神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

ウツを責めないで ウツはその人のせいではない

2016年12月19日

鬱々とした気分に陥ったことのない方は、
おそらくいらっしゃらないのではないかと思います。

若い頃、まだ癒しやセラピーのことを勉強する前には、
私もしばしば気分の落ち込みを体験したことがありました。

若い頃は、まだ自分のことをよくわかっていませんし、
ストレスへの対処方法も、身に付いてはいません。

ちょっとしたことで心が折れてしまい、
いつまでもそのことを考え続け、頭を離れなくなって、気分が塞ぎます。

こうしたことは、よくあることで、
「普通」の範囲内と言ってもよいくらいのことだと思うのですが、
今日、お伝えしたいのは、これとは少し異なるウツ的な状態です。

普通、という言い方は、曖昧で、わかりにくい表現ですが、
生まれてから今日まで、いろいろなことがあっても、
まずまず人並みの生活を送っておられ、
家族関係もつかず離れず、さほどストレスなく、
それなりの人間関係も保たれ、職業生活を続けている…
そんなイメージでとらえていただければと思います。

それに対して、生まれる直前や直後の状況が複雑であったり、
幼少期に大きなトラウマがあったり、親子関係に問題があったり、
持病や障害などがあったり、
さまざまな理由で学校生活がストレスフルであったりして、
現在、ウツ的な状況にある方がおられます。

セッションルームには、これまでに、
このような方々がたくさんお越しになりました。

このような場合のウツ的状態は、
言葉では表せないほど辛いものとなってしまうのです。

たとえば、虐待、ネグレクト、過干渉など
幼少期の親との関係に問題があった場合は、
それがなかった場合と比べると、
ウツの苦しみは、例えようがないほど重く苦しいものとなるのです。

まずまず一般的な親子関係に恵まれた方は、おそらく、この途方もない辛さを、
本当には理解することが困難なのではないかと思うくらいです。

しかしながら、家族、親族、学校、職場、バイト先、ご近所の方々などが、
こうしたウツ的状態に接した時、単純にご自分の物差しで測って、
「よくあるウツ」とみなしてしまうことには、大きな危険が潜んでいます。

周囲の人々のうち、ウツを体験したことがないか、
あるいは幼少期に特に問題がなかった人は、あまり深く考えることなく、
「たいしたことはない」「気にしなくても大丈夫」
「少し休養を取れば良くなる」と考えがちです。

ウツとは、心が「風邪をひく」ことだとよく言われますが、
本当に風邪レベルと気安くとらえてしまうかもしれません。

それだけならばまだ良いのですが、
「他の人たちは何でもないのに、この人だけがウツになったのは、
この人の心が弱いからだ」
「物事を深刻に受けとめて暗い方向に考える性格のせいだ」と
思いがちです。

このような見方をすると、周囲の人たちのほうが正常で、
早くこの人も普通になって欲しい、なるべきだという期待を
投げかけるようになってしまうでしょう。

ウツは、体験したことのない方には、想像していただくほかはないものですが、
過去のトラウマや幼少期の親との苦しい関係の延長線上にあるウツについては、
想像を越えた過酷さや生き辛さを伴うことを、
ぜひ知っておいていただければと思います。

揉め事や苦しい対人関係の回避、お仕事の配置転換といった
ウツの直接的原因を取り除く方法のみでは、
改善に向かわないことが、しばしばあるものです。

過去は過去として、既に過ぎ去ったものであることは間違いありません。

けれどもそれは、その過去が、既に完了、完結している場合に限られます。

過去の出来事や人間関係がまだ癒されていない場合の苦しみや、
過去の体験によって作られてしまった感情反応、行動パターンなどは、
その大半が現在にそのまま持ち越されていて、今も同じ苦しみが続いており、
さらなる苦しみや悩みが新たに生み出されてしまうのです。

ご自分を癒すための十分な時間や環境、経済力、周囲の理解などがあるならば、
これまでの人生を振り返りながら、過去を癒していくことで、
現在もまた癒されていくでしょう。

とはいえ、現実には、癒しに取り組むことに専念できる環境にある方は、
残念ながら、あまり多くはないと思います。

セラピストとしては、たいへん悩ましいことです。

癒すための道筋や方法、セラピーのアプローチについては、
選択肢が複数あります。

個人セッションでは、それらをご提案し、実践出来るのですが、
ご家庭、学校、職場などのご都合や、
周囲からの期待とプレッシャーなどによって、
ご本人の気持ちに焦りが生まれ、ご自分を責めるモードに入ってしまうと、
状態はなかなか良くなられません。

人にはさまざまな成育歴があり、さまざまな親子関係があることを、
周囲の方々には思い起こしていただければと思います。

今、心身の状態が良い人や、幼少期に特に問題がなかった方は、
「自分には想像することすら出来ないけれども、
きっと計り知れない苦しみがある(あった)のだろう」
というスタンスで見てみましょう。

そして、これはとても大切なことですが、こうなってしまったのは、
ウツ的状態にある方の「せいではない」とご理解下さい。

周囲の方々は、その方を「問題がある人」「弱い人」であると
思わないようにしましょう。

幼少期の親子関係においては、
子どもには、生き方を選択する余地はありません。

親からどのような理不尽な態度をとられても、
どのような虐待を受けたとしても、子どもは親を愛しており、
親と一緒でなければ生存は出来ません。

ですので、その結果としての感情反応や行動パターンは、
自分を守り、親に愛され、辛い状況に適応するために編み出された
無意識の戦略であり、仕方がないことだったのです。

ですので、ウツ的な状態の方は、
くれぐれもご自分を責めないようにしましょう。

たとえ周囲からの理解がなくても、
励ましの言葉をかけられたり、回復を促されたりしたとしても、
それは理解が足りないせいであり、あなたが悪いのではありません。

ヒプノセラピーで心を癒す もっと自分らしく 望む未来を創る


この記事にコメントする

エネルギーヒーリングの長所は?

2016年12月12日

このところ、お問い合わせが増えてきているエネルギーヒーリングについて、
ご紹介する記事を投稿しました。

前世療法、特に多次元セラピーによる前世療法と、
エネルギーヒーリングの関係について取り上げています。

前世療法・過去生セラピー 心の癒しと探求ナビ サイト内の
ブログのページです。

前世療法で、前世・過去生を探求することと、
エネルギーレベルで一気に解放するエネルギーヒーリング。

いずれも癒しの効果が高い素晴らしい方法なのですが、
実は、好みが分かれるところであり、
その方によって、どちらのほうが適しているかが違ってきます。

皆さまは、前世療法に何を求めておられるでしょうか?

どんな前世・過去生だったのか、
一体どのような出来事が起こっていたのかを
探求すること?

それとも、
問題やお悩みを改善したり解放したりすること?

もしも後者であるならば、
楽に受けられるエネルギーヒーリングは
お勧めしたいセッションです。

ご興味のある方は、
多次元セラピーによる前世療法とエネルギーヒーリング
をご覧いただければと思います。


この記事にコメントする

笑いでストレス解消、笑いヨガで健やかに

2016年12月11日

笑うことが好きです。

学生の頃や、サラリーマンをしていた時期は、
人間関係や仕事のストレスがたくさんありました。

当時は、私の人生には笑いが足りない…とため息をつきたくなる状況があり、
それならば、意図的に笑いを取り入れようと考えて、
さまざまな媒体の笑いを常備していました。

読めば即座に笑える漫画や本、
お笑い番組や、笑いに溢れるバラエティ番組の録画、
喜劇映画のDVDなどを、いつでも視聴できるように集めていたのです。

そのため、日頃から、時間があれば、
笑いの要素にアンテナを張っては、積極的に収集していました。

ストレス解消といえば、スポーツや食べ歩き、旅行、
趣味を楽しむことなどがありますが、
このいずれもが、私の状況にはあまりフィットしませんでした。

たとえば、話題の面白い映画を、友人と一緒に見ていても、
顔はスクリーンに向かっているものの、
頭の中は仕事や厄介な揉め事、将来への悲観が渦巻いて、
うわの空という感じです。

また、週末に友人たちと旅行に出かけても、
行きの新幹線の中では、職場の話や愚痴がとめどなく湧いてきて、
少しも楽しい気持ちにはなれません。

考えても仕方のないことなのに、そこから離れることが出来ず、
頭は絶え間なく、ぐるぐると無益な思考を続けます。

そのような日々で、笑いだけは、たしかに役に立ちました。

短い時間であっても、悩みから意識が完全に離れて集中出来ますし、
笑うと実に爽快な気分になれます。

笑いヨガをご存じでしょうか?

ストレス解消やリフレッシュのために、
面白くなくても、ちょっとばかり意識的に笑ってみましょう…
という姿勢で行うのが、笑いヨガです。

以前から、笑いヨガのことは知っていたのですが、
ようやく今年の初め、スケジュールのタイミングが合い、
日本笑いヨガ協会主催の「笑いヨガリーダー養成講座」に
参加することが出来ました。

この講座に参加したのは、自分のためではなく、
クライアントの方に役立つサポートとして
笑う機会を提供できないかと考えたためです。

養成講座はたいへん面白くて、大笑いしながら楽しみ、
その後、他の方が主催する笑いヨガサークルにも参加してみました。

そして、いよいよ個人セッションのクライアントの方々にも、
笑いがお役に立ちそうな方を選んで、
さりげなく笑いヨガをご紹介してみようと考えたのですが、
これが上手くいきません。

私は、よく知らなかったのですが、
笑いヨガには、幾つかの系統が存在するようです。

笑いヨガのリーダーさんやファシリテーターさんによっては、
オーバーアクションの笑いが、
ちょっと正視し辛いほどのけたたましさであったり、
破顔と言いますが、顔をくちゃくちゃにしながら(?)
周囲が驚くほどの大声を上げて笑い、
日常にこんな笑いは絶対に無いでしょうという笑いであったり、
そのようなイメージが浸透していて、
かなりの抵抗感や違和感を持たれているようだということが
少しずつ、わかってきました。

ちょっと変わった人たちが、奇妙なことをしている…というイメージ。

不自然に大き過ぎる笑いは、見る者が引いてしまいますね。

笑いヨガは、元々、海外から入ってきたものですので、
動作やしぐさ、声の大きさなどが、少々日本的ではないのかもしれません。

とはいえ、養成講座では、笑いヨガが健康のためにどれほど役立つか、
心身のコンディションを高め、気持ちを上げて
前向きにしてくれるかということを学んできましたので、
こうした違和感は、とても残念なことだと思っています。

笑いヨガに対して、違和感を持たれている方にお伝えしたいのは、
その方にとって、無理のない笑い方で十分だということです。

基本的に笑いヨガサークルでは、大勢で集まって盛り上がりますが、
私が皆さんにお勧めして、ご紹介しながらご一緒に…と考えているのは、
マンツーマンの対面、またはスカイプでの笑いヨガです。

しかも、可笑しくもないのにいきなり笑うのだろうと思われがちなのですが、
そうではなく、人が自然に笑う時の発生や体の動きに、
ヨガの呼吸法を取り入れて、行うものです。

つまり、本当に「笑う」のでなくても構わないのです。

お勧めしたいのは、例えば、
ストレスフルであるにもかかわらず、
解消の方法が見つからないという方、
さまざまな病後の経過観察中で、軽いリハビリとして、
何か健康に役立つことをしたいと思われている方、
ウツウツとした気分が続いている方、
運動不足ながら、体を動かすことが苦手な方などです。

座位や立位で気軽に行うことが出来るため、
ご高齢の方や、障害を持つ方でも大丈夫です。

まずは、いろいろな動画などにあるような
不自然で大げさな笑いのイメージをいったん脇に置いて、
健康増進、ストレス解消のための軽いエクササイズとして、
一度、お試しいただければと思います。

マンツーマン、またはご自宅でスカイプ使用ですので、
人目を気にする必要もありません。

また、大声を出す必要もありません。
にっこりと微笑むのでOKです。

ご興味のある方は、下記 ワークショップ・リトリートのサイトを
ご覧いただければと思います。

癒しのワークショップとリトリート
 心身魂の健やかさ 豊かさ 調和 ホリスティック8


この記事にコメントする

心の大掃除の煤払いを

2016年12月09日

一度に終わらせようと思うとなかなか大変な大掃除、
最近は、テレビ番組の特集なども組まれ、
最新の便利グッズを使いながら、
毎日、少しずつ、ポイントを決めて、
賢く、効率よく、大掃除に取りかかっておられる方もあるでしょう。

さて不要となったものや余分なものを、
片付けて、処分すると、
本当にすっきりとするものですが、
この爽快感は、他のものとは比べられない
気分の良さではないでしょうか?

年末に大掃除をしていて、いつも思うのですが、
どうしてこうも要らなくなったものをため込んでしまうのか、
自分でも呆れ果てることがあります。

使うか使わないかわからないものでも、
とりあえず決断を先延ばしにして、今は一応取っておこうと考えたり、
どう考えても古くなり過ぎて役に立たないのに、
奇妙な愛着を断てず、そのままにしておくこともあります。

人間の心は、不思議です。

一方に、リフレッシュや心機一転を望む気持ちがあるというのに、
慣れ親しんだ古いモノや環境を、出来れば手放したくないという
強い執着のような思いも、他方には、たしかに存在しているのです。

長い間、持ち続け、一緒に過ごしたものであればあるほど、
愛着は強まり、なかなか手放すことが出来なくなってしまうのです。

驚くべきことですが、それが記念の品や心惹かれる何かではなく、
たとえば苦しみや憎しみ、恨みなどの感情であったとしても、
簡単には手放せないことがあるものです。

周囲の親しい人や、相談を持ちかけられた人は、
こうした状態を前にして、首をかしげてしまうに違いありません。

苦しみなんて、無い方が良いに決まっているからです。

無いほうがよいと思っても、
いざ消滅してみたら、自分がどうなってしまうか不安になったり、
バランスを崩しておかしくなってしまう怖れが湧いてきたり、
そんなお気持ちを、セッションルームでは
何度も目にすることがありました。

セッションにお越しになられていても、湧いてくる不安です。

まだセッションをするかどうか検討中であれば、
なおさら不安や迷いが出てきて、
一歩踏み出すことが困難となるかもしれません。

たとえば、お部屋の中央に、物心つく前から置いてあった
古くて埃だらけで汚い、巨大なタンスを想像してみて下さい。

既に何年も前から使っていませんので、
ちょっと邪魔だとか、不要だとは思っているものの、
撤去するには気合いが要るし、
もしも捨ててしまった後、その空間を何で埋めたらよいのか、
途方に暮れてしまう…といった状況です。

生きている私たちには、日々、変化の波が押し寄せてきます。

どれほど備えをしたとしても、予期せぬ変化に対して、
万全の構えを持つことは、実は、不可能なのです。

多くの場合、大きくて邪魔な汚いタンスの存在自体に慣れてしまって、
そのうちに意識から消えて無くなり、
それで、何となく置かれたままになっているのかもしれませんが、
私としては、あまりお勧め出来ません。

タンスが置かれていたその空間を持て余してしまうということは、
絶対に無いとは言えませんが、
そこに、もっと新鮮で鮮やかで役に立ち、
しかもワクワクするような何か、あるいは安らぎをもたらす何かを
呼び込む可能性もひらかれているからです。

あまりにも長期間に渡って、古くて重くて汚れたタンスが在り続けると、
最初のうちは、新鮮で鮮やかで…などと思い描くことすら
難しいかもしれません。

けれども広い視野でみれば、おそらくは、
タンスが無くなった後の年月のほうが長いでしょうし、
そもそも必要のないものを維持管理するのに
たくさんの無駄なエネルギーが費やされているのです。

心のバランスを取り戻そうとする力、
ご自分を癒し、調和へと向かわせる力が、
どんな方にも具わっていることを思い出してみましょう。

今、タンスの例を挙げましたが、
実は、苦悩や辛い感情は、タンスとは決定的に異なっています。

タンスは動かぬように据え付けて使うものであるのに対して、
人の感情は、そうではなく、
本来、湧いてきては流れていく、動的なものです。

それが、意識から外されて、
長期に渡って堆積し、固まって動かなくなってしまったとしたら、
本当に大変なことです。

心の大掃除の煤払いでは、
2016年の間に積もった塵や汚れだけではなく、
もしかするともっと昔から、
意識の及ばないところで密かに堆積し続けていた
思いも寄らない塵と出会うかもしれません。

何層も積み重なっていたならば、
解放した後の爽快感がどれほどのものであるか、
ちょっと想像してみませんか?

古い不要な感情を、ここまで維持し続けてきたのは、
大変なことだったはずです。

その頑張りや辛抱強さをねぎらいましょう。

そのエネルギーを、今日からは、
もっと楽しくて納得出来る人生を歩むことに
使っていくことができます。

心理療法には、その方が楽に向かい合えるための、
様々なアプローチの仕方があります。
セッションでは、それを複数ご紹介させていただき、
ご相談しながら選んで行います。

まずは、じっくりとお話をお聴きしますので、
どうぞお気軽にご連絡いただければと思います。

ヒプノセラピーで心を癒す もっと自分らしく 望む未来を創る


この記事にコメントする

セッションのご相談内容と事前カウンセリング

2016年12月01日

早くも師走となりました。

セッションルームの移転依頼、忙しい日々が続いており、
ブログからも少し遠ざかってしまいました。

今日は、最近の幾つかのケースから、
事前にいただくお問い合わせについて、お伝えしたいと思います。

ヒプノセラピーの個人セッションをご予約お申込みの際は、
お名前や年齢などをお知らせいただいています。

どんなテーマでセッションをしたいかというご希望については、
メールに簡単に書いてくださっている方もありますし、
詳細に綴ってくださる方もあります。

ご相談内容については、
メールに詳細にお書きいただいている場合でも、
ヒプノセラピーセッション当日に行う事前カウンセリングにて、
あらためてじっくりとお話をお聴きしています。

事前カウンセリングで、あらためてゆっくりとお話をお聴きするのには、
幾つかの理由があります。

まず、お会いして、直接、お話いただくことで、
問題やお悩みが、より明確になるということがあります。

お一人でキーボードに向かって書く時よりも、
聴いている相手(ヒプノセラピスト)に向かって語りかけるほうが、
より客観的に、明晰に、心と向かい合えることがよくあります。

その方が、問題やお悩みだと思われていたことが、
よくお話をお聴きしてみると、
実はもっと深い部分と関わりがあるということが
対話の中から分かってくる場合もあります。

一般的に、メールやメーリングリストのみのやり取りでは、
ちょっとした誤解が生じて、不和や炎上が起こることがよくあるようですが、
ご本人の口からお聴きすることで、
メールの文面からの解釈の違いや誤解などを正すことも出来ます。

また、変化に対応出来るということもあります。

多くの場合、メールでのお問い合わせの後、
数日から数週間経過して、セッション当日を迎えますので、
その間に、心境が微妙に変化していたり、
別の問題が浮上してきていたり、
異なるテーマのほうにワークしたいお気持ちになっていたり…と
いろいろなことが起こります。

日々の生活の中で起こる出来事やその影響など、
お気持ちの変化にも対応が出来るように、
あらためてお話をお聴きしているのです。

メールでのお問い合わせ時点では、
ヒプノセラピスト橘がどんな人間かご存じないまま、
ご相談内容を書いていただいているわけですが、
セッション当日、初めて顔を合わせてみて、
ここまで話しても大丈夫そうだとか、
逆にここまでに留めておこうなど、
自己開示の選択もしていただけるでしょう。

事前カウンセリングでは、問題やお悩みについてお話を深め、
癒しと変容に役立つセッションのテーマを、
ご相談しながら、念入りに選んでいきます。

また、セッションのテーマや目標を達成するには、
ヒプノセラピーの中にも、
ヒプノセラピー以外の心理療法にも、
通常、複数のアプローチが存在しますが、
それぞれのアプローチの仕方と効果などについて、
ご紹介しながら選んでいただくことが出来ます。

このように、事前カウンセリングは、
その方が望むセッションをするために、
極めて重要なものであると位置づけているため、
私どもの事前カウンセリングには、時間の制限がございません。

たくさんお話したい方や、お話する必要があると感じられている方は、
お時間を気にすることなく、ゆっくりとお話していただけるでしょう。

お問い合わせの時点では、
ご相談内容についてはメールに書きたくないという方もあります。

事前カウンセリングをしていますので、
お問い合わせのメールには、
ご相談内容をお書きいただかなくてもかまいません。

そのような場合には、当日、お会いしてから、お聴き致します。

まだもやもやしていて、テーマが定まらない、
あるいは、どうしたらよいか見当がつかないなどの時は、
そのままでかまいませんので、
当日のセッションにお越しいただければと思います。

ヒプノセラピーで心を癒す もっと自分らしく 望む未来を創る


この記事にコメントする

 



ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー