神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

思うように改善していかない問題 ヒプノセラピーサポートプログラム

2015年09月08日

皆さまからのお問い合わせで、よくいただくのが、
ヒプノセラピーセッションの回数です。

「あと5回来てください。」
「全部で最低10回は必要です…」

このようなことを言われた経験のある方が
多いのではないでしょうか?

ヒプノセラピーのセッションは、
一度だけのセッションであっても、
その方が望む範囲で、必ず変容が起こると言われます。

そして、その方が解決したい問題やお悩みには、
複数の原因が複雑に絡まっていて、
一つを解きほぐしただけでは足りない…ということも
実はないとは言えないことです。

しかしながら、だからといって、
5回、10回のセッションをお勧めするということは、
どうなのでしょうか?

まず、心・身・魂の癒しは、
生きている限り、いつでも必要なものであり、
またいつでもその方にとって、役立つものだと思います。

一つの問題が解決に至ると、
その下に潜んでいた第二の問題が浮上してくるのです。

ですから、お気持ちがあるのでしたら、
折に触れて、心を見つめ、よりよい人生の可能性に向かって
さらなる癒しや解放を目指していかれるとよいでしょう。

どんなタイミングであっても、求める癒しは必ず起こり、
人生の質が向上していくのは間違いないと言ってよいでしょう。

それに対して、
ヒプノセラピーのセッションを何回受けるかということには、
もう少し現実的な要素が入ってきます。

たとえば時間的な余裕、経済的な余裕、介護や育児などご家族の状況、
体力や気力、癒しに取り組む動機づけや意欲などです。

また、どんなレベルをその方が求めておられるのかによっても異なります。

たとえば、体に痛みがある時、
痛みがある程度軽減されて、日常生活に支障がなければOK 
…という方もあれば、
完全に痛みがない状態を求める方もあります。

こうした要素は、その方にしかわからないところですので、
ゆっくりと検討されて、お好きな回数を、お好きなタイミングで
受けられたらよいかと思います。

基本的に私どもは、初回セッションで、
「あと○回のセッションが必要です」ということは申し上げません。

その方が、もう一度セッションをしたい、あるいは
もう一歩踏み込んで探求を続けたいと思われた時、
次回セッションを予約していただければと考えています。

ここで、ぜひご紹介しいのが、
ヒプノセラピーサポートプログラムです。

サポートプログラムは、その方の状態やテーマに応じて、
複数回のセッションと、セッション後のフィードバック、
癒しに役立つセミナーなどをひとつのプログラムにしたものです。

人間関係や親子の問題など大きなテーマ、
原因不明の不調など長期に渡る問題などにお勧めです。

たとえば、親子の問題がある場合、
幼少期のトラウマを癒す年齢退行、
胎児期のトラウマ・バーストラウマを癒す胎児期退行、
インナーチャイルド、インナーペアレント、サブパーソナリティ、
その親を選んだいきさつを探求する前世療法など、
一般的にお勧めできるセッションは、6種類以上に及びます。

さまざまな角度からアプローチする各種メニューを
ひととおり受けられたら、おそらく深いレベルでの解放と
癒しが起こることでしょう。

けれども通常は、こうしたセッションを次々に受けることは
たいへんエネルギーが要ることです。

一つの種類のセッションをされると、
心の深層が揺れ動いて、解放に向かい、
今まで意識されなかった感情が
湧いてくるようになるかもしれません。

こうした時に、セッション直後の変化やご質問に
きめこまかく対応させていただけるのが、
ヒプノセラピーサポートプログラムのメリットです。

複数のセッションのみならず、
セミナーやワークショップが組み込まれていることで、
潜在意識と顕在意識の両面からはたらきかけ
バランスを取りながら進めることが出来ます。

ヒプノセラピーサポートプログラムでは、
単発のセッション・セミナーの組み合わせよりも、
料金が割引され、リーズナブルとなっています。

心理的、精神的、経済的な負担を軽くして、
癒しに積極的に取り組まれる方々を、
より丁寧にサポートさせていただければと考えて
作ったものです。

ヒプノセラピーサポートプログラムには、
複数回のヒプノセラピーセッションにフィードバックを挟む形のものと、
セミナーなども含むテーマ別のサポートプログラムの2種類があります。

長年、さまざまな方法を用いて取り組んできたものの
なかなか結果が出ないようなケースで、
サポートプログラムを使って実際に効果が現れたケースが
これまでにも多数あります。

頑固な不調や断続的な不調、親子関係にまつわるテーマには、
特にお役に立つと考えています。

サポートプログラムのページには、
癒しを望んでいるのに、癒しのプロセスが
思うように進んでいかない原因についても、
これまでのセッション経験から考察し、まとめてあります。

ご参考にしていただければと思います。

詳細は、左サイドメニューから、
ヒプノセラピーサポートプログラム のページをご覧ください。

ヒプノセラピーで心を癒す もっと自分らしく自己実現 望む未来を創る


この記事にコメントする

鬱々とした気分、過食、嗜癖など困難な問題とヒプノセラピー

2015年08月08日

皆さまからのご相談の中で比較的多いテーマとして、
人間関係や親子の問題があります。

人と人との関係は、ただ一つの正解があるわけではなく、
時間の経過とともに変化も起こり、
たいへん複雑なものです。

そして幼少期の親との関わりも、
このブログにはしばしば書いていることですが、
言葉では表現できないほど深刻であり、
後々まで否定的な影響を与え続けるものです。

親子、夫婦、家族、人間関係など、
最初からはっきりとテーマを意識できる場合は、
焦点を絞ってアプローチすることが出来ますし、
目標設定もしやすくなります。

ところが、これらのテーマは、
一見、全く異なる問題として自覚されることがあり、
こうした点が、このテーマの根深さを現わしているとも言えるのです。

たとえば、鬱々とした気分から抜けられない、
やる気が起こらない、
将来に対して希望が持てない、
つい過食をしてしまう、あるいは食事が摂れない、
買い物や甘いものを止められない…などです。

こうして並べてみると、本当に辛い状態です。

生きること、生活することそのものの
基本部分が損なわれてしまい、
これまで行えていたことが出来なくなったり、
これから先の人生のビジョンを描けなくなったり、
新しいことを始める意欲を失ったりしてしまうでしょう。

こうした状態に陥った方は、
少しでも早く立ち直りたい、
元通りの普通の生活を送りたいと願い、
多くの情報を集め、カウンセラーやセラピストの元を訪れます。

いろいろな代替療法を試して思うような結果が現れないと、
次第に焦燥感や不安感を覚え、
さらにいろいろな方法を探されることも少なくありません。

代替療法には、実にさまざまな手法があるため、
その方に合うものを探されるのは良いことですが、
多くの場合、結果に期待を持ち過ぎてしまうことがあるようです。

ヒプノセラピーにおいても、
一度のセッションで、全ての問題が無くなり、
魔法のように完全に元通りになる…という
期待を持たれることがあります。

ヒプノセラピーは、一度だけのセッションであっても、
必ずその方が望む範囲で、癒しと変容が起こります。

一度だけでお悩みが解決する…ということも、
もちろんあります。

しかしながら、問題やお悩みが長期に渡り、
根の深いものであればあるほど、
その方が期待しているような目覚ましい結果は現れず、
落胆されてしまうことになりやすいのです。

長引く辛さや苦しみ、焦りなどがあるのですから、
仕方がないことなのですが、期待のレベルがだんだんと上がり、
時に非現実的な期待にまでなってしまうことがあります。

多次元セラピーを伝えたハンス・テンダム博士は、
セラピーというのは、その方の癒しと解放、
個人的な成長と進化のプロセスであり、
一回のセラピーが終わると、状態は良くなり、
そこから回を追うごとに、さらなる解放と癒しにつながり、
シリーズとして続いていく…ということをおっしゃっています。

生きていればどうしても降りかかってくるさまざまな問題やストレスは、
解放、改善、癒しなどを待ち望んでおり、
生きている限り、癒しも進化もこれで終わり…ということは
無いとも言えるでしょう。

人生とは、悩みの連続であり、
体調も心の状態もアップダウンするもの、
その波と上手に付き合って暮らしていくほかはありません。

もしも現在、辛いお悩みがあるとして、
ヒプノセラピーのセッションを検討されているのでしたら、
ぜひ一度、受けてみていただければと思います。

ヒプノセラピーは、日頃、意識していない心の深層と
向かい合うことができ、
本当の思いに触れられる貴重な機会となるものです。

その方が望む程度に応じて、望むところまで変容が起こり、
行き過ぎて混乱したり、収集がつかなくなったりすることはありません。

そして、仮に思うような結果が出ないとしたら、
それは原因が単一ではなく、
複数の要因が複雑に絡まり合っているということですので、
心と向かい合い、さまざまな角度から、
丹念にほぐしていく必要があるということになるでしょう。

そのことは、実際にヒプノセラピーのセッションに、
何回も来る必要がある‥ということを意味するわけではありません。

その方が、もっと心の声を聴いてみたい、
心の深層をさらに探求して癒したいと思われる時、
潜在意識は、その思いに必ず応えてくれるものです。

そしてご自分を癒す自然治癒力がはたらき始め、
探求すればするほど、忘れ去られていた過去の痛みや、
思いも寄らない要因に気付くことになるでしょう。

いつ、どのタイミングで、
ヒプノセラピーを何回されるかは、その方の選択です。

心は、頭で考えるように、割り切れるものではないのです。

特に「感情」は、理屈では扱えません。

一足飛びのミラクルへの期待や焦りは脇に置き、
いったん離れてみましょう。

心の深層とゆっくりと向かい合い、
思考や分析を越えた心の声と感情に、
耳を傾けるお気持ちを持って臨まれるとよいのではないでしょうか?

ヒプノセラピーで心を癒す 長期に渡る問題のサポートプログラム


この記事にコメントする

潜在意識と顕在意識の両面から 変容を促す癒しのサポート

2014年09月11日

意識の90パーセントを占める潜在意識のパワーを上手に使って行う
ヒプノセラピーの退行療法、暗示療法をさせていただいています。

ヒプノセラピーのセッションでは、
潜在意識の中から、その時、その方に必要なイメージが現れ、
そのイメージが、問題の起源や解決へのヒントとなり、
癒しと解放をもたらしてくれるのです。

日常生活の中では、意識されることのない潜在意識。

そうと気付かれないまま、潜在意識が
私たちの行動や選択に関わっていることは、
ほとんど知られていないことです。

いつもの意識の状態=顕在意識が感知していない、
より深いレベルの情報にアクセスできるのが、
ヒプノセラピーの素晴らしいメリットだと言えるでしょう。

さて、この潜在意識と、
日常ふつうに使っている意識 (=顕在意識)とが
もしもタッグを組んで動き始めたとしたら…?

その成果はおそらく目を見張るものとなるはずです。

たとえば、ヒプノセラピーのセッションで、
潜在意識にアプローチして、本当の気持ちに触れ、
親子関係で傷ついた心を癒したとしましょう。

そこからさらに顕在意識にもはたらきかけていったら
どうでしょうか?

個人セッションのほかに私どもが行っているセミナーやワークショップなどは、
通常の意識の状態、すなわち顕在意識からのアプローチです。

神経を逆撫でするような親の言動がどこからきたものなのか?
それによって幼少期のその方が、どのような体験をされ、
それが現在の行動や感情の動きにどのように影響を与えているのか、
知性的に整理をしてマインドで理解することができます。

ヒプノセラピーのセッションをなさった方が、その後、セミナーへとご関心を持たれたり、
ヒプノセラピーのスクール受講中に、個人セッションを希望なさったりということは、
ご自分を癒し変容したいお気持ちの強い方には、よく見られることです。

このたび新たに追加した「ヒプノセラピーサポートプログラム」では、
ヒプノセラピーの個人セッションとフィードバック、セミナー、ワークショップなどを組み合わせ
数回セットのプログラムとしてセッションをする形を取っています。

こうすることによって、潜在意識と顕在意識の両面からはたらきかけ、
納得をしながらゴールに向かって着室に近づいていかれるように
きめ細かく丁寧にサポートを致します。

テーマは、親子関係・人間関係、パートナシップ・恋愛、
自分らしさ・自己実現、セルフヒーリング、目標・願望達成の5つです。

これまでにお越しいただいたセッションケースや
セミナー、ワークショップなどの記録をもとにして、
要となる重要なセッションを選りすぐってまとめてありますので、
あれこれと迷うことなく、効率よくご利用いただけるでしょう。

このサポートプログラムには、複数のオプションがあり、
さらにご希望のセッションを追加していただくこともできます。

この秋、本気で変わりたい、癒したいと望む方には、
ヒプノセラピーの合間にフィードパックを挟み、
長期に渡る問題やお悩みを継続的にサポートする
癒しと解放サポートプログラムも併せて掲載しています。

ヒプノセラピー サポートプログラム


この記事にコメントする

 



ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー