神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

ソウルリトリーバルのワークショップ

2013年04月29日

ワークショップとしては初の試みである
ソウルリトリーバル誘導瞑想をしました。

ソウルリトリーバルとは、多次元セラピーの技法の一つ。
失われたパート(部分)を取り戻すワークです。

人は、ふとした機会に、
自分の一部分を失ってしまうことがあります。

それはマインドの一部、あるいは魂の一部であり、
情熱や希望、意欲、優しさ、余裕、活力など、
失った要素は人によってさまざまです。

幼少期や胎児期、いわゆる過去世などで
起こった出来事や、出会った人物によって、
奪われ、失い、放棄してしまったものです。

通常の意識の状態では、
いつ、どこで、どのように失ったのか、
知ることはできません。

それどころか、何かを失ってしまったことにさえ
気付いていないことも多いのです。

いつもは個人セッションで行うソウルリトリーバルを、
今日は誘導瞑想のグループワークとして
体験していただきました。

リラクセーション、リフレッシュから
ソウルリトリーバルまで、およそ60分間、
宇宙的なイメージの中に旅立ち、
リラックスしてゆったりと過ごし、
思い思いに楽しんでいただけたようです。

お忙しくて、日頃は休養を取りにくいという方や
最近、よく眠れないという方から
誘導瞑想後、とてもすっきりとクリアな状態になれたと
ご感想をいただきました。

今、直面している問題に対する気付きを
たくさん受け取られたという方もありました。

瞑想状態は、マインドのはたらきを緩め、心身が寛いで、
それ自体に深い癒し効果があります。

今回のソウルリトリーバルは、
ご自分に本来あるべき要素を統合し、
全体性を取り戻すワークですので、
いっそう安らぎを感じられたのではないでしょうか?

ご参加くださった皆さま、
有り難うございました。

ご参加の皆さまからリクエストをいただきましたので、
次回、また異なるテーマで
誘導瞑想ワークショップを企画致します。

今日は、初対面の方もあり、ワークショップの後、
皆さまで近くの海岸へ出かけられました。

好天に恵まれた連休の一日、
交流を深め、楽しく過ごされますように。


この記事にコメントする

努力しても上手くいかない時、本当の気持ちに気付くと…

2013年04月27日

待ちに待った連休が始まり、
駅も街もにぎわっています。

新年度スタートからひと月、
ちょっと休養してリフレッシュし、
気合いを入れ直そうとなさっている方もあるかもしれません。

新しいことにチャレンジしようとする場合も、
これまでの流れや成果を振り返って
さらなる飛躍を目指す場合も
少しゆとりを持って過ごせるこの機会を
大切に活かしたいものです。

何かを達成しようとするとき、
情報収集して分析、検討を加え、
アイデアを形にしていくためのノウハウがあります。

各種セミナーやコーチングでは、
そうした方法を効率よく学ぶことができるでしょう。

問題は、その先です。

実践に向かっていこうとする時、
あるいは実践しつつある時、
努力を重ね、意志の力で頑張るわりに
効果が現れないことがありませんか?

方法が間違っていないことを確かめ、
努力が足りないためと考えて
遮二無二進もうと頑張ります。

頑張りすぎて疲れ切ってしまったり、
頑張る気力が出なかったり、
思うようにいかないことで、
モチベーションが上がらなかったりすることがあります。

このような時、
まずは自分を客観的に眺めることが役立つと思います。

一生懸命に集中しているところから少し離れて、
自分自身をまるで他人のように見てみます。

頑張っている自分にはわからなかった側面や
これまで視野に入っていなかった要素に
気付くきっかけとなってくれるかもしれません。

さらに、お勧めしたいのは、
心の奥底にある本当の気持ちに気付くことです。

計画の見直しや分析、思考、
頑張りや努力は、全て顕在意識のはたらきです。

それに対して意識全体の90パーセントを占める潜在意識は、
自覚できない領域
です。

潜在意識には、想像もしていないもう一つの感情や思考、
感覚、エネルギーが渦を巻いていることがよくあります。

それらは全て、その方の行動や成果に、
大きな影響を及ぼしています。

潜在意識の中には、
過去の全てのネガティブな体験、ポジティブな体験が蓄積され、
解決に向かわせる推進力となる叡智とリソースがあります。

本当の気持ちに気付くこと。
日常とは異なる視点に立つこと。

この二つはどちらもヒプノセラピーによって
実現することができるものです。

顕在意識、思考や分析を休め、
意識を自分の内側の深いところに向けている状態、
それが催眠状態
です。

催眠状態になると、潜在意識にアクセスして、
何が達成を阻んでいるのか?
どうしてやる気が起こらないのか?

本当の気持ち=本音に気付き、
異なる視点に立つことができるようになります。

あきらめてしまう前に、
上手くできない自分をジャッジしないで、
心の奥深いところに在る、
膨大なデータベースにアクセスしてみましょう。

コーチングや目標達成、自己実現セミナーから
さらに深いレベルで自己を探求して自己覚知をしたい時
ヒプノセラピー、多次元セラピー、退行療法は
大きな力となってくれるはずです。

ヒプノセラピーの個人セッション
潜在意識の活用セミナー、
自己覚知ワークショップ
ヒプノセラピーを学ぶスクール

にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村


この記事にコメントする

心の中に住みついている内なる親 インナーペアレント

2013年04月21日

子どもの頃を振り返ると、
嫌な記憶ばかり…ということはありませんか?

遊んでもらえなかった…
自由にさせてもらえなかった…
兄弟と比べられて嫌だった…

大人となった今、親の苦労がわかるようになると、
親としての気持ちも少しずつ理解できるように
なるかもしれません。

嫌なことばかりではなかった、
良くしてもらったこともたくさんあった…と
考えてみるかもしれません。

親には親なりの事情もあったのだろう、
忙しかったから仕方がない、
ストレスや疲労がたまって辛かったのだろう、
そう納得して、今さら面と向かって文句を言ったり、
怒りや不満を態度で表したりはしないかもしれません。

親との関係を癒そうとする時、
傷ついたインナーチャイルドを癒すことは、
もちろん役立ちます。

インナーチャイルドが癒されると、
自己受容、健全な自己愛、自尊心などが戻り、
現在のその方に変容が起こります

では親にまつわるさまざまな感情、
やりきれない気持ち、怒り、恨み、くやしさなどは
どうしたらよいのでしょうか?

これらも解放と癒しを待っているはずです。

しっかりと向かい合い、認め、
手放していく必要があります。

インナーペアレントのセッションでは、
親に対して本当は言いたかったけれど言えなかったことを言い、
依存や支配、コントロールからの解放を目指します。

現実の両親は、ひとりの人間として、
長所も短所もある存在です。

心に住みついているインナーペアレントは、
親そのものというよりは、
親という存在のうちの否定的なパート(部分)や
問題のある要素
と考えていただくとわかりやすいでしょう。

現実の親に対しては、
言う気持ちになれなかったり、言うことができなかったりしても、
イメージの中では勇気をもって親と向かい合い、抗議をしたり、
率直な気持ちや要求を伝えたりすることができます。

そして、どれほど辛い思いをしたのか、
苦しみを抱え、我慢し続けてきたかを
十分に感じて、手放していくことができます。

そのうえで、親と決別をします。

親子の縁を切るということではなく、
心の中から親の否定的な影響を取り払い、
二度と受けないようにするのです。

こうすることで大人同士、人間同士として
対等なよりよい関係を構築することが
できるようになっていきます。

親からの影響を脱した後は
自分で自分を再教育し、育て直してあげましょう。

大人となったその方は、
何が必要であり、何をして欲しくないのか、
不足していた要素や歪んでいた部分に気付くことができます。

現在の親に対して、それを要求しても、
今さらどうしようもないことです。

その怒りや不満、寂しさ、悲しみ、苦しみを解放し、
今度は自分で自分を、手厚く、心を込めて、
本当はこうして欲しかったように育て直していくことができます。

にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村


この記事にコメントする

 



ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー