神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

インナーペアレント実習 ヒプノセラピストの心の癒し

2015年07月31日

先日、インナーペアレントの実習セッションがありました。

ヒプノセラピープロ養成スクールの
アドバンス・コースの「インナーペアレント」です。

インナーペアレントは、心の中に住んでいる
内なる親と向かい合うセッション。

幼少期のトラウマや辛い出来事、
親子関係などを癒すヒプノセラピーといえば、
まずインナーチャイルドを思い浮かべる方も
少なくないと思います。

インナーチャイルドが、傷付いた内なる子どもを癒すのに対して、
インナーペアレントでは、親子関係を癒して
わだかまりや共依存、コントロールなどから解放され、
よりよい関係を目指していくものです。

インナーペアレントのセッションは、
インナーチャイルドと組み合わせたり、
部分的に取り入れたりして行うことができ、
いっそう深い解放をもたらすことができます。

さて親子関係や幼少期のトラウマとひと口にいっても、
そこから想起されるイメージや記憶、印象には、
言葉では言い表せないほどの個人差があるものです。

一般的に、インナーチャイルドが傷ついていない方は、
ほとんどいない…と言われます。

本来、インナーチャイルドという言葉は、
ニュートラルな「内なる子ども」という意味であり、
傷付いているとか、助けを必要としているといった
含みはありません。

けれども、ヒプノセラピーでインナーチャイルドを扱う際は、
現在の大人のその方の中に住んでいて、
会いに行く必要のある、傷付いた内なる子どもに
意識を向けていきます。

そして、その子の傷付いている心や
悲鳴を上げている部分に注目して
無条件の愛を与えて癒していきますので、
傷付いた内なる子ども…という捉え方になるのです。

さて、傷付いていないインナーチャイルドはいないとはいえ、
その傷の深さやダメージの影響はさまざまです。

たとえば
「お前など生まれてこなければよかったのに…」
「間違って生まれてきた」と否定されたり、
日々、精神的・身体的な虐待を
受け続けていたりする状況を想像してみましょう。

こうした生存そのものを危うくする過酷な状況では、
インナーチャイルドは消耗し、生命エネルギーを失って、
瀕死の状態となってしまいます。

そんなインナーチャイルドを、
すぐさま救出して癒してあげなくてはなりません。

そしてその子どもが当然受けるべきあたたかい保護や愛情、
人間的なふれ合いやコミュニケーションを
ふんだんに与えてあげなくてはなりません。

同時に、当然、受けて然るべき何かを
与えてくれなかった親に対しては、
正当な怒りや悲しみを表現し、
そうしたいのならば、正当な抗議をしてもよいのです。

心の中で怒りや悲しみ、寂しさなどを抑圧してしまうと、
成長のプロセスを通じて、
それらの否定的な影響を受け続けることになってしまいます。

「これほどまでに辛い思いをしていた…」
「ずっと我慢をしてきた…」
「本当はもっと話を聴いて欲しかった…」

イメージの中で、本当は言いたかったことを、
思い切って言葉にしてみることで、
心がほぐれ、わだかまりが解けていきます。

抑え込まれ、表現できなかった思いといえば、
怒り、悲しみ、寂しさなどがすぐに思い浮かびますが、
イメージの中で怒りをぶつけたり、泣きわめいたり、
激しい言葉を投げつけたり…ということばかりが
インナーペアレントの目的ではありません。

実際にそうしたいと感じるほど重い体験があったのならば、
当然、そうなっていくわけですが、
怒りや抗議ではなく、率直に本当の思いを伝えるところから、
親子関係に、光が当てられ、見直され、
より健やかな関係を再構築していくことにつながるのです。

先日、行われたインナーペアレントの実習では、
その方にとって、主観的に辛い体験があったものの、
それにまつわる怒りは、さほど現れてきませんでした。

むしろ親御さんの言動に対する気付きがふいにやってきて、
感謝の念が湧き、「有難う」という言葉を伝えることになりました。

実習でヒプノセラピストをなさったほうの受講生の方も、
こんなに穏やかなインナーペアレントセッションになるとは
思ってもみなかった様子でした。

ヒプノセラピストとして開業すると、
それまでのその方の周囲には見かけることのなかった
深刻なトラウマや複雑で過酷な幼少期の体験と、
セッションルームで、日々、出会うことになります。

そのヒプノセラピストが、
どのようなメニューでセッションをなさるかにもよりますが、
想像したこともない親子関係の痛みを癒す目的で
セッションをすることになることも、おそらくあるでしょう。

あらゆるお悩みの中で、親子関係ほど根が深く、
その後の人生に暗い影響が及び続けるテーマはありません。

そのためインナーペアレントのレクチャーでは、
かなり深刻なケースも含めてお伝えしています。

生まれ育った環境や、
親御さんがどのようにお子さんに接し育てたかということは、
そのご家庭や、お一人おひとりで、実にさまざまです。

さらに異なる個性を持つお子さんが、
幼少期にそれをどのように体験されたか、
どのように心傷付いたのかということもまた、
その方だけにしかわからないことです。

そのためインナーチャイルド、インナーペアレントのセッションには、
柔軟な理解力、洞察力、共感力などが求められ、
熟練ということも必要となるでしょう。

今回の実習では、図らずも、予想していた流れとは
少し違ったインナーペアレントセッションを
体験していただくことが出来ました。

ヒプノセラピーのセッションでは、
先入観や思い込みを手放して、ニュートラルな姿勢で臨むこと、

そしてヒプノセラピストがクライアントの方に対して
自分の価値観で解釈をしないことは、
基本とはいえ、言葉で言えないくらい大切なことだと思います。

そのために必要なのは、
ヒプノセラピストが自分自身を十分に癒すこと。

幼少期からの問題に対して自覚を持ち、理解を深め、
常に取り組んでいこうとする気持ちを持ち続けることでしょう。

ヒプノセラピーで心を癒す もっと自分らしく望む未来を創る


この記事にコメントする

インナーチャイルドと傷付いた感情の行方

2015年07月20日

インナーチャイルドを癒すヒプノセラピーのセッションは、
その方のインナーチャイルドが
どれほど傷付いているかによって、
かなり趣が異なるものとなります。

同じような体験をされていても、
その方が主観的にどう感じ、
どれほどダメージを受けたのかは、一概には言えません。

心痛むことではありますが、
深刻に傷付いているチャイルドは、
寂しさや悲しみ、怒りなど
居心地のよくない感情を感じないように、
感情そのものを遮断してしまうことがよくあります。

傷付きやすい自分の心を守るためには、
そうしたほうが都合がよいからです。

自分の怒りを、大好きな親に向けてしまうことも、
回避できますので、安全と安心を感じられます。

そして感情がない代わりに、
思考活動がよく使われるようになっていく傾向があるようです。

素晴らしい思考力や分析力が強みとなって、
その後もさらなる磨きがかけられ、
お仕事の分野で高い評価を受けておられることも
しばしば見受けられることです。

感情に蓋をして(蓋をせざるを得ず)、
思考を使ってご自分を守り、生き延びてこられた方は、
心の癒しに対しても、理論から入っていこうとするようです。

専門家にも匹敵する知識を集め、積極的に学び続け、
ご自分の今の状態や、幼少期の体験に対して、
理論で客観的に解明しようと取り組みます。

インナーチャイルドやアダルトチルドレンについては、
今や溢れるばかりの情報が出回り、
参考となる書籍も増えてきました。

とはいえ、インナーチャイルドワークの背景にある理論や
心理学的なメカニズムについての情報を集めることが、
癒しの代わりとなるわけではありません。

知識を得て、考察を巡らし、納得して腑に落ちると、
マインドは満足感と達成感を持ち、決着したような感覚となりますが、
実は、肝心の心は、傷口が開いたままなのです。

インナーチャイルドを癒そうとする時にも、
感情を切り離し、その代わりに思考を使って対処するという
古くからのパターンが現れます。

ヒプノセラピーの優れているところは、
潜在意識にアクセスすることで、
その時の本当の思いに触れることができること。

傷付いていた気持ちを受け入れ、認めたうえで、
癒して解放できるところです。

インナーチャイルドを癒すセッションも、
そのほかのヒプノセラピーメニューにおいても同様ですが、
感情と切り離された状態で行うと、
効果を実感していただくのが難しいと言えるでしょう。

幼少期に無意識に決断された、
その方の感情の扱い方を見ていくと、
その背景に何が起こっていたのか?
居心地のよくない感情が、
どれほど数多く存在していたのかについて、
理解が進みます。

そして問題となる嫌な感情、不快な体験そのものに
思い切って光を当ててみようとする時、
インナーチャイルドの苦しみをハートで理解して、
癒していかれるようになっていきます。

インナーチャイルドを癒す際のポイントについて
ホームページのインナーチャイルドページに
テキストを追加して更新しました。

ご興味のある方はご覧ください。

ヒプノセラピーで心を癒す もっと自分らしく 望む未来を創る


この記事にコメントする

ヒプノセラピーか多次元セラピーか…? セッション前の情報と知識

2015年07月17日

私はヒプノセラピー、多次元セラピー、前世療法の
個人セッションをさせていただいています。

これら3つは、それぞれ名前が違いますが、
基本的な部分では、共通しているものです。

言葉による暗示で潜在意識にアクセスし、
イメージを受け取りながら、心を解放して癒すというところが
共通部分です。

ヒプノセラピーの中には、
さらにさまざまな種類のセッションがあります。

インナーチャイルドや胎児期退行などは、
ご存じの方も多いのではないでしょうか?

前世療法、すなわち前世・過去生退行療法も、
元々はこの種類のうちの一つでしたが、
知名度が上がり、人気も出て、
今では独立した一つのジャンルのように
位置付けられ認知されているようです。

多次元セラピーは、退行療法です。

過去のさまざまな時点へ、時間を遡って戻っていきます。

たとえば胎児期、子どもの頃、10年前、前世・過去生など。

多次元セラピーには、インナーチャイルドを癒す手法や、
ハイアーセルフ、バーストラウマを癒す手法なども含まれているほか、
憑依を解放する方法も確立されています。

憑依とは、その方に属していない何らかのエネルギーが、
否定的な影響を及ぼしている状態を指しますが、
詳細については、多次元セラピー専門サイトをご覧ください。

多次元セラピー 退行療法 トランスパーソナルな探求と癒し

ヒプノセラピー、前世療法、多次元セラピーのそれぞれについて
簡単にご紹介してみましたが、
これからヒプノセラピスト、前世療法セラピストを
目指そうという方は別として、
クライアントとしてご興味を持っておられる場合は、
こうした細かい区分けについてご存じなくても大丈夫です。

というのは、個人セッションにおいては、
「その方が何をテーマにセッションをしたいのか?」
「どんなお悩みの解決に取り組みたいのか?」
「現在、どのような状態なのか?」
…ということが、最も大切なことだからです。

事前カウンセリングでは、これらについて、
じっくりとお話をお聴きします。

そしてご相談しながら、
その日のセッションの目標設定をします。

次に、その目標を達成するために、どのようなアプローチを採れるか、
複数の方法についてご提案し、必要に応じて説明を加え、
ご質問があればお答えします。

何か一つのテーマにワークしようとする際、
アプローチの仕方は、さまざまあるのです。

一つのテーマに、一つだけの種類・手法を使うとは限らず、
複数の種類・手法を組み合わせて用いる場合もよくあります。

たとえば、前世療法に多次元セラピー的な要素を取り入れる、

あるいは、インナーチャイルドとインナーペアレントを
組み合わせて行うなど。

そのうちのどれを選ぶのかは、その方のご希望次第です。

その選択をされるに当たって、
個別の種類・手法、一つひとつの目的と効果、
どんなふうに進めるかという流れなどのお話をさせていただきます。

ですから、ご予約メールをいただく前に、
あらかじめご自分の悩みを絞り込み、
それに対してどの種類・手法が適しているのかを検討して選んでおく…
ということは、していただかなくても全く問題ありません。

ヒプノセラピー、前世療法、多次元セラピーそれぞれの
特長や効果を事前に下調べしていただけるのは、
それによって、説明も省ける場合もありますし、
セッションがやりやすくなる場合もありますが、
必須ではないということを、ぜひ知っていただければと思います。

辛い問題がある、心身が不調である、生き辛い、
悩みを解決したい、人生を変えたい、自分が変わりたい…
というご希望がありましたら、それで十分です。

どうぞお気軽にご相談下さい。

あらかじめ申し上げておきますと、
こちらから特定の種類・手法を強くお勧めしたり、
他の選択肢をあえて提示しなかったり、
その方のご希望を無視したりして
何かを恣意的に行うことは絶対にありません。

ヒプノセラピー、前世療法、多次元セラピーでは、
その方が望まない変容を起こすことは出来ないのです。

望んでいない時や渋々と不本意で行う時は、
ブロックとなってイメージが現れなかったり、
過去の時点に退行することが出来なくなったりしてしまいます。

セラピーとしての効果も半減するでしょう。

(ご家族やお友だちに進められたから)
「気が進まないながら、セッションを予約した…」

このような場合も同様です。

その反対に、癒しと変容を、その方が心の底から望まれる時、
その方に具わっている自己治癒力のパワーが発動して、
潜在意識からそれにふさわしいイメージが現れてきます。

セッションルームでは、
まさに奇跡といっても良いような癒しが起こるのを、
何度も見せていただく機会がありました。

知識を収集したり、難しいことを考えたりしなくても、
ご自分を癒そうというお気持ちになられ、
お問い合わせをいただいたその時点で、
既にその方の潜在意識は、
よりよい方向に向かって動き始めています。

それを信頼して、ヒプノセラピーの個人セッションに
臨んでいただければと思います。

ヒプノセラピーで心を癒す もっと自分らしく 望む未来を創る


この記事にコメントする

ヒプノセラピーと言葉の壁 外国語の催眠暗示

2015年07月01日

先日、テレビ番組で催眠術師を見かけたばかりですが、
つい最近、またテレビで催眠をかけているシーンを
見るチャンスがありました。

ゴールデンの人気バラエティ番組ですので、
こちらもご覧になった方は多いのではないでしょうか?

この番組では、過去にも、
何度か催眠術師が出ていたのを知っていますが、
今回は、海外の催眠術師の男性が、
タレントのイモトアヤコさんに
催眠暗示をかけるというものでした。

催眠暗示が始まる前に、イモトさんは、
「外国語で催眠がかかるものなの?」
…ということを気にされていました。

実際には、外国語による催眠暗示がかけられたあと、
催眠術師のスタッフまたはお弟子さん(?)である
外国人の別の若い男性が、
日本語による暗示をかけていました。

この若い男性が、
日本語をどのくらい喋れるのか?
どのように日本語のトレーニングを受けたのかは不明です。

暗示の言葉を聞く限り、なかなか発音が上手で、
聞き取りやすい明確な語りかけでした。

この番組は、催眠や暗示療法の効果を
シリアスに検証するというものではありません。

どちらかといえば、笑いを取るユーモラスな展開となっており、
結果を出そうとして、熱心に、そして少々強引に
暗示をかけ続ける様子が面白く、
見ていて楽しめるものでした。

催眠暗示をあまりご存じない方は、イモトさんのように、
言葉の壁によって、暗示がかかりにくくなると
思われたかもしれません。

言葉の意味がわからなければ、
当然、暗示は浸透しませんし、
その言語の単語を少しだけ知っている場合は、
思考を使って言葉の意味を考えてしまうため、
なおさらかかりにくくなることが考えられます。

効果的に構成された催眠暗示を、
聞き手にとって違和感なく、
自然に流暢にかけていくのが理想であることは
言うまでもありません。

とはいえ、外国人のヒプノセラピストさんが来日して、
日本人のクライアントさんに個人セッションを行うことは、
ごく普通にあることをご存じでしょうか?

この場合は、同時通訳の方が入って伝える形になります。

ヒプノセラピーで使う言葉や言い回しは、
日本語であっても、外国語であっても、
かなり独特なものです。

ですから通訳の方は、多少なりとも
ヒプノセラピーの素養が必要となるでしょう。

通訳の方は、ご自分もヒプノセラピストであるか、
あるいはヒプノセラピーを
受けるか学ぶかされたことのある方が適任です。

この点をクリアできるならば、
日本語を話す日本人のヒプノセラピストと
さほど変わりのない効果をあげられるはずです。

どちらかといえば、海外の方が、
習いたてのたどたどしい日本語で暗示をかけるよりも、
間に有能な通訳さんが入るほうが、
ヒプノセラピーのセッションも、自己催眠暗示も、
上手くいくでしょう。

最近はインターネットのスカイプやハングアウトなどの普及が目覚ましく、
海外の方々から、お問い合わせをいただくことがあります。

海外在住の日本人の方は、当然のことながら、
ネイティブのようにその国の言葉で会話が出来ますので、
その国のヒプノセラピストさんのセッションを
楽々と受けられるはずですが、
お聴きしてみると、
やはり日本人のほうが良いとお考えになって
お問い合わせくださるようです。

微妙な言葉のニュアンスもさることながら、
細やかさや察する能力、
細部まで言わなくても分かり合えるところなどは、
日本人ならではということのようです。

たとえば「夏」という言葉からイメージするものは、
日本人と外国人では異なっています。

同じ単語でも、そこに込められた意味とニュアンスは、
同じ文化を共有し合う者同士のほうが
楽々と的確に受け取れるでしょう。

スカイプや電話を使って、まるですぐ近くにいるかのように
対面セッションと変わらない、
遠隔ヒプノセラピーをさせていただけるのは、
たいそう便利なことですが、
それは同じ言葉を話す場合…。

ヒプノセラピーは、言葉のセラピー、
言葉に細心の注意を払い、暗示誘導の言葉を大切に扱い、
言葉の持つ力を効果的に用いるセラピーです。

催眠状態への誘導も、後催眠暗示も、
セラピーを進めていく手段も全てが、
言葉にかかっています。

ヒプノセラピーの独特な言葉の使い方に加えて、
ヒプノセラピストとの対話のやりとりの重要さや
そこにかかるウェイトという意味では、
他の代替療法とは比べものにならないでしょう。

数あるヒーリングやセラピーの中では、
たしかにイモトさんが感じていたように、
言葉の壁が比較的厚いセラピーであると
いうことになってしまうのかもしれません。

ヒプノセラピーと催眠暗示については
ヒプノセラピーで心を癒す サイトで
詳細をご覧いただけます。


この記事にコメントする

 



ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー