい数量のデータが蓄積され、
自己治癒のパワーと叡智を秘めています。

潜在意識に集められた情報は、はるか遠い過去から最近の出来事、
そして近未来からその先の未来にまで渡ります。
その中には、驚くべきことに、眠っている間や
気を失っている間の情報までもが含まれています。

私たちが、日常、思考したり、記憶を呼び起こしたり、
内省をしたりすることによっては、
たどりつくことの出来ない情報や体験が在ります。

想像したこともなかったような出来事、トランスパーソナルな情報、
あらゆるテータが網羅され、眠っている壮大な領域は、
私たち一人ひとりの心の深層に存在しているのです。

潜在意識と顕在意識を隔てる壁を越えて

ところが残念なことに、私たちは、通常の意識の状態で、
潜在意識にアクセスすることが出来ません。

通常の意識(=顕在意識) と 潜在意識 の間には、10代のはじめ頃、
壁が形成されてしまうためです。

その壁が、クリティカルファクターです。

小さな子どもは、まだこの壁が形成されていないため、顕在意識と潜在意識を
自在に行き来することができることになりますが、私たちは、通常の意識では、
潜在意識の領域に入っていくことが叶わないのです。

そこでクリティカルファクターを通り抜けて潜在意識にアクセスするために、
ヒプノセラピーで使われているのが、催眠状態 です。

催眠状態になると、潜在意識にたやすくアクセス出来るようになり、
今、その方にとって、今、必要な情報を取り出して参照し、
心身の癒しに役立てることが出来るのです。

潜在意識の特性を活かすヒプノセラピー

紫色の花

潜在意識には、たいへんユニークな特性があります。

その中でも、ヒプノセラピーの効果を上げるうえで特に役立つのは、
24時間休むことなくデータを蓄積している、
特定のデータを直ちに直ちに取り出すことができる、
時空を行き来して瞬間的に目的の時点に到達できる、
判断や好き嫌いを越えて移動できる、
過去にも未来にも自由に行く事ができる、
事実とフィクションの区別がつかない…などです。

たとえば時間をさかのぼって過去のある時点へ戻っていこうとする時(退行する時)、
行き先を誤ったり、迷ってしまったり、躊躇したりすることはありません。

問題やお悩みの起源に戻り、その時、何が起こっていたのか、
なぜそうなったのかなど、出来事の詳細を知ることができます。

記憶を失くしていたり、意識を失っていたりする間に起こった出来事についても、
潜在意識にはそのデータが在るため、そこにアクセスすることで、
何が起こっていたのかを理解することが出来るのです。

現実とフィクションの区別がつかないため、何かを明確にイメージして、
それが潜在意識に落とし込まれると、潜在意識はそれを現実として受け取り、
そちらへ向かう思考と行動が自然に選択されます。
その結果として、望んだことが具現化することにつながっていくのです。

潜在意識からのイメージ

潜在意識からイメージを受け取る方法には、個人差があります。
人は、イメージを受け取る際、主として優位な感覚を使っており、
視覚優位タイプのほかに、聴覚優位、体感覚優位タイプの方がおられます。

視覚が得意な方の場合は、
視覚的なイメージ=映像として受け取ることが多くなります。
色彩や形などがはっきりとわかりやすい特徴があります。

視覚タイプではない場合、絵や映像はほとんど見えません。
イメージの多くを、身体の感覚や聴覚的なイメージとして受け取ることになります。

たとえば、前世療法で、ある前世のイメージが現れたとしましょう。
視覚タイプの方は、カラー映画のようにストーリーが進んでいくのに対して、
体感覚や聴覚タイプでは、ただ何となく次はこうなるとわかる…と言う
受け取り方になるでしょう。

視覚、聴覚、体感覚と3タイプありますが、優位な感覚一つだけを使っているわけではなく、
たいてい複数の感覚を併用してイメージを受け取っています。

たとえば視覚が最も優位で、併せて体感覚も使っているといったように。

ですから、聴覚・体感覚の方の場合でも、映像が全く現れないのではなく、
部分的には視覚的イメージを受け取っている時もあるのです。

このことをご存じないと、
「視覚的なイメージがいっこうに現れないから私は催眠に入っていないのだ」と
思い込んでしまうおそれがあります。


催眠 は わけがわからない、怪しく 怖いもの…という誤解

ヒプノセラピーの催眠状態については、残念ながら、さまざまな誤解があるようです。

たとえば、意識を失ってしまう、操られてしまう、
意志とは無関係に不快なことを強要されてしまう、催眠中の記憶が失われる…etc.

映画やTVドラマの中では、催眠を使って悪事をはたらいたり、
思いどおりに操って行動させたり、ドラマチックな演出がほどこされています。

なぜこのような誤った理解をされるのかと考えてみると、
セラピーとしての催眠と、それ以外の催眠とが混同されているためかもしれません。

また、催眠といえばすぐに連想される、催眠術を考えてみましょう。
催眠術は、娯楽や余興、ゲーム、パフォーマンスとして使われる催眠であり、
その神秘性と非現実性、不可思議さによって、人々の心をつかみ、
エンターテインメントの世界で人気を集めました。

心理療法に使われる催眠とは違って、ショーアップされている催眠術には、
ドラマティックな演出や、笑いの要素、誇張、時にはヤラセなどもあるものです。

催眠は、それを使う側の意識や目的、倫理観などによっては、
悪用、誤用、濫用となる恐れがあるのは、否定できないことです。

心の癒しと探求のために使われるヒプノセラピーの催眠と、
それ以外の目的で使われる催眠とは、全く性質が異なるものです。

ヒプノセラピーで使う催眠は?

ヒプノセラピーとしての催眠の目的は、潜在意識にアクセスすること、
そのためには深過ぎず浅過ぎず、適度な深度の催眠が必要となります。

それは、心身がくつろいで、意識がご自分の内面に向いており、
程よく集中している状態であり、思考や分析が緩められている状態です。

一般に想像されているのとは異なり、通常の意識の状態と比べて
大きくかけ離れた状態ではありません。

誰かに話しかけられれば返答をすることが出来ますし、
物音や香り、周囲で起こっていることなども認識しています。

物音や地震、火災など周囲で起こっていることは、全て認識できる状態です。

また、ご自分の言動は、しっかりとコントロールすることが出来ます。
手足を自由に動かすことが出来るのは言うまでもありません。

誰でも自然に催眠に入っている 自然的催眠、非意図的催眠

実は、日常生活においても、私たちは一日に十数回、
自然に催眠状態に入っているのをご存じでしょうか?

たとえば、読書や映画に熱中してその世界に入り込んでいるような時、
あるいは電車に座ってぼうっともの思いにふけり、はっと気付いたら
ちょうど降りる駅に到着していた時は、自然的な催眠状態に入っていたのです。

芸術家や詩人、発明家などが、リラックスして散策している時ほど、
インスピレーションやユニークな着想を得るのは、半ば催眠状態となり、
思考の働きが緩み、意識が内側に向いているためであると考えても良いでしょう。

そうであれば、催眠に入れないなどということは
通常はほとんど無いと考えてよいことになります。

このことを思い出していただけば、催眠に入れない不安や、
入らなくてはという頑張り、プレッシャーなどから解放され、
気楽なお気持ちになっていただけるでしょう。

全ての催眠は 自己催眠   受け入れられない暗示は浸透していかない

美しい緑の葉

ヒプノセラピーのセッションでは、言葉による暗示を使って、
まずは通常の意識の状態(=顕在意識)から、催眠状態へと催眠誘導を致します。

暗示は、その方が受け入れて自己暗示となった時に、潜在意識に浸透していきますので、 全ての暗示は自己暗示であり、全ての催眠は自己催眠であると言われます。

従って、その方の意志に反して、無理やり誰かの手で
催眠に入れられてしまうということは、在り得ないことなのです。

ヒプノセラピーでは、その方が望む方向性に沿って、肯定的な暗示のみを使います。

ヒプノセラピストがこうなったらよいと望むことではなく、
クライアントの方が望んでいることが、よりたやすく実現していかれるように
催眠誘導と暗示を使ってお手伝いを致します。


潜在意識に秘められた自己治癒力

潜在意識の深層には、
その方が気付いていなかった本当の思いや感情、
心身を癒すのに役立つヒント、自己治癒力のパワーが存在しています。

たとえるならば、
失くしてしまった鍵をようやく見つけ出して、
長年、忘れ去られ、放置されていた宝石箱を開いてみるようなものです。

心の世界に眠り続ける価値ある宝石を再発見し、
もう一度 その手に取り戻してみませんか?

その宝石は、ご自分を癒すパワーと叡智のエッセンス。
目標達成や自己実現に向かうパワーと気付きをもたらし、
本当のご自分を思い出させ、勇気付けてくれることでしょう。


ヒプノセラピーで潜在意識にアクセス 本当の思いに触れてみましょう…

花

潜在意識の中には、
美しい輝きを放つものばかりではなく、
見たくない嫌なものや、汚れたもの、
不快に感じられるものもあるかもしれません。

途方もない体験のさなかにある時、人はしばしば無意識に感覚を閉じ、
感情に蓋をしてしまうことがあります。

その方が忘れようとして記憶から締め出したとしても、
抑え込まれた感情は水面下で渦を巻き続け、心身に否定的な影響を及ぼすのです。

身体的な不調となったり、鬱々とした気分になったり、
あるいはさまざまなことに意欲を失って無気力となったり、
生きている実感や喜びが薄れていったりします。

ヒプノセラピーセッションでは、
癒しに必要なところには、穏やかに光が届きます。

思い切って向かい合い、本当の気持ちに気付くだけで、
心が解放に向かい、心身が癒されていきます。
そして心の統合が促され、より良い状態への変容が起こるでしょう。

過去のどこかの時点において、ご自分を守ろうとして切り離してしまった
感情、思い、心の一部分を取り戻すのは、深い癒しと解放感を与え、
まるで故郷に帰ってきたかのような安らぎをもたらします。

また、長い間ため込んできた怒りや恨み、憎しみ、寂しさ、我慢、辛い気持ちなどは、
それがそこに存在していたことに気付き、ただ受け入れ、認めてあげるだけで、
心にのしかかる重荷ではなくなっていくでしょう。
この人生を、もっと軽やかに、楽々と歩んでいかれるようになっていきます。

あなたの潜在意識は素晴らしいリソース、
宝石箱をひらく鍵となるヒプノセラピーを使って、
心の深層 (=潜在意識) を探求する癒しの旅へ、ご一緒に出かけてみませんか?

今、その方に必要で役立つ何かが、きっと見つかることでしょう。


ヒプノセラピーはその方が望む変容だけが起こる 安全なセラピーです

虹

ヒプノセラピーが、安全で穏やかな手法であると考えられている理由としては、
次のような点が挙げられます。

  • アイコン ヒプノセラピーのセッション中、元々その方の潜在意識の中にないイメージが
     現れることはありません。

     またヒプノセラピストが、独自の判断で恣意的な介入をすることはありません。

  • アイコン その方が受け取ることを許容する範囲内で、必要なイメージが現れます。

     ヒプノセラピーのセッション中は、無意識の防衛がはたらくため、
      収拾がつかなくなるほどの衝撃を体験するようなことは、
     通常は起こりません。

  • アイコン ヒプノセラピーのセッションは、その方が望むテーマ・目標で進めます。
     その方が望む方向から逸れてしまったり、意志に反して望まない方向へ
     誘導されてしまうことは絶対にありません。

  • アイコン ヒプノセラピーセッションでは、催眠中、周囲で起こっていることは
     全て五感を使って認識することが出来ます。
     気を失ったり、心身のコントロールが出来なくなるようなことはありません。
     もしも途中でセラピーを止めたいと思われたならば、いつでも中止することが
     可能です。

  • アイコン ヒプノセラピーセッションでは、いつでも簡単に催眠から目覚めることが出来ます。
     その方がそう思われるだけで、通常の意識の状態に戻ります。

催眠を体験するリラクセーション・リフレッシュ

ヒプノセラピーを検討され、どうしようかと迷っておられる場合や、
催眠状態そのものを体験してみたいという場合には、
「初回お試し体験セッション」はいかがでしょうか?

事前カウンセリングがなく、お悩みや問題についてはお聴きしませんので、
気楽なお気持ちでお越しいただけると思います。

リクライニングソファに座り、くつろぎながら、言葉による暗示を聴いて、
催眠状態に入っていきます。

潜在意識から現れる 気持ちの良いイメージ世界を訪れ、ひとときゆったりと
くつろいで過ごしていただきます。

テーマは、リラクセーション・リフレッシュ。
お仕事や育児、介護などの疲れを癒し、ストレスを解消し、
すっきりと目覚めて英気を養うことを目指すセッションです。

「初回お試し体験セッション」は、神奈川県内のセッションルームのほか、
スカイプでもお気軽にお試しいただけます。

> 催眠状態を体験する ヒプノセラピー初回お試し体験セッション


目標達成、願望実現のための 潜在意識の活用

潜在意識は、私たちが想像している以上に、
日常生活や人生全般に大きな影響を及ぼしています。

その影響には、ポジティブなものもあれば、ネガティブなものもあります。

潜在意識の特性とパワーを理解すると、こころの癒しばかりではなく、
なりたい自分に近付いていくための原動力とすることができます。
潜在意識を味方に付けることで、望むとおりの未来を実現する可能性が
大きくひらかれていくのです。

無意識のまま影響を受け続ける状態から、
特性や作用を知って積極的に活用する姿勢となれば、
さまざまな良い変化を起こし、夢をかなえ、目標を達成することに
つながることでしょう。

努力して頑張ってみても思うようにいかない時、
もしかすると潜在意識の中に、実現を阻む負の要素があるのかもしれません。

顕在意識と潜在意識が、別々の方向を向いているのでは、
望むとおりに道が開けていくことは困難となってしまうでしょう

何が問題や障害となって、前に進まなくなっているのか、
潜在意識を探求してその原因を探り、理解することが出来ます。

クローバーの葉

ヒプノセラピーを使って、やめたい癖や改善したい悪習慣、
取り入れたい習慣や向上させたい能力、達成したい目標などがある時、
潜在意識下にある否定的なエネルギーを解放し、望みを達成してみませんか?

> 潜在意識を味方に付けて夢をかなえる 潜在意識の活用セミナー


ヒプノセラピーには、さまざまな種類があります。

たとえば、特定の目的のために効果的に暗示をかける暗示療法、
過去へ戻っていく退行療法、未来を訪れる順行療法、
時間軸を行き来しないでイメージを用いるヒプノセラピーなどがあります。

暗示療法  エミール・クーエと暗示の活用

紫色の花2

ヒプノセラピーと聞いて、まず連想されるのは、
暗示療法ではないでしょうか?

ヒプノセラピーの歴史を遡っていくと、癒しのために巧みに暗示を使った
エミール・クーエの名前が浮かびます。

"暗示の父"と呼ばれたエミール・クーエは、効果的に暗示をかける方法を研究し、
数多くのケースから、暗示の法則を見出しています。
彼が用いた方法はシンプルですが、癒しを必要とする人々の身体面、精神面の問題を、
(催眠を使わない)暗示のみによって改善し、大きな成果を上げたことで
知られています。

エミール・クーエが使った下記の暗示は、アファメーション (肯定的な宣言)
として、今日でもさまざまな場面で使われています。
 "日に日に私はあらゆる面でどんどん良くなっている"

マーフィーの法則やポジティブシンキング、引き寄せといったものも、
潜在意識に浸透する暗示と無縁ではありません。

最近ではメンタリストと名乗る方々が、心理的な分析と言語的・非言語的誘導
(しぐさや動作など)を巧みに用いて、人の心を読み取ったり、
特定の方向に導いたりするパフォーマンスが行われています。

暗示は、日常生活においても、さまざまな場面や目的で取り入れられています。
モットーや基本方針、グループにとって重要な目標などを紙に書いて、
目に付くところに掲示しておいたり、
学校や会社などで定期的に集まって唱和したり、何度も聴いたりしていると、
反復によって潜在意識に浸透し定着が促されるでしょう。

ヒプノセラピーの暗示療法

ヒプノセラピーの暗示療法では、心身のリラックスから催眠状態へと誘導し、
その方が望む肯定的な暗示をかけていきます。

ヒプノセラピーが最初に日本に紹介された頃から、
暗示療法は、最もよく知られたオーソドックスな癒しの手法として
多くの方々に受け入れられ、使われてきたものです。

ヒプノセラピーユニークアイの暗示療法では、
望むゴールや目的に適した暗示文を、その方のライフスタイルに合わせて構成し、
効果的にかけていくことで、その暗示を潜在意識に浸透させ、
解放、変容、改善、達成などを目指します。

暗示療法セッションでは、行動修正のページにあるもののほか、
ご希望のテーマに応じて最適な暗示文のシナリオを組み立て、
録音や活字などご希望の媒体で提供しています。

暗示文には、その後も継続して効果を生み出す後催眠暗示が含まれます。

このオリジナルのシナリオ(媒体)を使って、
ヒプノセラピーのセッション後も、ご自宅にて継続的に暗示をかけ、
効果を高め、変容を促すのに役立てて頂くことが出来るでしょう。


icon 行動修正

足を組んで座るビジネスマン

目標、願望の達成、行動・思考パターン・癖の改善、さらなる健やかさの実現、
望む未来の実現、集中力を高める、ダイエット、資格取得、面接・受験合格、
セルフイメージをより良いものにするには…


ヒプノセラピーのセッションは その方の目標に合わせて種類を選択

暗示療法のほかには、
過去の時点にさかのぼる退行療法、時間を進めて未来を訪れる順行療法
退行しないタイプのヒプノセラピーなどの種類(メニュー)があります。

ヒプノセラピーのさまざまな種類(メニュー)には
それぞれ特長があり、目的や効果に違いがあります。

ヒプノセラピー個人セッションにおいては、
その方の状態やご希望のテーマによって
これらを効果的に選択し、使い分けることができます。

私どものセッションルームでは、1回の個人セッションの中で、
その方のご希望に応じて、異なる複数の種類(メニュー)を
組み合わせて行うこともあります。


退行しないヒプノセラピー 潜在意識からのイメージの癒し

退行しないヒプノセラピーは、
主として潜在意識から現れるイメージを用いる癒しであり、
基本的に時間軸を越えて過去や未来に移動することはありません。

過去や未来に行きたくない場合や、辛いトラウマには触れたくない、
過去を再体験したくない、直接それに触れずに癒したいという場合に適しています。

退行しないヒプノセラピーには、代表的なものとして、
次のようなセッションがあります。


icon インナーチャイルド

草原で遊ぶ幼い子ども

インナーチャイルドは
傷付いて助けを求めている内なる子ども。
インナーチャイルドに会いに行き、
お話を聴いてあげると…


icon インナーペアレント

自分の両足を見つめる

内なる親=インナーペアレントに、本当はして欲しかったのに
してもらえなかったことを伝えてみましょう…
今も支配やコントロールをしている親を解放して自由に…


icon サブパーソナリティ

うつむくスーツ姿のビジネスマン

今、問題となっていることやお悩みに
深い関わりを持つサブパーソナリティ(副人格)と
対話をして、お互いのことを理解し合うと…


icon ハイアーセルフ

白い雲が浮かんでいる青空

ハイアーセルフは最高次元の神さまのような自分。
いつも無条件の愛を注ぎ見守ってくれている、
あなたのハイアーセルフに会いに行くと…


それぞれの詳細については、左サイドメニューから各ページをご覧ください。
上記のほかにも、その方のご希望に合わせて、
さまざまなセッションをさせていただいております。

ヒプノセラピーの退行療法・順行療法 時空を超えるイメージの旅

過去の時点へ戻っていくのが退行療法(回帰療法)です。

戻っていく先は、子どもの頃であったり、一か月前であったりと、
ヒプノセラピーのテーマによってさまざまです。

葉

潜在意識には、過去の全ての体験のデータが蓄積されています。

ヒプノセラピーのセッション中、
催眠状態で過去に戻り、問題となった出来事を再体験すると、
記憶していないことであっても、眠っている間のことであっても、
忘れてしまった細部を含めた出来事全体の詳細がわかることがあります。

問題やお悩みの起源に戻り、再体験することで、
なぜそうなったのかがわかり、解放と癒しが促されます。

順行療法では、この人生の未来のある時点、あるいは来生以降の未来を訪問し、
現在の問題の迷いや癒しに役立つイメージやヒントを持ち帰ることが出来ます。


ヒプノセラピー 退行療法・順行療法のさまざまなセッション

現在の問題や悩みがどんなことから生まれたのか、
どうしたら解決することができるのか、
そのヒントや気付きは、過去の出来事そのものの中から
受け取ることが出来ます。


icon 年齢退行

柵に寄りかかる帽子の男の子

この人生の過去に戻るセッションです。
必要に応じて子どもの頃や最近の出来事に戻っていきます。
辛い出来事や体験の渦中で苦しんでいる過去のご自分を癒してあげましょう…


icon 胎児期退行

赤ちゃんの小さな手

赤ちゃんは胎内でどんな体験をしているでしょうか?
生まれてくることをどう感じているのでしょうか?
全ての人にあるといわれるバーストラウマと胎児期のトラウマを癒します…


icon 前世療法

陽光が照らす長い通路

時空を超えて前世・過去生イメージの世界に旅をていきます。
今生の人生の目的、ソウルメイト、試練、逆境、障害や病気の意味、
潜在的な才能や資質、特定の相手とのつながりや絆を探求します…


icon 未来順行・未来世療法

青空と噴水のある公園

願いがかない最高に幸せな未来を訪れてみませんか?
数ある並行未来の中から最高の未来を選んで体験すると
潜在意識の力によって現実化しやすくなっていきます…


ライン

ヒプノセラピーの それぞれの種類(メニュー) の詳細は、
左サイドメニューから、各ページをご覧ください。

ヒプノセラピーの個人セッションを検討される際、
どの種類のセッションを選んだらよいのか迷われることがあるかもしれませんが、
事前に決まっていなくてもかまいません。

セッション当日、事前カウンセリングにおいて、
その時点でのお気持ちや状態、ご希望などをじっくりとお聴きして、
ご相談しながら選んでまいりますので、どうぞご安心下さい。



> HOME


ユニーク アイ
 メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット
hypnotherapy8.net

前世療法・過去生セラピー
心の癒しと探求ナビ

前世療法・過去生セラピーは、この人生の目的、ソウルメイト、試練や障害の意味、家族の絆などの探求、前世から持ち越している否定的な影響の解放にお勧めです。

多次元セラピー・退行療法
トランスパーソナルな
 探求と癒し

多次元セラピー は、ハンス・テンダム博士が伝えた問題解決力の高い斬新な退行療法=多次元トランスパーソナルセラピー。身体感情、思考のあらゆる面からアプローチ、原因不明の心身の不調がある時にもお勧めです。

カウンセリングで心をほぐす

心に寄り添い心の声をお聴きするホリスティックカウンセリング 。安全な空間にてお話しになりたいことをゆっくりとお話しいただけます。

ライフレビュー・回想法

人生を振り返り自由に語る穏やかなライフレビューです。過去の未完了の出来事を退行することなく完了させ、ご自分らしさを発見。気持ちの整理をつけたい時などにお勧めです。

レイキ・ヒーリング

宇宙高次元の癒しと調和の波動=レイキによるエネルギーヒーリング。臼井レイキの二大系統から日常に役立つワークをバランスよく取り入れた現代霊気法をお伝えしております。

↑ PAGE TOP

アイコン