神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

直感と思考のアンバランス 心が追い詰められた時

2017年03月06日

お問い合わせのお電話やメールを、突然、いただくような時、
急を要している雰囲気が伝わってくることがあります…

この方は、まさに今、相当お辛いのだろうと、
こちらも身構え、セラピストモードに入ります。

どのようにして、私どもの電話番号やメールアドレスに
行き着き、ご連絡くださったのかと、想像してみると、
(折に触れて思うのですが)
そこには直感のはたらきがあるように感じられます。

「クライアントの方は、ご自分を扱えるセラピストを的確に選んでいる」
ということがよく言われます。

これまでの経験から、本当にそうであるらしい…と私も感じています。

それは、必ずしもその方が望む癒しが起こる…、効果があがる…
ということを意味するのではありません。

結果ではなく、セッションのプロセスにおいて、
おそらくお互いにとって、必要な言葉やエネルギー、フィーリング、
表現すべきことや耳を傾けることなどがある時に、
化学反応のようなことが起こっている…

それをあらかじめ察知したり感知したりするのは、
マインドの思考ではないように感じるのです。

お互いというのは、ヒプノセラピストとクライアント、
出会いはゆかり、仏教で言われる因縁のようなものです。

セッションとは、ヒプノセラピストが、
クライアントの方の癒しのサポートをさせていただくものですが、
ヒプノセラピストのほうも、クライアントの方から、
たくさんのものを受け取り、多大な影響を受けているのです。

それは、言葉にすると少しおおげさですが、
個人の視点を離れて俯瞰してみれば、共同創造のようなものです。

さて、話を最初に戻しましょう。

差し迫った状況で、直感とフィーリングに導かれて
コンタクトを取っていただいた(かと思われる)その方が、
そこからにわかにマインドの思考に入っていかれることがあります。

良いとか悪いとかいうことではなく、
客観的にそうなっているのが伝わってきて、直ちに理解されます。

まるでギアチェンジのように。

すると、お電話でも、メールでも、
さまざまなご質問や確認、効果の念押し、経歴参照などが始まり、
細かい部分についてのやり取りが幾度にも渡って重ねられることになります。

たぶんその長いやり取り自体が、
ちょっとしたストレスを生み出してしまうのではないかと
だんだん心配になっていくほどに。

直感がひらいたドアを、自然に通り抜けて入っていくことを、
マインドは簡単には許してくれないのでしょう。

頭で納得できるまで、調べたり、吟味したり、確認したり、比較検討したり…を
し続けないわけにはいかないのでしょう。

たいへんなエネルギーが費やされることでしょう。

このようなことが、時々起こるのですが、
代替療法の仕事をしている立場からは、どのような説得力をもって、
「マインド」にアピールが出来るのだろうかということも、
頭の隅をかすめます。

ホームページに書いた説明以上の、どんな要素を付け加えたら、
マインドに、納得していただけるでしょう?

その方のパーソナリティや育った環境、親子関係、人生の体験などによって、
この世界に対するわけのわからない気持ち、漠然とした不信感が生まれ、
懐疑や不信がパターンとなってしまうことがあります。

失敗したくない、間違えることは許されないという
強迫的な信念が潜んでいる場合もあるかもしれません。

感情やフィーリングに蓋をしてしまうと、
その分、思考活動が活発にはたらいて補ってくれます。

世界に対する不信感と、自分に対する不信感があるとしたら、
日々の生活は、どれほど暗く、難儀なものとなるでしょうか?

本当に辛いことです。心が痛みます。

基本的な安心感が持てないという苦しみは、
そのことに気付けるならば、その方が取り組むべきテーマとなっていくでしょう。

気付きもまた、内省ばかりではなく、
マインドを越えたところからやってくることがあります。

頭をフル回転させて、何から何まで考えて、考えて、考え続けて、
くたびれてしまったら、休養が必要です。

体だけでなく、思い切って、頭も休ませてあげましょう。

ユング心理学では、人間には、思考のほかに、
感情、感覚、直感という素晴らしい心の機能があると考えます。

苦境に立たされている時や、限界を超えそうな辛さがある時は、
心のバランスが崩れている時、
思考だけで突き進んでいく危険は、私も体験したことがありますが、
本当に危ないことになりかねません。

そんな状況に陥ってしまったら、一人で抱え込まずに、
信頼できる人に打ち明けてみましょう。

今の気持ちや状況について、ゆっくりと話を聴いてもらうことをお勧め致します。

言葉にしてみると、心が落ち着いてきますし、
ご自分を客観的に眺める心のゆとりを持てるようになるでしょう。

ヒプノセラピーで心を癒す もっと自分らしく 望む未来を創る


この記事にコメントする

 



ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー