神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

相手に大きな期待をかけてしまうと… 人間関係のストレス

2014年11月27日

対人関係のセンス…などと言いますが、
人間関係の距離の取り方は、人それぞれ。

出会ってすぐに強くウェットなつながりを築くタイプの方は、
驚くほどの速さで親密な関係に入っていくでしょう。

もう少し慎重な方ならば、相手の方の反応をうかがいながら、
ゆっくりと時間をかけて、距離を縮めていくかもしれません。

相手に対する期待の度合いも、その方によって変わってきます。

家族や親しい友人などでは、そうでないつながりよりも
いっそう強い期待を無意識にかけていることは、しばしばあることです。

甘えと期待、そして依存…。

人間関係の難しさは、心の距離やその方の人間観とも
関連が深いようです。

親しい間柄では、お互いに期待をかけ合うことは自然かもしれませんが、
時にそれが裏切られたり、外れたりすると、
そのショックや落胆は、たいへん大きなものとなってしまうでしょう。

長い付き合いなのに、なぜわかってくれないのだろう…。
それくらい察してくれてもよいものを…。

落胆や失望から、それが次第に怒りや恨みなどとなって
心がかき乱されてしまうことがあるものです。

相手が、日頃、甘えを許容し、親密な関係であればあるほど、
許しがたい気分を抑えられません。

こうした時、期待をかけていたこと、それが受け入れられなかったことを
客観的にとらえて気付くことが出来るならば、
行き過ぎた期待を振り返って、相手との距離の取り方を微調整したり、
相手の予想外の一面を発見して配慮するようになったりして、
より良い新たなつながりを作り直すことが出来るかもしれません。

「行き過ぎた期待」と書きましたが、
どこまでが適量でどこからが過剰となるのかについては、
絶対的な基準があるわけではなく、
常に水面下で無意識に行われている加減、
お互い同士の暗黙のうちの調整によるものだということになります。

期待がどこまで通るのか、その答えをあらかじめ知ることは、
本当は不可能なのです。

相手のコンディションやその時の気分などにも左右されるでしょう。

そうであれば、期待が外れた時、その怒りを相手に向けてみても、
あるいはご自分に向けてみても、何も良いことは起こりません。

まずは、今、目の前で起こっているその現実を、
あるがままに受け入れるほかはないのです。

あるがままに受け入れ、頭で納得できた時、
治まらない感情の痛みを受け入れて、癒してあげましょう。

感情は、理屈では割り切れません。

心の痛みを嫌がらずに感じてみて、それを十分に感じるならば、
自然に流れ去っていくことがあります。

けれども、感情を感じずに、頭で割り切って、
無かったことにしたり、抑え込んだりしてしまうと、それはいつまでも残ります。

場合によっては思わぬ否定的な影響を及ぼすことさえあります。
身体的な不調を生む遠因となることもあります。

感情を疎ましく思わないで、上手に付き合っていきましょう。

嫌な感情は、それ自体が不快なのではありません。

その心地良くない感情は、不快な何かがあるということに
気付かせてくれているのです。

ヒプノセラピーで心を癒す あるがままで自分らしく自己実現 


タグ: , ,

コメントはこちら


※公開されません





ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー