神奈川 スカイプのヒプノセラピーユニークアイは、ヒプノセラピー(催眠療法)セッション、暗示療法、退行療法、ヒプノセラピストプロ養成スクール、潜在意識の活用・自己催眠セミナーで、心の癒しと解放、親子関係の問題、トラウマ・生き辛さの解消、望む未来の創造をサポートします

ヒプノセラピーで心を癒すヒプノセラピーユニークアイのロゴもっと自分らしく望む未来を創造するロゴ

苦悩と問題を抱えながら成長する ポジティブ心理学

2011年10月30日

昨日、都内にて
日本催眠学会の第27回学術大会が開催されました。

久しぶりにセッションルームから出て、
こうした集まりに参加すると、よい刺激を受け、
リフレッシュすることができます。

充電することは大切ですね。

この学会は、
医療関係の方、医師、歯科医師の方々が
中心となっている学会ですので、
研究発表はかなり専門的。

臨床催眠の現場にいる立場からは、
少々、抽象的で遠い感じもあるものの、
日頃接することの少ない領域の情報から、
ヒプノセラピーのセッションへの
ヒントを受け取る
こともあります。

今回のテーマは、
「震災ストレスをプラスに転化しよう!」

「催眠にできること、ポジティブ心理学から学ぶこと」
というサブタイトルが付けられていました。

このたびの未曽有の大震災と原発事故では、
皆さんご存じのように、
内外から多くの支援が寄せられ、
苦難を共有し、一体となって
ともに協力して頑張ろうという意識が広がりました。

一般に、災害には、
圧倒されるような否定的な感情が伴うものですが、
それは、ダメージを与え、
破壊的に作用するものだけではありません。

その中には、人間の成長に役立つものも
含まれているのです。

こうした「成長に貢献する否定的感情」について
ポジティブ心理学の立場から、
尾崎真奈美氏の基調講演がありました。

たとえば、多くの人々の死と服喪によって、
自分自身や他者存在と真摯に対峙することとなり、
それは命の尊さと感謝につながっていく
可能性があります。

生存者は罪責感に苛まれることがありますが、
それが原動力となって、
他者のためになる行動(愛他精神)を起こす
きっかけとなることもあるでしょう。

実存的なテーマから、
人間を超えた何か大きなものへの関心、スピリチュアリティに
目を向けていくようになるかもしれません。

人は、問題のない平穏な環境ばかりではなく
悲惨な状況にあって、痛みや苦しみを抱えながらも
成長を続けていくことができるという視点が
たいへん興味深く、新鮮に感じられました。

どんな物事にも、明るい面と暗い面があるものです。

苦悩の渦中におられる方々には、
成長など考えるゆとりはないかもしれません。

けれども、その時には理解できないとしても、
いつの日か、お悩みや問題から、
何か良いことや成長に役立つことを
受け取ることができるという希望は、
困難な状況に立ち向かう勇気と根気を
与えてくれるのではないでしょうか?


この記事にコメントする

 



ヒプノセラピー
ユニーク アイ
メンタル サポート

 icon

対面・スカイプ・電話セッション
TEL:080・5008・7108
メールアドレス:
uniquei アット hypnotherapy8.net


↑ PAGE TOP

メニュー