神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

ヒプノセラピープロ養成スクール ベーシック最終回は‥

2014年01月15日

「ヒプノセラピープロ養成スクール」ベーシック・コースの最終回は、
ベーシック・コースの締めくくりにふさわしく
盛沢山の内容をお伝えしています。

全体のテーマは、ヒプノセラピーの個人セッションに
取り入れて役立つ各種テクニックです。

たとえば NLPと、NLP以外の複数の技法を楽しく学んでいきます。

NLPについては、ベーシック第二回目で、
カリブレーション、アクセシングキュー、リードシステム、
代表システムなどについて扱っていますが、
最終回 (通常第5回) では、さらに具体的な技法をマスターします。

イメージワーク、感情を解放するテクニック、ペインコントロールなど
通常、ヒプノセラピースクールで扱うことの少ないものも、
この機会にご紹介し、必要に応じて活用していただけるようになっています。

直接ヒプノセラピーに関係のない技法を扱うのは何故でしょうか?

理由は、2つあります。

まず個人セッションにお越しになるクライアントさんのお悩みや問題に対して、
より多角的に、入念にはたらきかけるためです。

ヒプノセラピーをご希望になるクライアントさんですから、
当然、ヒプノセラピーをメインとして癒しのサポートをするわけですが、
問題やお悩みによっては、
潜在意識からのはたらきかけだけではなく、
顕在意識の面からもアプローチすることが役立ち、
必要となる場合が少なくありません。

そのために事前カウンセリングやセラピー後のフィードバックの時間に、
催眠状態ではない通常の意識の状態で、心理療法ワークを行うことができます。

ヒプノセラピーにこうした技法を加えることで、
いっそう効果を高め、強化することができるでしょう。

2点目は、何らかの理由によって、
ヒプノセラピーのプロセスが滞るか、あるいは最後まで行えなくなった場合、
それらの代わりに問題やお悩みにはたらきかけるためのツールを持つためです。

ブロック・抵抗、催眠状態への違和感、アブリアクションなどは、
それほど頻繁に起こるものではありませんが、
それでも、問題やお悩みへの取り組みが不完全なまま、
セッションを終える事態は望ましくありません。

そこでこのような状況にいつでも対応できる癒しのツールを、
日頃から学び、準備しておくことは、
プロとして開業なさる方には心強く、実践で役立つことではないでしょうか?

ヒプノセラピーは、手段であって、目的ではありません。

目的とは、クライアントさんが望む変容、問題の解決、
状態の改善などを促す「癒しのサポート」をさせていただくことです。

スクールのベーシック・コース最終回では、こうした考えを元に、
個人セッションのクオリティを高め、
クライアントさんに満足していただける
選りすぐりのツールをお伝えしています。

他者の癒しのサポートにご興味のある方は、
左サイドメニューから、ぜひ一度、
ヒプノセラピープロ養成スクールのページをご覧ください。


この記事にコメントする

 



ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー