神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

閉所恐怖症を催眠暗示で 暗示療法と退行療法

2015年06月23日

日頃、テレビはあまり見るほうではないのですが、
先日、たまたまつけてみたところ、
ダウンタウンの松本さんが、
閉所恐怖症を治したい…という番組が放映されていました。

番組の途中からでしたので、
その前にどのようなやりとりがあったのか、
わからなかったのですが、
どうやら閉所恐怖症になったのは、
比較的最近のことのようです。

実験的に、人がひとり、やっと横たわれる箱に入って、
その狭い空間にどのくらい耐えられるか…という
ことも行われていました。

興味深いのは、ここからです。

ご覧になった方も大勢いらっしゃることと思いますが、
一人の催眠術師の男性が、スタジオに招かれて、
松本さんに暗示をかけ始めました。

椅子に腰かけた松本さんに対して、
その方は、自信に満ち溢れた良い声で、
淡々と言葉の暗示をかけていきます。

眼を閉じ、静かに聴いている松本さん…。

そのあとの部分は、十数分ほど早送りとなって、
放送されず、具体的にどんな暗示をかけたのか、
残念ながら視聴者にはわかりません。

再び、実験的に狭い箱の中に横たわってみて、
さて、結果やいかに… というものでした。

日常、セッションルームで、
ヒプノセラピーをしている私は、
ヒプノセラピストではない立場の方が
催眠暗示をかけるところを見る機会はほとんどなく、
たいへん興味深く感じました。

この催眠術師の男性は、
ヒプノセラピストではないようですが、
これまでに閉所恐怖症になったたくさんの方に、
暗示をかけて改善させたということです。

これは暗示療法ということになるでしょう。

暗示療法というのは、
その方の問題やテーマに合わせた
適切な催眠暗示を考えて構成し、
潜在意識に浸透させることで、
状態の改善を促します。

たとえば、上がり症、対人緊張、
夜尿症、爪を噛むなどの癖、
嗜癖や耽溺など、
否定的な行動パターンに効果があります。

お悩みの改善のみならず、
現状をさらにパワーアップさせる目的の暗示もあります。

たとえば記憶力を高めて入試に合格する…などです。

私どもも、「行動修正」というメニューで
暗示療法をさせていただいており、
これまでに、対人緊張の改善、社交性を高める、
国家試験に合格するなど、さまざまなテーマの
ケースがありました。

このテレビ番組では、おしまいのほうで、
狭い箱の中が明るい場合は容易に耐えられるのに対して、
照明を消して真っ暗にしてしまうと、
すぐに不快感が襲ってくるということが
実験によってわかってきました。

…ということは、松本さんが怖いのは、
狭さというよりも、暗さのようです。

暗い明るいという要素を、暗示の中に組み込まないと
おそらくはっきりとした結果は出にくいだろうと感じました。

催眠暗示は、ただ言葉を使うのみで、
薬剤や道具などはないにもかかわらず、
効果を上げられる癒しのツールです。

副作用はなく、最悪でも、効果か認められないというものですので、
安心してお試しいただけるのではないでしょうか?

とはいうものの、ヒプノセラピストとしては、
実際のケースを振り返ってみますと、
ポジティブな暗示を効果的にかけていくだけではなく、
お悩みの根本的な原因や理由までを
カバーするはたらきかけのほうが
より改善しやすいと考えています。

すなわち、そもそもなぜ閉所恐怖症になってしまったのか、
そのおおもとの部分を探求していくということになります。

こうしたアプローチは、暗示療法ではなく、
問題の起源まで、時間を遡っていく退行療法になります。

退行療法は、クライアントさんにとっては、
気合いと勇気が要るものかもしれません。

なぜそうなったのかという部分は、
無意識のうちにブロックしていることもよくあります。

けれども、根本的な原因にまで戻って、
何が起こっていたのかを理解し、解放し、癒す効果は、
それをしない場合と比べて、
大きな違いを生むことになるでしょう。

松本さんも、子どもの頃は、
狭くて暗い押入れに入って遊んでいたのに、
どうしてこうなったのだろう…?
と不思議そうな様子でした。

おそらく記憶には残らず、
思い当たることもないような
何らかの原因があり、
潜在意識は、既にその答えを知っています。

ポジティブな要素を潜在意識下に
どんどん注ぎ込む暗示療法に対して、
退行療法では、心と向かい合おうとする意図と姿勢が、
心の奥底に潜んでいる負の要素の実態をつきとめて
そこに光を当て、癒すことにつながります。

これまでに、暗示を使うだけでは
思うように効果を感じられなかった場合は、
少し勇気を出して、
一度、退行療法をお試しいただいてはいかがでしょうか?

負の要素とその周辺を探求していくには、
一定の気力(エネルギー)を使いますし、
あまり楽しくない局面があるかもしれません。

が、その反面、心の不思議さや複雑さに触れて、
ご自分の心の世界の奥深さ、繊細さに気付かれ、
驚かれるかもしれません。

ヒプノセラピーで心を癒す もっと自分らしく望む未来を創る


タグ: , ,

コメントはこちら


※公開されません





ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー