神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

インナーチャイルド実習 ヒプノセラピープロ養成スクール

2014年04月05日

今日は、ヒプノセラピー・前世療法のスクールの
アドバンス・コースの実習がありました。

実習をなさる方は、お友だちにクライアントを頼み
仲良くご一緒にお越しになりました。

実習の際は、ご家族やご友人などに
クライアント役をお願いすることがよくあります。

さまざまなケースを拝見して感じるのは、
ご友人関係の在り方は、
少なからずセラピーにも影響を与えるようだということです。

あまりお話をする時間がなかったのですが、
今日のお二人の場合は、
長年に渡って良いお友だち同士であるとのこと。

言葉は少なくても、お互いのことを良く理解し合っておられるような
雰囲気が伝わってきました。

実は仲が良いということばかりではなく、
被暗示性が高いということも
初めての実習にとっては、大切なポイントとなります。

催眠に入りやすく、イメージを受け取っていただきやすいことは、
実習に臨むセラピストにとって心強く、
安心感をもたらしてくれるでしょう。

さて、今日の実習では、インナーチャイルドをしました。

シナリオどおりにいかない部分にも動じることなく、
淡々と進められているように見受けられました。

セッションを終えてから、じっくりと振り返りをします。

まずはその方から振り返りとご感想をお聴きし、
その後で私から気付いたことをお伝えします。

実習とは、初めて他者に対してヒプノセラピーをしてみる機会、
後から振り返れば、こうすればよかった、もっとこうしたかった…
ということが幾つもあるでしょう。

今日の実習では、言われて初めて気が付いた…ということではなく、
むしろ実習セッションをなさっている最中に、
既に気付いたりわかっていたりしていたのに、
ではどうしたらよいのか…ということについて、
良いアイデアが浮かばなかったことが多かったようです。

これこそ初心者の方が多かれ少なかれ感じられるもどかしさ、
私にも身に覚えがあることです。

細かい部分で、
言葉を言いながらも「ちょっと違うかも…」と感じていたり、
「本当はこうしたほうが…」と思いながらも、
とっさに言葉に出せなかったり…。

これらは、今は難しく感じられても、
経験値によって劇的に改善されるものだと思います。

練習セッションやケースを積むほどに、思うとおりに言葉をかけて、
したほうが良いと思うことは何でも楽々と行えるようになるでしょう。

向上心や意欲に満ち溢れた方ほど、
このようなもどかしさや悔しさが大きいかもしれません。

でも近い将来、理想のセッションに近付いていくことが
きっと出来るはずですので、あまり細部にこだわらずに、
楽しみながら続けていかれたらよいと思います。

どんな方でも、実習となれば緊張されるものですが、
終始、たいへん落ち着いて、声のトーンも揺るがず、
少しも上がっているようには見えない…
…ということに、いたく感心しました。

これもまた素晴らしい才能の一つです。

初めての実習、本当にお疲れさまでした。

ヒプノセラピーで心を癒す 潜在意識のイメージワーク


この記事にコメントする

 



ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー