神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

お悩みから立ち直る時 親と子どもの心の問題

2015年09月15日

うつむき加減で暗い表情、言葉も少なく
憔悴がにじみ出ていたような方が、
次にお会いした時、見違えるほどお元気そうになられ、
安堵することがあります。

全ての方には、自己治癒力が具わっており、
いつでもより良い方向、より良い状態に
向かっていこうとするエネルギーがあります。

お悩みや問題が無くなったわけではないにしても、
心のゆとりを取り戻され、気力も回復して、
新しい視点から少し距離を置いて、
見直すことが出来るようになっていきます。

年を重ねて、長く生きていると、
こうしたことがだんだんわかってくるものです。

一時的に落ち込んでしまっても、いずれは幾分落ち着いて、
前を向いて進めるようになれるだろうと、
ある程度の予測が立つようになります。

ご自分がどのようなことでストレスやダメージを受け、
どのように持ち直し、立て直していかれるのか、
その方特有のペースや方法で自己治癒力が動き始めることがわかり、
経験を積み重ねながら、それを信頼できるようになっていくでしょう。

ところが思春期のお子さんや、もっと小さいお子さん、
若い世代の方々は、衝撃を受けると容易に傷付いてしまい、
そのまま絶望や悲観に陥り、
残念ながら、取り返しのつかないことに
なってしまうことも少なくありません。

お悩みを一人で抱え込んで、人生経験値の乏しさゆえに、
そこから抜け出ていく道筋がきわめて限定されているか、
あるいはゼロであると思い込んでしまうこともあるでしょう。

周囲の人々は、もっと早く、その子の苦しみに
気付いてあげられればよかったのに…と悔やみます。

ひところに比べると、
子どもが抱える問題についての意識が高くなり、
子どもの話を聴いて、受け入れる場所も増えつつあります。

何か深刻な問題が起こる前に、
日頃から親子のコミュニケーションを深めておきたいものです。

ヒプノセラピー ユニークアイでは、
不登校のお子さんや、いじめに悩むお子さんの
カウンセリングやセラピーをさせていただいていますが、
セッションルームにお越しになった時点で、
既に親子の関係に溝が入ってしまっていることに、
気付かされることがあります。

親御さんは、お子さんの本当の気持ちがわからず、
お子さんも、親御さんに心を開いていないのです。

「話しても無駄…」と感じるに至った経緯が想像されます。

学校の中で、難関や障害に出会う以前に、
ご家族の中で、密かに疎外感を持っていたり、あきらめていたり、
誰にもわかってもらえないと感じているとしたら、
本当に辛いことだと思います。

ご家族には、そのご家族特有の習慣や、
コミュニケーションの方法、家庭内の雰囲気、
力関係などが存在しています。

実際、それらはご家庭によってかなり異なっているため、
そのお子さんが、どのくらいストレスを受け、苦しんでいるのか、
傍からではよくわからないこともあるでしょう。

長い間の繰り返しによって、
家庭内では当たり前になっていることであっても、
そのお子さんの成長とともに、次第に重荷となって、
ある時、爆発してしまうこともあります。

子どもは、どんな子どもであっても、
無条件に受け入れられ、愛され、認められ、
褒めてもらえることが必要であり、当然である存在です。

親御さんのほうで、何らかの理由によって
そうすることが困難であると感じられるのであれば、
まずは親御さんのほうが、ご自分の心と向かい合い、
心の声を聴いて癒すことが求められるかもしれません。

我が子をどうしても可愛いと思えない…、
やめたいと思っているのにもつい、手を上げそうになる…
イライラすると、コントロールが出来なくなる…
子どもの気持ちが全くわからない… ということはないでしょうか?

こうした問題は、親御さんの幼少期や、
ご両親との関係に端を発していることが少なくありません。

我が子を育てるプロセスにおいて、
過去の心の傷や、幼少期の親への思いなどが浮上してくるのです。

親御さんの心が安らいで元気であることは、
お子さんにとって、何よりも大切なことです。

ご自分の心を客観的に見つめるならば、
それがお子さんの心に与えている影響にも
少しずつ気付かれていかれることでしょう。

ご家族の問題は、そのご家族の中で、
いちばん弱いメンバーに現れやすいと言われます。

お子さんは、大好きな親御さんのことを心配し、心を痛め、
苦労をかけないように極限まで我慢をしていたり、
一緒に苦しんでいたりすることが、よくあります。

特にまだ小さいうちは、親子の結び付きが強いため、
親の苦しみは、その子どもにとっても
背負いきれない大きな苦しみとなってしまいます。

子どもが子どもらしく、無邪気に遊んだり、喋ったり、
甘えたり、時には我がままに振る舞ったり、
伸び伸びと、安心して、楽しく暮らせるように、
大人が、ご自分の心の状態に、より意識的になられるとよいです。

必要な時には休養を取り、心と向かい合ってみましょう。

安心できる相手に話を聴いてもらうなり、
時間を作ってカウンセリングを受けるなり、
ご自分に合った方法で、
こまめに心のケアをされていかれることをお勧め致します。

ヒプノセラピーで心を癒す もっと自分らしく 望む未来を創る





この記事にコメントする

前世療法とインナーチャイルドの実習 ヒプノセラピープロ養成スクール

2015年09月13日

今日は、ヒプノセラピースクールの実習がありました。

受講生の方同士が、セラピストとクライアントを交代して行います。

初対面ということで、本番さながらのセッションの機会となりました。

前世療法をされた方は、今回が初めての実習です。

それほど緊張した様子もなく、
落ち着いて淡々と取り組まれていました。

一般的に、前世療法では、
これといったテーマや目標を設定しないで
セッションをしているセラピストも多いようです。

これでは、何を探求したいのか、
どちらに向かって探求を続けていったらよいのかが曖昧になり、
終わってみて、何が収穫となったのか、
どのくらい効果があったのかが
不明のままとなってしまいます。

ヒプノセラピープロ養成スクールでは、
目標設定の重要性をお伝えしていますが、
たとえ、きちんと設定が出来ていても、
慣れないうちは、次第にその目標を離れてしまったり、
かけ離れたところに着地する結果となったり、
なかなか難しいものです。

こうしたことを含めて、振り返りをしていきました。

インナーチャイルドの実習セッションでは、
シナリオには想定されていない要素が、ふいに現れてきました。

そもそもヒプノセラピーのシナリオは、
そのとおりに進むとは限らないもの、
基本的に、出来ればこちらの方向へ
「進むとよいでしょう」…というようなものです。

ですから、スクールでは、とりあえず一つのシナリオを使って
さまざまな誘導方法や誘導のコツを学んでいきますが、
ひとたびプロのヒプノセラピストとして開業してしまうと、
シナリオから大きくはずれるようなケースと、
少なからず出会うことになるのです。

今回の実習では、
それを先取りしたようなことが起こりました。

実習セッション後の振り返りでは、
そのことが、重要な話題となり、
さまざまな意見が活発にやり取りされることになりました。

講師である私の立場からは、
実は、願ってもない展開であり、
受講の最中の現時点で、こうしたレアケースに出会えるのは、
実習生の方々にとって、たいへん幸運なことであると
言ってもよいことです。

望んだからといって、そう頻繁に起こることでもありません。

実習をなさった方も、クライアントをされた方も、
このような場合は、どうしたらより良い誘導となるのか?
インナーチャイルドを、より深いレベルで癒すことができるのか?
…ということについて、知恵を絞ってじっくりと、
お考えていただけたのではないでしょうか?

レアケースの場合には、丹念に振り返って検討を加え、
さまざまな可能性について、お考えいただきたいのですが、
その際、忘れないでいただきたいのは、
インナーチャイルドというセッションの
本来の目的に立ち戻ることです。

基本的な姿勢、外せないポイントを押さえておけば、
ブレてしまうこともなくなり、
結果的には、インナーチャイルドを
十分に癒してあげることにつながっていくでしょう。

私も経験があることですが、
自分がしたセッションを振り返ることは、
勇気も要るし、恥ずかしいし、
思うようにいかなかった辛さや無念さ、
クライアントの方に対して、申し訳ない気持ちなどがあるものです。

しかしながら、セッション中に自分が選んだ方法を見直して、
良かった点と良くなかった点とを客観的に眺め、
ほかに方法があるとしたら、どんなやり方が出来たのか…
という複数の流れや可能性を考えていくことは、
必ず、そのあとのセッションに活かされていくでしょう。

自主的な練習セッションをされる場合も、
セッション後にこうした検討をしてみるのと
しないままでいるのとでは、
大きな違いを生むことになるかもしれません。

上手くいった、あるいは失敗だった…などと評価を下すよりも、
良かったところも、良くなかったところも
冷静に受け取ったうえで、
常によりよい方法を模索していくことが
大切なのではないでしようか?

これからヒプノセラピースクールの実習を控えておられる方は、
結果の評価、出来、不出来などを気にし過ぎることなく、
実習は、課題を発見できるチャンスととらえて、
楽しくトライしてみていただければと思います。

ヒプノセラピー・前世療法のプロ養成スクール




この記事にコメントする

思うように改善していかない問題 ヒプノセラピーサポートプログラム

2015年09月08日

皆さまからのお問い合わせで、よくいただくのが、
ヒプノセラピーセッションの回数です。

「あと5回来てください。」
「全部で最低10回は必要です…」

このようなことを言われた経験のある方が
多いのではないでしょうか?

ヒプノセラピーのセッションは、
一度だけのセッションであっても、
その方が望む範囲で、必ず変容が起こると言われます。

そして、その方が解決したい問題やお悩みには、
複数の原因が複雑に絡まっていて、
一つを解きほぐしただけでは足りない…ということも
実はないとは言えないことです。

しかしながら、だからといって、
5回、10回のセッションをお勧めするということは、
どうなのでしょうか?

まず、心・身・魂の癒しは、
生きている限り、いつでも必要なものであり、
またいつでもその方にとって、役立つものだと思います。

一つの問題が解決に至ると、
その下に潜んでいた第二の問題が浮上してくるのです。

ですから、お気持ちがあるのでしたら、
折に触れて、心を見つめ、よりよい人生の可能性に向かって
さらなる癒しや解放を目指していかれるとよいでしょう。

どんなタイミングであっても、求める癒しは必ず起こり、
人生の質が向上していくのは間違いないと言ってよいでしょう。

それに対して、
ヒプノセラピーのセッションを何回受けるかということには、
もう少し現実的な要素が入ってきます。

たとえば時間的な余裕、経済的な余裕、介護や育児などご家族の状況、
体力や気力、癒しに取り組む動機づけや意欲などです。

また、どんなレベルをその方が求めておられるのかによっても異なります。

たとえば、体に痛みがある時、
痛みがある程度軽減されて、日常生活に支障がなければOK 
…という方もあれば、
完全に痛みがない状態を求める方もあります。

こうした要素は、その方にしかわからないところですので、
ゆっくりと検討されて、お好きな回数を、お好きなタイミングで
受けられたらよいかと思います。

基本的に私どもは、初回セッションで、
「あと○回のセッションが必要です」ということは申し上げません。

その方が、もう一度セッションをしたい、あるいは
もう一歩踏み込んで探求を続けたいと思われた時、
次回セッションを予約していただければと考えています。

ここで、ぜひご紹介しいのが、
ヒプノセラピーサポートプログラムです。

サポートプログラムは、その方の状態やテーマに応じて、
複数回のセッションと、セッション後のフィードバック、
癒しに役立つセミナーなどをひとつのプログラムにしたものです。

人間関係や親子の問題など大きなテーマ、
原因不明の不調など長期に渡る問題などにお勧めです。

たとえば、親子の問題がある場合、
幼少期のトラウマを癒す年齢退行、
胎児期のトラウマ・バーストラウマを癒す胎児期退行、
インナーチャイルド、インナーペアレント、サブパーソナリティ、
その親を選んだいきさつを探求する前世療法など、
一般的にお勧めできるセッションは、6種類以上に及びます。

さまざまな角度からアプローチする各種メニューを
ひととおり受けられたら、おそらく深いレベルでの解放と
癒しが起こることでしょう。

けれども通常は、こうしたセッションを次々に受けることは
たいへんエネルギーが要ることです。

一つの種類のセッションをされると、
心の深層が揺れ動いて、解放に向かい、
今まで意識されなかった感情が
湧いてくるようになるかもしれません。

こうした時に、セッション直後の変化やご質問に
きめこまかく対応させていただけるのが、
ヒプノセラピーサポートプログラムのメリットです。

複数のセッションのみならず、
セミナーやワークショップが組み込まれていることで、
潜在意識と顕在意識の両面からはたらきかけ
バランスを取りながら進めることが出来ます。

ヒプノセラピーサポートプログラムでは、
単発のセッション・セミナーの組み合わせよりも、
料金が割引され、リーズナブルとなっています。

心理的、精神的、経済的な負担を軽くして、
癒しに積極的に取り組まれる方々を、
より丁寧にサポートさせていただければと考えて
作ったものです。

ヒプノセラピーサポートプログラムには、
複数回のヒプノセラピーセッションにフィードバックを挟む形のものと、
セミナーなども含むテーマ別のサポートプログラムの2種類があります。

長年、さまざまな方法を用いて取り組んできたものの
なかなか結果が出ないようなケースで、
サポートプログラムを使って実際に効果が現れたケースが
これまでにも多数あります。

頑固な不調や断続的な不調、親子関係にまつわるテーマには、
特にお役に立つと考えています。

サポートプログラムのページには、
癒しを望んでいるのに、癒しのプロセスが
思うように進んでいかない原因についても、
これまでのセッション経験から考察し、まとめてあります。

ご参考にしていただければと思います。

詳細は、左サイドメニューから、
ヒプノセラピーサポートプログラム のページをご覧ください。

ヒプノセラピーで心を癒す もっと自分らしく自己実現 望む未来を創る


この記事にコメントする

前世療法とヒプノセラピー 共通点はどこに?

2015年09月04日

先日、ヒプノセラピープロ養成スクールの
受講生の方とお話をしていた時、
あるメルマガに掲載された前世療法のケースについて
話題になりました。

そこに紹介されていたケースの内容は、明らかに前世療法なのですが、
そのメルマガにおいては、「前世療法」という言葉は一度も出てきません。

いずれも「ヒプノセラピーのケース」という表現になっていたそうです。

メルマガを書いたのは、プロのセラピストさんですので、
何かお考えがあって、あえて前世療法という言葉を
使わない選択をなさったのでしょう。

さて、「ヒプノセラピー」と「前世療法」ですが、
この二つの関係について、
皆さまはどのように感じられるでしょうか?

前世療法…と聞いて、ヒプノセラピーの一種だと思う方は、
どれくらい、いらっしゃるでしょうか?

前世療法は、ヒプノセラピーとは別のものと
認識されている方もあるかと思います。

ヒプノセラピーに興味を持ち、
いろいろなヒプノセラピーサイトや図書などを見たことのある方は、
その中に、前世療法とか、過去生退行といった言葉を
見つけられたかもしれません。

けれども、前世療法に関心を持たれた方は、
ヒプノセラピーのほうにはあまり近付かないかもしれません。

ヒプノセラピーでは、言葉による誘導を使います。

催眠状態で潜在意識にアクセスして
心の深層に触れ、解放と癒し、変容を目指します。

前世療法でも言葉による暗示を使い、潜在意識にアクセスして、
今の人生ではない、もう一つの人生のイメージ世界に出かけます。

解放と癒し、変容を目指すところは、
ヒプノセラピーも前世療法も、共通しています。

私の考えでは、ヒプノセラピーのほうが、
より広い領域を指す言葉ではないかと思います。

ヒプノセラピーの中には、さまざまな種類(メニュー)が存在します。

ポピュラーなところでは、インナーチャイルド、ハイアーセルフ、
また胎児期退行、年齢退行、サブパーソナリティ、インナーペアレント、
暗示療法としての行動修正などがあります。

そのほかにも、時間軸を越えて未来を訪ねる
未来順行や未来世療法セッションがあり、
未来ではなく、過去へ退行していく前世療法・過去生退行があります。

ヒプノセラピーをご存じの方ならば、
ヒプノセラピーの中に、前世療法が含まれるというご理解になるでしょう。

通常、ヒプノセラピーといえば、
その中に、前世療法も含まれますので、
わざわざ前世療法と言わなくてもよいかもしれません。

ではなぜヒプノセラピーと並べて、
「前世療法」という言葉を使うのかといえば、
やはり前世療法というジャンルの
知名度や人気が関係してくるのだと思います。

もともと催眠療法(ヒプノセラピー)の一領域であった前世療法が、
いろいろな意味で注目を集め、広く認知されていき、

多くの方々が関心を持って、体験されていったという経緯があります。

前世療法というネーミングには、人の心をつかみ、
興味を沸かせる魅力があります。

前世・過去生という、検証が難しく茫洋とした概念の神秘性と、
これまでになかった癒しの手法としての効果は、注意を引き付け、
好奇心や探求心を刺激するようです。

私は、前世療法という言葉は、今やヒプノセラピー以上に
よく知られるようになっているのではないかと思います。

前世療法は、いわゆる前世・過去生イメージを用いる心理療法です。

療法と呼ばれるからには、
セラピーとしての目標設定が行われ、
進めるに当たっての細心の配慮を必要とし、
その効果を実感していただかなくてはなりません。

前世療法を含むヒプノセラピーという手法全般に言えることですが、
その方のリソースを使って、
その瞬間のイメージと思いを大切に拾い上げ、
クライアントの方が、ご自分で直接、癒しのプロセスを
体験されることが、大きな特長となります。

ヒプノセラピーに親近感を持たれていて、
「前世・過去生はちょっと…」と軽い違和感をお持ちでしたら、
その方の潜在意識のデータベースにアクセスし、
そこに蓄積されている叡智と癒し、自己治癒力などに
触れる共通点があることを知っていただければと思うのです。

先ほど、ヒプノセラピーには、
さまざまな種類(メニュー)があると書きましたが、
それは便宜上の区分け、
実際のセッションにおいては、実は潜在意識のデータベースから
何が現れるのかは、わかりません。

その時、その方にとって、
最も重要で癒しに役立つイメージが、自然に現れてくるのです。

たとえば、事前カウンセリングの際、
その方が胎児期退行をご希望になっていたとしても、
実際に催眠状態となってセラピーをしてみると、
現れてきたのはインナーチャイルドだった…ということがあります。

同じように、年齢退行(過去の時点へ戻っていくこと)では、
多くの場合、子どもの頃に戻ることが多いですが、
自然に、前世・過去生らしきイメージ世界が
現出することもあるのです。

現れるイメージは、それがどのようなものであろうと、
その方の中から自発的に、自然に湧いてくるものですので、
意味があり、大切なメッセージを含むものです。

ですので、潜在意識のデータベースには、
私たちヒプノセラピストが使っている
カテゴリーやジャンル分けというものは、
在るかのようで、実は無いようなものだと言えるでしょう。

クライアントの方の立場では、
ヒプノセラピーと前世療法は、
名称が異なり、全く別のセラピーのように
感じられるかもしれません。

けれども、ヒプノセラピスト、前世療法セラピストの立場からは、
癒しにつながる稀有なイメージという観点でみるならば、
どちらも本質的には、
共通する部分がたくさんあるということになるでしょう。

その方に具わっている大いなる癒しのパワーに触れる時、
その方が望む変容は、必ず起こることでしょう。

このホームページでは、サイドメニューから、
前世療法ページをご覧いただくことが出来ます。

前世療法にご興味のある方は、「前世療法」専門サイトがありますので、
下記サイトをぜひ一度、ご覧になってみていただければと思います。

前世療法 過去生セラピー 心の癒しと探求ナビ

ヒプノセラピーで心を癒す もっと自分らしく 望む未来を創る


この記事にコメントする

 



ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー