神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

催眠に入らない…という問題 ヒプノセラピー

2013年12月14日

「これまでに、2回、ヒプノセラピーを受けたけれども、
2回とも入らなかった…
催眠に入りにくいタイプなのでしょうか?」

これは、ユニーク アイ メンタル サポート の
ホームページの「よくあるご質問 Q&A」

以前からご紹介しているものです。

これと似たお問い合わせをいただくことが、よくあります。

ヒプノセラピーそのものが、まだ普及しているとはいえない状況で、
「催眠状態」がどんなものであるか、よくわからないまま、
催眠に「入らない」「入りにくい」と悩んでいらっしゃる方は少なくありません。

まず催眠状態とは、
通常の意識と大きくかけ離れた特殊な状態ではないということを
知っていただきたいと思います。

私たちは、日常生活の中で、日に数回、
自然に催眠状態に入っています。

たとえば古いアルバムの写真を眺めているうちに、
いつしか懐かしい思い出に浸り、もの思いにふけっている時。

簡単に言ってしまうと、
周囲の物音は聞こえていて、意識ははっきりとしていますが、
意識が自分の心の内側に向いて集中している、それが催眠状態
です。

こうした状態は、誰にでもあることです。

誰でも自然に催眠状態に入っているのですから、
入れない人というのはほとんどいないと
考えてよいでしょう。

それにも関わらず、
ヒプノセラピーのセッションにおいて、催眠に入らないとすれば、
その理由として、次のようなものを挙げることができます。

その方の意識の奥深い部分で、セラピストの人となりや
セッションルームの雰囲気(明るさや暗さ、室温、周囲の物音)、
またはセラピストが行う催眠誘導の方法に対して、
かすかな違和感を覚えていた…。

事前カウンセリングの中で
この日、ヒプノセラピーで扱うことに決めたテーマそのもの、
あるいはテーマを決めるまでのやりとりに
違和感や抵抗感を覚えた…。

ほかにはその方が何もかも把握し、
コントロールしたいという強い欲求をお持ちの場合。

思考の活動が活発で、何でも分析してしまうタイプの場合。

ヒプノセラピーについて、
インターネットや知人の方のお話などから
入念な「予習」をされていて、
大きな期待、こうあるべきという強い信念をお持ちの場合。

では、より簡単にスムーズに催眠状態に入るには
どうしたらよいか、というと…

(次回に続きます…)


タグ: , ,

コメントはこちら


※公開されません





ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー