神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

心のすきまを埋めるために アートセラピー、レイキヒーリング、ヒプノセラピーでトラウマを癒す

2013年12月18日

こころが傷つくような体験をした時、
私たちは無意識のうちに心の傷を修復しようとします。

人間には自己治癒力が備わっていますので、
時間の経過とともに、少しずつ、少しずつ、
その傷は癒えてきます。

けれども、完治するまでの間、
傷口はひりひりと痛みます。

「傷などなかったことにする」というのは、
自分を守るために行うよくある方法です。

嫌なものや怖いものを見てしまった時、
「見なかったことにしよう」と目を閉じてしまうのと似ていますね。

傷の辛さを補って余りある何かを
引き換えに手に入れようとすることもよくあります。

職場でストレスを受けた時、
仕事帰りに、自分へのご褒美として、
何かおいしいものを食べたり、お酒を飲んだり、
ちょっと良いものを買ったりすることがあります。

評伝や伝記などをひも解くと、
たとえば、幼少期のトラウマをバネとして、
偉業を打ち立てるエピソードに出会います。

事業を起こしたり、オリンピックでメダルを獲得したり、
他者には真似のできないことを達成することがあります。

他人が持っていない特別なものや、
経済力、地位、名誉、財産、土地家屋などを所有すると、
心が満たされて、傷の痛みが紛れるということもあるでしょう。

こうしたことは、誰もが無意識にしているといってもよいことで、
間違いとかよくないということはありません。

けれども代償や埋め合わせによって、
一時的に、心が満たされたと感じていても、
元々あった傷の痛みが、
ある時、思いがけず浮上することがあります。

こうしたことに気付いたならば、
その方の中で、トラウマがあった事実を受け入れ、
その痛みがずっとあったことを認め、
向き合うためのチャンスと捉えることもできます。

過去のトラウマは、
それを体験した方以外の人には想像もつかないほどの
深刻なダメージを与えます。

無理に急いで癒そうとする必要はありません。

ゆっくりと、時間をかけて、
タイミングがきたと感じられたら
ヒプノセラピーを試してみるのもよいでしょう。

トラウマの記憶が生々しく残っているような場合には、
辛い過去には戻りたくない、
絶対に思い出したくないと思われるのは当然のことです。

ヒプノセラピーには、
退行する(過去に戻って再体験する)もののほかに
退行を行わない方法もあります。

また退行を用いることのない癒しの手法、
たとえばアートセラピーなどもお勧めすることができます。

アートセラピーは、言葉を使わずに、
形や色彩、素材のみを用いて、穏やかに心を癒すことができます。

レイキヒーリングも、無理なく、穏やかに作用していきます。

現在の状態に適した方法や、ご希望の手法を
ご一緒に見つけることができますので
まずはお気軽にご相談いただければと思います。


この記事にコメントする

 



ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー